はじめに

がんばって働いているはずなのに、お金が増えないと悩んでいるあなたに読んでほしい、第七回「お金を増やす講座」です!

前回までは家計の大きな支出を減らしてきましたが、それによって生まれた自由なお金を投資に回し、お金に働いてもらいましょう!

この講座は起業家兼投資家で、リベラルアーツ大学・学長の両さん(@freelife_blog)とのインタビューを元に、ご本人監修で構成・執筆しています。

投資をしないと貧乏になる世の中

おかだ
がんばって働いても、ぜんぜんお金がたまっていく気がしません…どうしたらいいんでしょうか?

両@学長
根本的に「自分だけががんばって働けばお金が増える」という考えを、見直してみる必要がありそうですね!

 

第一回でも説明したとおり、大半の40代日本人の金融資産がマイナスとなっています。さらには、サラリーマン世帯が71世帯あつまって、やっと富裕層1世帯分の資産と肩を並べるという、格差の現実もあります。

格差がうまれる理由については、有名な経済学者であるトマ・ピケティ氏はある式を提唱しています。

ピケティの式
r(リターン)>g(グロース経済成長)

この式はパッと見ると、むずかしいですね。これは、わかりやすいように言いかえると「投資をしないとどんどん貧乏になる世の中」ということです。

つまりは、賃金が年々上がること(経済成長)よりも、投資からのリターンの方が大きくなっているということです。

さらに言うと、お金持ちは投資をしてよりお金持ちになり、貧乏な人は賃金が上がらず、より貧乏になるという世の中になっています。

おかだ
そんな〜!お金がない人は、その状態から抜け出すことはできないのでしょうか?

両@学長
すべては「考え方」「行動」次第です。まずは、「考え方」のポイントをおしえますね!
ポイント
◯投資をしないとどんどん貧乏になる世の中になっている

自分の「時間単価」を知る

自分の「時間単価」という考え方を意識していくことで、お金の増やし方が大きく変わります。時間単価は、生産性と言いかえることもできます。

極端な例ですが、肉体労働で想像してみてください。

気合をいれてがんばるぞ!となっても、せいぜい2人分なら働けるかもしれませんが、たとえば人より10倍のモノを運ぶとか、10倍人よりすばやく動く…というのは現実的ではないとおもいます。

体力にも限界がありますし、一人でやれることにも限界があります。さらには、年齢とともにパフォーマンスは落ちていきます。

もし40代・50代になっていくにしたがって4倍・5倍と働けるようになっていくなら、時間単価も上がっていきます。

しかし実際には人間のからだは、20代の時に比べると40代・50代の方がパフォーマンスは落ちます。

つまり、肉体労働で年々賃金が上がっていくというのは、本来自分の生産性からすると、理屈に反していることなのです。

両@学長
知識産業の場合は、仕事のやり方が賢くなったり、効率がよくなったりすることがあるので一概に当てはまらないところはあるんですけどね。

おかだ
こう考えると、20代・30代のうちから何か行動を起こさなきゃ…!って思っちゃいます…!
ポイント
◯自分の時間単価をしっかり知る
◯人間ひとりのパフォーマンスには限界があるうえ、年々落ちていく

自分の時間単価を勘違いした行動をみなおす

「自分の時間単価を高める」というのはすごく大事な考え方です。

たとえば、主婦の方が毎朝チラシをみて、「卵が20円安くなる」といって隣のスーパーまで自転車をこいで買いに行くとします。

支出を減らそうとしているので、正しい行動のように思いますが、お金の損得でいうと間違っています。

理由はシンプルで、自分の時間はタダではないからです。

スーパーにむかうために自転車をこいでいる間、「時間」と「体力」を消費しています。もしたまごを20円安く買うためだけに、往復で30分かけてしまったら、「あなたが働いたときの時給は40円以下ですか?」となってしまいます。

たまごを隣町のスーパーに買いに行く時間があれば、月1回・1時間でもいいので、近所でアルバイトでもしたほうが「時間単価」として見たら高いです。

おかだ
時間単価の重要性も理解できましたし、自分ひとりでは限界があることもわかりました。でも、どうすればいいかがわかりません!

両@学長
ここまでは「考え方」でしたが、つぎは「行動」ですね。具体的にどうすべきかというと、「投資」をしましょう。
ポイント
◯自分の時間はタダではない
◯時間単価をもとに物事を考えれば、お金を増やすのにただしい行動がみえてくる

自分だけでなくお金にも働いてもらう

両@学長
時間単価をあげるには、自分ひとりががんばっても限界があるうえに、年々パフォーマンスは落ちていきます。この問題の一部は、投資をすることで解決します。

第一回でもすこし触れましたが、自分だけでなくお金にも働いてもらうことが大事です。自分が働くだけじゃ限界があるので、お金にも働いてもらうということです。

お金に働いてもらうこと=お金のなる木をもつこと

そして、お金のなる木をもつには、まずは「投資」を知ることです。

おかだ
投資をしたらどうなるのか、いくつか例でみてみましょう!

①毎月5万円を30年間貯金した場合

投資をせずに、毎月5万円をずーっと貯金をした場合はどうなるでしょうか?30年後を見てみましょう

(5万 × 12ヶ月) ×30年 = 単純計算で1800万円がたまりましたね。

おかだ
30年後か〜。わたしが55歳のときに1800万円の貯金で、大丈夫かなぁ…?

②毎月5万円を30年間つみたて投資をした場合

次は、毎月つみたて投資をした場合です。毎月5万円という条件と、30年という条件は①と同じです。貯金をした場合は1800万たまりましたが、こちらはどうでしょう…?

年利6%(年間で6%の利息がつく)で計算した結果をみてみましょう。

拡大↓

あなたが毎月払ってつみたてた金額(元本)は「毎月5万円を30年」なので、トータル1800万です。しかし、つみたて投資をしたことで最終的に約5000万まで増えたことになります。

おかだ
すすす、すごすぎます…!3200万円の利息…!こんなに増えるもんなのですか!?

両@学長
年利6%は現実的な数字なので、途中でやめないで30年つづけたらこうなる可能性が高いです。これには「複利」のチカラがはたらいています。

アインシュタインも認めた複利のチカラ

さきほど、30年つみたてたら効果的にお金が増やせるお話をしましたが、これは複利の効果なんです。

複利とは、自分が用意したお金(元本)から出た利益を、元本の中にくみこんで計算する計算法のことです。

たとえば、50000円を投資にまわしたら、1年で6%の利息がでたとします。50000円の6%は300円なので、この300円が利息です。

複利なら次の2年目は、この1年目の利息300円を、50000円とあわせた合計50300円から利息が計算されます。

おかだ
元本だけに利息がつく「単利」と、元本からうまれた利息も含めた金額に利息がつく「複利」があるんだよね!

両@学長
複利はつみたて期間が長ければ長いほど効果を発揮します!あのアインシュタインも「数学における最も偉大な発見は複利」と言ってるんだよ。
ポイント
◯複利で長くつみたてることで、大きな利息を得ることができる
◯同じ金額を毎月つみたてるとしても、貯金と投資では結果がまったく違ってくる

なぜ投資をしない人が多いのか

おかだ
ここまで聞いて、もう投資をしたくてしょうがないです!!はやくおしえてください!!

両@学長
つみたて期間が長いほど複利は効果を発揮するので、いそぎたい気持ちはわかります。しかしここは冷静になりましょう。

すぐ行動にうつす精神は、何においても大切なことですが投資には「だまされる」「詐欺」などの悪意のあるリスクもあるので、冷静に知識をつける必要があります。

ここで、そもそもなぜ投資をしない人が圧倒的に多いのかを考える必要があります。日本人で投資をしている人はまだまだまだ少ないのが現状です。

すでに投資をしてる人もいると思いますが、まちがった投資をしている人も多くいます。

それでは、みなさんが投資をしない理由としてよく聞く理由をピックアップしました。ひとつずつ見ていきましょう。

  • 「貯金は裏切らない」
  • 「どこに投資したらいいかわからない」

おかだ
しっかり知識をつけることも、自分の時間をつかって行う自己投資!りっぱな投資ですね!

「貯金は裏切らない・貯金は減らないからいい」

「貯金は減らない」という考え方は、間違いです。インフレリスクによって実は減っています。

たとえば、昔よりモノの値段はあがっています。むかしは190円ぐらいで買えた雑誌「週刊少年ジャンプ」も今は255円に値上がりしています。

日本のインフレ率と今後5年の予測:世界経済のネタ帳様

このように、物の値段が上がることをインフレと言います。

上のグラフでは、日本は毎年1%以上、物価があがっていく見通しですが、現段階で日銀総裁の黒田氏はインフレ率2%をめざしています。

物の値段が上がっているということは、逆にいうとお金の価値が下がっているということになります。

そして、お金の価値が下がっているということは、ずーっと銀行に入っていた貯金は減っていっているという考え方になります。

おかだ
なるほど〜、貯金は入っている金額自体はへらないけれど、まわりのモノが値上がりしていくなら、相対的に貯金は減っていってるのとおなじだね!

両@学長
今この瞬間の物価が永遠につづくことはないです。お金は持っていても、減っていくだけなんです。
ポイント
◯貯金は減らないという考えは間違い
◯インフレにより物価が上がり、相対的にお金の価値はさがっている

「どこに投資したらいいかわからない」

おかだ
あ!わたしもこれは思います。どうしていいかわからないから、なあなあにしちゃう…

両@学長
人はわからないものに恐怖を感じる生き物です。この講座で、ただしい知識をつければ大丈夫ですよ。

 

さっそくですが、ぼったくりの可能性が高い投資リストをみていただきます。

  • 「銀行で売ってる投資信託」
  • 「ワンルームマンション投資」
  • 「相続税の対策にアパート建設」
  • 「保険を使った投資」
  • 「雑誌でおすすめしている多くの投資」

よくテレビでCMをやっていたり、営業さんに勧められたりする投資の商品です。

ここで、大切なことをおつたえします。それは「素人が出会う投資商品の99%はぼったくり」ということです。

そもそもいい商品は売る必要がないので初心者の耳には入ってきません。いい商品があったとしてもすでに世界のお金持ちが握っています。

すでに潤っているお金持ちが、赤の他人の投資初心者に良い商品を譲るわけがありません。

おかだ
たしかに…絶対もうかる投資商品があったら、そもそも売らずに自分でやりますもんね…

両@学長
営業さんの人件費テレビCM、雑誌の広告枠にはお金がかかっています。これを稼ぐためには、「素人からぼったくる」のが一番ですからね!
ポイント
◯素人が出会う投資商品の99%はぼったくり
◯お金持ちが投資初心者に良い商品をゆずるわけがない

まとめ:わたしたちはどうすればいいの?

おかだ
せっかく投資をはじめようと思ったのに、ぼったくられるなんて嫌です!でもわたしは素人です。どうしたらいいんでしょうか?

両@学長
スポーツで例えるなら…ルールも知らないのにいきなり試合に出場したら、ボロボロに負けるに決まってますよね?まずは「投資のルール」を知りましょう。

 

第7回では、投資をこれからはじめるうえで、大切な考え方の基本を知っていただきました。

次回では「投資の基本」「投資の種類」「投資用語」についてわかりやすく解説していきます。

これらの「投資のルール」をしっかりまなぶことで、はじめて試合でまともに戦えます。ここをすっぽかすと、ぼったくられて終わりです。

はやる気持ちをおさえて、しっかり勉強(自己投資)していきましょう!

おかだ
よーし、次回も必ずチェックしなきゃ!
考え方ポイント
◯投資をしないとどんどん貧乏になる世の中になっている
時間単価のポイント
◯自分の時間単価をしっかり知る
◯人間ひとりのパフォーマンスには限界があるうえ、年々落ちていく
◯自分の時間はタダではない
◯時間単価をもとに物事を考えれば、お金を増やすのにただしい行動がみえてくる
お金に働いてもらう
◯自分だけでなくお金にも働いてもらう
◯複利で長くつみたてることで、大きな利息を得ることができる
◯同じ金額を毎月つみたてるとしても、貯金と投資では結果がまったく違ってくる
初心者のつまずきポイント
◯貯金は減らないという考えは間違い
◯インフレにより物価が上がり、相対的にお金の価値はさがっている
◯素人が出会う投資商品の99%はぼったくり
◯お金持ちが投資初心者に良い商品をゆずるわけがない

両@学長
リベラルアーツ大学の記事を読むことも、りっぱな自己投資です!ぜひほかの記事もチェックしてみてください。

おすすめの関連動画

他にも学長が投資に関する動画を色々公開しています♪

おすすめの記事