【貯める力上級編】住宅・車・税金を見直して家計を大幅改善しよう!

※本サイトで紹介している商品・サービス等の外部リンクには、アフィリエイト広告が含まれる場合があります。

こんにちは、こぱんです!

1つ前の記事では、貯める力を伸ばす基礎として、身近で取り組みやすい固定費である「通信費・光熱費・保険」の見直し方法を解説しました。

まだ読んでない方は、「【貯める力の基本】通信費・光熱費・保険の見直し方法を解説!」を参考にしてください。

今回の記事では、人生の6大固定費における残り3つの「住宅・車・税金」の見直し方法を紹介します。

人生の6大固定費
通信費:格安SIMへの変更や、固定回線を見直す。

光熱費:電力・ガス会社の乗り換える。

保険:契約している保険を見直す。

住宅:マイホームや賃貸にかかる費用を見直す。

車:必要性の検討と、リセールバリューを意識した購入。

税金:社会保険料と税金を安くする。

経済的自由とは生活費(支出)< 資産所得の状態です。

上記のような固定費の見直しで、経済的自由を達成するためのハードルそのものを下げられます。

今回解説する「住宅・車・税金」は金額も大きいケースもあり、見直しするハードルが高いと感じやすいですが、一つずつ確認していけば大丈夫です。

こぱん
固定費削減ができれば大幅な家計の改善になるので、一緒に見直す方法を確認していきましょう^^
スポンサーリンク

住宅(マイホーム・賃貸)に関する固定費を見直そう

住宅に関連した固定費を見直す際のポイントは6つあります。

住宅の見直し
  • ①マイホームの価値と住宅ローン
  • ②火災保険
  • ③引っ越し費用
  • ④賃貸物件をお得に借りる方法
  • ⑤賃貸物件の修繕法
  • ⑥退去費用

①マイホームの価値と住宅ローンについて考えよう

マイホームの価値を確認しよう

あひるくん
住宅ローンの支払いが終われば、マイホームは資産として残るんだからお得なんじゃない?

こぱん
あひるくん、マイホームは必ずしも資産になるとは限らないんだよ。

お金という視点から見ると、例えば新築のマイホームの場合、販売価格には販売員の人件費やチラシなどの広告費が上乗せされています。

そのため、新築というブランドを失った瞬間(購入したタイミング)に、資産価値が1~3割ほど落ちてしまうことも珍しくないのです。

▼図解:マイホームのリスクとリターン

 

資産になるという理由で、新築マイホームの購入を検討しているなら、一度マイホームの価値を考えてみましょう。

もちろん、マイホームが人生を豊かにするといった価値観を否定しているワケではありません。

マイホームの購入は大きな支出であり、人生に与えるインパクトが大きいからこそ購入する前に知っておいてほしいことがあるのです。

以下の記事では、マイホームを検討する際の4つの必須知識や中古マイホームを安く購入する方法を解説しているので、ぜひ参考にしてください。

 

住宅ローンを組む前に知っておくべき知識と見直し方法

これからマイホームを購入する、もしくはすでに住宅ローンを組んでいる人の中には、ローン返済への不安や悩みを感じている人もいます。

住宅ローンの不安や悩み
  • 適切な借入金額はいくらなんだろう?
  • 固定金利と変動金利ってどっちが良いの?
  • 住宅ローンの繰り上げ返済ってアリ?

あひるくん
住宅ローンって多くのお金が動くのに、詳しく調べたことなかったな…。

住宅ローンに関しては、以下の記事でよくある質問や繰り上げ返済に対するリベ大の見解を解説しています。

 

②適切な金額・補償の火災保険に見直そう

火災保険はマイホームの購入時や賃貸契約の際に加入しますが、仲介業者や住宅会社などが指定する保険を選んでいる人も多いのではないでしょうか。

あひるくん
僕も業者が指定した火災保険に入ってるけど、ダメなの?

こぱん
火災保険自体は必要なんだけど、業者がすすめる保険は補償が薄かったり、割高だったりする可能性があるんだよ^^;

火災保険は安いものであれば年間3,000円前後、補償を充実させても年間8,000円前後で済みます。

もし今まで火災保険を見直したことがないのであれば、以下の記事を参考に見直してみましょう。

 

③引っ越し費用を安くする方法

引っ越しを有名な大手業者に任せる場合、数十万円の見積もりを出されることは少なくありません。

▼図解:引越し費用を安くする方法

 

引っ越し費用を安くするためには、4つのコツがあります。

引っ越し費用を安くする4つのコツ

大手の引っ越し業者を使わない

相見積もりをとる

一番安くなる時期や時間帯を希望する

自分ができる範囲の作業や準備は行う

ちなみに、絶対に大手の引っ越し業者にお願いしたい!という場合でも、相見積もりは必須です。

以下の記事では、お得な引っ越し方法や引っ越し費用を安くするポイントを詳しく解説しているので、参考にしてください。

 

④賃貸物件をお得に借りる方法

賃貸物件の契約は、不動産仲介業者や管理会社が様々な手数料を請求してくる可能性があり、ぼったくられやすいので注意が必要です。

▼図解:賃貸契約のぼったくり

 

賃貸契約のぼったくりポイント
  • 割高な火災保険
  • 害虫駆除や室内消毒の費用
  • 法令を無視した仲介手数料
  • 鍵交換代やハウスクリーニング費用
  • 業者が勝手に請求する礼金

あひるくん
こんなに気をつけなきゃいけないポイントがあるんだ!

ぼったくり業者を避けるためには、相見積もりをとることが大切です。

以下の記事で賃貸物件をお得に借りる方法や適切な交渉について解説しています。

これから賃貸物件を借りようと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

 

また、すでに住んでいる部屋の家賃も下げられる可能性があります。

日本の住宅は、基本的に建物が古くなるにつれて家賃も下がっていくものです。

そのため、数年前に入居した人とこれから入居する人で家賃が違うケースも大いにあります。

もし住んでいる部屋の家賃と相場に差があれば、交渉によって下げられる可能性があるでしょう。

こぱん
記事で家賃交渉の方法を解説しているので、参考にしてください^^

 

▼図解:賃貸物件の家賃を下げる方法

⑤賃貸物件を無料で修繕する方法

賃貸物件の部屋に損害を与えてしまった場合、火災保険が使えるのをご存じでしょうか。

あひるくん
火災保険だから火災のトラブルにしか補償はないと思っていたよ!

こぱん
火災保険じゃなくて「家災保険」って覚えておくと良いよ^^

もちろん全ての損害に対して補償を受けられるワケではありませんが、火災保険の補償範囲は非常に広いです。

おすすめ火災保険の記事で、火災保険を活用した物件の修繕について解説しているので、参考にしてください。

⑥退去費用を安くする方法

賃貸物件は退去時もぼったくられる可能性があるので注意しましょう。

▼図解:賃貸の退去費用を下げる方法

 

悪意のある管理会社や立合い業者に当たってしまうと、本来払う義務のない退去費用を上乗せされてしまうことがあります。

しかし、どの費用に支払い義務があるのか判断できない人も多いはずです。

こぱん
もし退去時に無駄なお金を払いたくなければ「原状回復義務」を理解しておくのをおすすめします^^

原状回復義務とは、普通に生活して発生した傷や汚れ以外で、物件に与えてしまったダメージを復旧させることです。

つまり、借りた当時の状態に戻すことではありません。

原状回復の詳細は、国土交通省のホームページで公開されている「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」で確認できます。

以下の記事では、賃貸物件の退去費用を安くする方法を具体的に解説しているので、ぜひ参考にしてください。

 

車の必要性を見直してリセールバリューを意識した選び方を学ぼう

車に関する固定費を見直すために、2つのポイントを確認しましょう。

車の見直し
  1. 車の必要性を確認する
  2. リセールバリューを意識した車の選び方を知る

車の必要性を確認しよう

車は住んでいる地域によっては欠かせないものです。

しかし、車にかかる費用を数字として知っておくことは大切です。

▼図解:車の必要性を見直そう

 

車にかかる費用(一例)

車を20歳~70歳の50年間保有した場合

  • 車体代金:1,750万円(7年に1回程度買い替え)
  • ガソリン代:520万円(平均約8,600円/月)
  • 保険代:490万円(平均約8,100円/月)
  • 駐車代金:720万円(平均12,000円/月)
  • 自動車税や自動車重量税:470万円(平均約7,800円/月)
  • その他消耗品費:50万円

合計:約4,000万円

あひるくん
4,000万円もかかってるんだ!

こぱん
あくまでも一例だけど、毎月約6.6万円のお金を車に使っている計算だね。

車の必要性は住んでいる地域や家族構成、仕事などの要因によって異なります。

しかし、固定費の削減という観点だけで見れば、車を持たない選択肢も検討すべきです。

リセールバリューを考慮した車の選び方を知ろう

車の必要性を考えたうえで購入するのであれば、リセールバリューを意識した車の選び方を知っておきましょう。

▼図解:リセールの良い車を買おう

 

リセールバリューとは購入した物を再度販売するときの価格のことです。

リセールバリューの高い車とは、中古でも欲しい人が多い車とも言い換えられます。

ちなみに、大衆車は数年で価格が半額程度になることが多く、リセールバリューの高い車は少ないです。

リセールバリューの低い車をローンや借金で購入しているなら、お金持ちへの道は遠ざかってしまうでしょう。

こぱん
だから「価格が落ちにくい中古車を選ぶ」のも、リセールバリューを意識した買い方の1つと言えます^^