転職すべきタイミング!?会社に○○がなくなった時

こんにちは、こぱんです!

仕事をする中で、「転職しようかな…」と思ったことのある人は多いと思います。

 

しかし、会社に対して不満は数あれど、

  • 新卒からずっと働いてきたし…
  • まだ1年しか働いていないし…
  • 新しい環境でやっていけるか不安だし…

とまだ辞めるには早い、努力不足かもと迷う人もいるのではないでしょうか?

 

もちろん、仕事を変えるのは簡単ではないので、悩むのも当然です。

ですが、転職に迷っている人には"転職すべきかを見極めるタイミング"があります。

それは「会社や職場に、これっぽっちも期待が持てなくなったとき」です。

あひるくん
なんとなくは分かるけど、会社を辞めるほどの理由かな…?

こぱん
これにはちゃんとした理由があるよ。もう少し具体的に解説していくね!
スポンサーリンク

解説動画:【本音】経営者が社員に「転職したら?」と思うのはどんなとき?

このブログの内容は下記の動画でも解説しています!

転職すべきは「会社への期待がなくなった」とき

転職を考えるべきタイミングは、

「会社や職場に、これっぽっちも期待が持てなくなったとき」

です。

 

「相手に何の期待も持てない」と感じるのは、お互いの価値観がズレてしまっている証拠

価値観が合わない場所でどれだけ頑張っても、結局はお互いのためにはなりません。

両学長
これは、1000人近い従業員を雇用してきた経験からも断言できるで。

「人を雇う側の目線」で考えてみるとどうでしょう。

従業員の能力や労働条件は、変えていくことができるはずです。

  • 技術や能力は育てて伸ばすことができる
  • 労働条件は周りの声を聞いて改善できる

 

でも、価値観の違いばかりはどうしようもありませんよね。

あひるくん
確かに友達や恋人関係でも、価値観が違う相手とはずっと一緒にいられないよね。

こぱん
そう、雇用関係もそれと同じなんだ。

 

つまり、会社側としても

社員と「根本的に価値観が違う」と分かったとき、

「この人は他社へ転職した方が良いのでは?」と感じている

のです。

 

会社への期待が持てないと感じたら、お互いが大切にしている価値観にズレがないか考えてみましょう。

こぱん
人の価値観を変えるのは難しいこと。働く上でそのズレは致命傷になります。

永遠の愛を誓い合った夫婦も、価値観の相違が生まれれば別れてしまう…

強い結束を誓い合ったバンドメンバーも、音楽性の違いが生まれれば解散してしまう…

価値観とは、分かり合えないときは、絶対に分かり合えないものなのです。

あひるくん
自分の信念を曲げない同士が戦う、宗教戦争みたいだね…。

価値観が違う相手から離れる勇気を持とう

価値観が違えば期待通りになることはない

 

人は日々、いろいろな期待をしながら生きています。

  • 残業して帰っても、妻がご飯を食べずに待っていてくれるという期待
  • 誕生日に、彼氏がブランドバッグをプレゼントしてくれるかもという期待
  • 今年は仕事を頑張ったから、会社は自分にS評価をくれるかもという期待 etc...

しかし、相手と価値観が合っていないなら、期待通りになることはありません。

 

例えば、とある会社の部長がこう言ったとします。

こぱん部長
まずは、チームとしての売上ノルマを達成しよう!

しかし、あひるくんはこんな風に思っています。

あひるくん
仕事のできない同僚のフォローなんてやってられない!

あひるくん
チームのノルマより自分の成績が第一!

これでは何をしても、お互いに期待外れの結果になってしまいます。

 

双方の価値観がズレている状態
  • 会社の期待(チームとして成果を出すこと)に応えないあなた
  • あなたの期待(個人成績の評価)に応えない会社

こぱん
お互い「求めることが返ってこない!」と不満だけが溜まっていくばかりですね。

価値観の相違がお互いの体力を奪っていく

(もう、この会社では何をやっても意味がない…。)

と感じているならば、それは期待外れが繰り返されたせいです。

 

その根本的な原因は、会社との価値観が合っていないことにあります。

  • 努力したけど、実らなかった
  • 期待したけど、叶わなかった

こんなことが続けば、期待すること自体に疲れてしまうのも当然です。

 

さらに、必死に頑張っても思い通りにならないことが続くと、

「何をやっても無駄だ」と、頑張ること自体をやめてしまう心理状態に陥ってしまいます。

そのような状態を、「学習性無力感」と言います。

こぱん
これはアメリカの心理学者セリグマンが発表した概念で、うつ病を引き起こすこともあると言われています。

▼「サーカスの子象」を例にした話が一時期話題にもなりました。

 

さらに、価値観の相違は「お互いの期待を叶えようとしない状態」を生んでしまいます。

  • 今の仕事すらできないんだから、どうせ他の仕事もできない
  • 今の会社でダメなんだから、どうせ他の会社に行ってもダメだ

あひるくん
どんどん思考がネガティブに広がってしまうね…!

長期にわたり「期待が叶わない状態」続くと、お互いの体力も思考力も奪っていきます。

こぱん
この状態は、非常に危険だということを認識しておきましょう。
関連動画:「第160回 【年功序列が崩壊中の日本】大損するのは30代!?対策ナシでは怖い時代【お金の勉強 初級編】

会社に何の期待も持てないなら転職を考えるタイミング

もし今、勤めている会社にまったく期待が持てなくなっているなら

実質的に、会社との関係は終わっていると思った方が良いでしょう。

こぱん
ある日突然「冷めきった恋」を自覚する瞬間ってありませんか?

あひるくん
別々の道を選ぶのが、お互いのためなのかもね…。

この状態に陥るのは、相手と価値観が違いすぎる証拠です。

会社や職場に何の期待も持てていなければ、今が転職を考えるタイミングです。

 

自分の価値観を理解してくれたり、価値観の近い人といる方が何十倍も楽しいはずです。

あなたは今、さまざまなことを分かち合い、協力できる仲間やチームにいますか?

こぱん
今一度、自分の心に問いかけてみてください^^
関連動画:「第45回 【働き方改革】変われない会社で働き続けるってどうなの?【稼ぐ 実践編】

転職を迷うなら「会社に期待できるか」どうか考えよう

 

ここまで読んでみてもまだ転職に迷うなら、会社に対する不満を書き出してみてください。

  • 無駄な社内ルール
  • 実力を無視した年功序列
  • 安い給料
  • 少ない休暇 etc...

これらのポイントが、今後どうなっていくかを考えてみましょう。

 

○まだ会社に期待できる
  • 自分が率先して動けば、社内ルールが変わっていく
  • 実力を評価する仕組みを導入できそう
  • 成果を出せば、給料も上げてくれる
  • 休みにくいのは一時的で、変わっていく見込みがある

こぱん
こんな風に思えるなら、まだ未来があるかもしれません^^
×もう会社に期待できない
  • 10年後も20年後も、きっと社内ルールは変わらない
  • どうせ実力なんか評価されない
  • いくら働いても給料は変わらない
  • 定年まで休みなしで働き続けなきゃいけない

こぱん
これでは、その会社との関係は終わっているかもしれません…。

繰り返しますが、価値観の合わない会社で頑張っても

  • 会社も
  • 同僚も
  • あなた自身も

みんながみんな、お互いの期待に応えようとしないので、結局幸せにはなれません。

 

また、アンケート調査によれば、

【会社の将来に期待できている人はたったの51%】という結果が出ています。

会社への期待アンケート調査

(マイナビニュース「"会社の将来に期待"は半数 - 鍵は●●への共感」より)

 

半数近くのビジネスパーソンが、会社への期待を失ってしまっています。

こぱん
ちなみに、日本人は世界で一番自分の会社を憎んでいるそうです…!

あひるくん
もっと気軽に、気の合う会社を探し続けても良いのにね。

既に、もう何の期待も持てないところまできているなら、我慢しなくても大丈夫です。

転職しても「逃げた」ということにはなりません。

 

自分にとって、よりよい環境を探すのは全く悪いことでないですよね^^

自分と価値観の合う職場を見つけ、「期待が持てる・期待が叶う」働き方を探しましょう!

 

関連動画:「第14回 お金を稼げる仕事 VS やりたい仕事どちらを優先するか?【目的による】【稼ぐ 実践編】

まとめ:我慢せずに自分の価値観を大切にしよう

自分の価値観を明確にしよう

転職に迷ったらまずは、あなたが生きる上で求めている価値観をしっかりと定めましょう。

すぐに転職先を探し始めても、価値観がブレていれば自分にぴったりの会社を決められません。

 

  • 自分はどんなことがしたいのか
  • 何に期待して仕事をしているのか

一度立ち止まって、自分の価値観と向き合ってみてください^^

こぱん
人生の価値観マップを作ると、「自分がどう生きたいか」が可視化できるのでおすすめです!

 

▼価値観マップの詳しい作り方は下記の記事でも紹介しています!

 

価値観の合う会社を見つけよう

今が転職すべきタイミングかどうかは、「この先も会社に期待できるかどうか」です。

期待ができないなら、会社との価値観がズレてしまっています。

 

転職すべきかの判断基準
  • これから良くなる期待を持てるなら、頑張ってみてもいい
  • もはや何一つ期待できないなら、転職してしまった方がいい

 

価値観の合わない場所で長く働いても、誰のためにもなりません。

叶わない期待をし続けて、心身ともに疲弊してしまうのはもったいないです。

 

転職で迷っている人は、価値観を見つめ直しながら、ゆっくり考えてみてください^^

 

【リベ大おすすめ】転職サービス一覧

◆ハイクラス案件(年収アップ)に圧倒的な強みがあるエージェント

JACリクルートメント

  • 年収アップがメインの目的なら、ここを使わない理由なし!
  • 年収600万円~のハイクラス案件で独占求人が多い!
  • 今は転職するつもりがなくても、キャリア相談のみもOK!

 

◆20代・大企業への転職に強い大手優良エージェント

マイナビエージェント

  • 非公開・独占の優良求人が多い!
  • 各業界に精通した専門チーム・キャリアアドバイザーがいる
  • 首都圏・関西圏在住の20代~30代に圧倒的な強み

 

◆自分に合った条件の会社をじっくり探せるエージェント

DODA

  • 自分の経歴や強みを生かしたアドバイスがもらえる
  • 「何となく転職を考えている」状態でもさまざまな選択肢を提案
  • 応募書類の提出や面接日の調整までしっかりサポート

 

自分と価値観の合う場所を会社を見つけて、あなたの力を最大限発揮しましょう!

こぱん
そのほうが、自分にとっても会社にとってもハッピーな選択になりますよ!

以上、こぱんでした!

 

▼会社ではなく上司に悩んでいる人はこちらもチェック!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事