【おすすめは?】4つの引っ越し方法と費用を安くする4つのポイントを解説!

こんにちは、こぱんです!

リベ大では、正しい節約と節税で支出のバランスをコントロールする「貯める力」に関する情報を発信しています。

▼図解:貯める力

 

そんな中、引っ越し費用に関する質問も多く寄せられます。

引っ越し費用に関する質問

「引っ越し費用を安く済ませる方法はないでしょうか?」

「引っ越し費用もぼったくりが多いのでしょうか?」

あひるくん
引っ越し費用なんて…どこも変わらないんじゃないの?

こぱん
実は、業者によって大きく差が出る業界なんだよ^^

引っ越し費用は、知識があればかなり費用を下げられる可能性があります。

「20万円から8万円になった!」といった、当初の値段から半額以下になったような事例も多数あるのです。

また、そもそも引っ越しの専門業者以外に頼む方法もあるので、選択肢として知っておきましょう。

そこで今回は、引っ越しに関して必要な知識を解説します。

今回の記事で分かること
  1. 4つの引っ越し方法の「メリット・デメリット」
  2. 引っ越し費用を安くする4つのポイント

今回の記事を読めば、引っ越しの際の選択肢が広がります。

そして、自分にあった方法で、なるべく費用をおさえて引っ越せるでしょう。

こぱん
ぜひ、最後までご覧ください^^

なお、今回の記事の元になった動画はこちらです。

引越し費用を安くする方法

スポンサーリンク

4つの引っ越し方法の「メリット・デメリット」

早速、4つの引っ越し方法とメリット・デメリットを紹介します。

それぞれどんな人におすすめなのかも解説しますので、参考にしてください。

4つの引っ越しの方法
  • ①引っ越し専門業者に依頼する
  • ②運送業者に依頼する
  • ③便利屋さんのような専門外の業者に依頼する
  • ④個人で行う

方法①:引っ越し専門業者に依頼する

引っ越しトラック

1つ目は、引っ越し専門業者に依頼することです。

引っ越しと聞いてまず思い浮かぶのは、専門業者への依頼でしょう。

メリットとデメリットは、以下の通りです。

引っ越し専門業者のメリットとデメリット

荷造りや荷解き、家具の設置も頼めるため、自分の時間を節約できる。

業者によっては、手厚い各種補償などがつく。

料金が高い。

業者がほとんどの作業をやってくれる上に、業者によっては荷物の補償もあります。

しかしその分、料金は高くなりがちです。

引っ越し専門業者をおすすめできるのは、以下のような条件で引っ越しをする人でしょう。

引越し専門業者をおすすめできる人
  • 長距離の引っ越しをする人
  • 荷物が多い人
  • 高価なものを配送する人

こぱん
一番メジャーな方法かもしれませんが、料金は高くなりがちです^^;

方法②:運送業者に依頼する

2つ目は、運送業者に依頼することです。

日本郵便やクロネコヤマトなど、荷物の運送を手掛ける業者に依頼し、配送を任せます。

メリットとデメリットは、以下の通りです。

運送業者業者のメリットとデメリット

引っ越し専門業社に比べて、料金を安く抑えられる。

荷造り・荷解きなどは、自分で行う必要がある。

荷物の補償がない場合も多いので、確認が必要。

引っ越し専門業者よりも料金は安いことが多いですが、あくまで運送をする業者なので、割り切らなければならない場面もあるでしょう。

運送業者をおすすめできるのは、以下のような条件で引っ越しをする人でしょう。

おすすめできる人
  • 引っ越しの荷物が少ない人
  • 運送中や搬入中の破損リスクが低い荷物のみを送りたい人

方法③:便利屋さんのような専門外の業者に依頼する

引っ越し準備

3つ目は、近年増えている町の便利屋さんのような専門外の業者に依頼することです。

探してみれば「もともと引っ越し業界で働いていて、独立した」という経歴の人も見つかるかもしれません。

便利屋さんに頼むメリットとデメリットは、以下の通りです。

便利屋さんに頼むメリットとデメリット

運送業者よりもさらに料金が安い。

追加費用はかかるものの、柔軟に作業を依頼できる。

作業員は、必ずしも配送や引っ越しの専門家ではない。

荷物の補償がかけられない。

長距離の引っ越しの場合、料金が高額になる場合もある。

安い上に、引っ越し以外の荷造りや荷解きといった作業を頼めるのが魅力です。

便利屋さんをおすすめできるのは、以下のような条件で引っ越しをする人でしょう。

便利屋さんをおすすめできる人
  • 短距離で荷物の少ない人
  • 引っ越し作業だけでなく、旧居の清掃や他の作業なども依頼したい人

あひるくん
引っ越し前は掃除もしなきゃいけないから、まとめて頼めるのは嬉しいかもね。

こぱん
ちなみに、運送業の許認可を受けていない企業の運送は違法となるので、利用の際はきちんと確認しましょう。

方法④:自分で行う

4つ目は、レンタカーや自家用車を使って個人で引っ越しを行う方法です。

自分で引っ越しを行うメリットとデメリットは、以下の通りです。

自分で引っ越しを行うメリットとデメリット

費用はほぼ交通費・ガソリン代だけで済む。

好きなタイミングで引っ越しできる。

すべて自分で行わなければならないため、労力がかかる。

 誰かに手伝ってもらわないと、荷物の搬入出に苦労する。

とにかく安く済み、業者のスケジュールに合わせる必要がない点は魅力です。

しかし、家具や家電を運ぶことを考えると、すべて自分ひとりで行うのには限界があります。

自力での引っ越しをおすすめできるのは、以下のような条件で引っ越しをする人でしょう。

おすすめできる人
  • 短距離で極端に荷物の少ない人
  • 荷物を詰める大型の車を所有している、または運転できる人
  • 作業の協力者を見つけられる人

こぱん
近距離の引っ越しで、手伝ってくれる人がいるならアリですね^^

引っ越し費用を安くする4つのポイント

財布

それでは、実際に引っ越し費用を安くするポイントを見ていきましょう。

引っ越し費用を安くする4つのポイント
  • ①大手に頼まず個人に頼む
  • ②相見積もりを取る
  • ③一番安くなる時期や時間帯を希望する
  • ④自分ができる範囲の作業や準備は行う

ポイント①:大手に頼まず個人に頼む

ポイントの1つ目は、大手に頼まず個人に頼むことです。

引っ越しの際、最も多くの人が利用するのは、大手の引っ越し専門業者でしょう。

大手なら安心して頼めると思う人もいるでしょうが、大手は広告費にお金をかけているところも多く、その分の費用を消費者の金額に反映しています。

大手以外の個人業者といっても、以前大手で働いていた人や、現在進行系で大手の下請けをしている人も多いです。

そのため、サービス品質は大手と変わらないこともあります。

大手よりもCMのコストや手数料がかかっていない分、安くなりやすいのです。

あひるくん
でも、やっぱりちょっと心配だよ…。

こぱん
不安なときは、口コミを確認すると良いよ^^

大手に頼まない場合、業者を探す方法は色々あります。

大手以外で引っ越し業者を探す方法の例

くらしのマーケットやジモティは、エアコンのクリーニングやハウスクリーニングなど、さまざまなサービスを個人に直接頼めるプラットフォームです。

口コミも見れて、価格が安いことも多いので、大手以外で引っ越し業者を探したい人は、ぜひチェックしてみてください。

ポイント②:相見積もりを取る

見積書

ポイントの2つ目は、相見積もりを取ることです。

「大手に頼まないと安心できない」人も、一社だけで即決するのはおすすめしません。

なぜなら、かなり高い料金になってしまうことが多いからです。

引っ越し業界では、初回見積もりで実際の金額の数倍を提示する慣習が存在します。

こぱん
そのため、他社にも見積もりを依頼しているかすごく気にします^^;

何社か相見積もりを取った結果、最初に見積もりを取った業者の4分の1以下になるケースもあるのです。

また、家に来て見積もりをしてもらう場合は、なるべく同じ時間帯に来てもらうと良いでしょう。

立ち会いの時間が短縮できる上に、初回の見積もりで他社との競争を意識した価格を提示してもらえる可能性が高いからです。

引っ越し業者は星の数ほどいるので、必ず相見積もりを取りましょう。

あひるくん
でもいちいち何社も連絡するの、めんどくさいよ…。

それぞれの会社に確認するのが面倒な場合、複数の会社に一括見積もりができる「引越し侍」がおすすめです。

引越し侍

引越し見積もり・料金比較&業者予約が簡単に!

  • 最短1分で料金相場が分かる
  • たったの3STEPで人気業者に予約可能
  • 全国290社以上の引っ越し業者と定形

一括比較サービスなら、引っ越しの荷物や住所、引っ越し希望日など、いっぺんに入力できます。

大半の業者からは希望日での引っ越しの可否や、大まかな見積金額がメールで送られてくるでしょう。

ただし、一部の業者は電話してくることもあるので、その点は心づもりをしておいてください。

また、安くするために相見積もりを取ると言っても、追加料金がかかりやすいポイントは把握しておきましょう。

追加料金がかかりやすいポイント例
  • 長距離(県外への引っ越しなど)
  • エレベーターがない
  • 道幅が狭くて家の前まで車が入れない

引っ越し費用を安くするための努力は大事ですし、ぼったくられないように気をつけるべきですが、お願いする業者にかかる負担も考慮するようにしましょう。

こぱん
何件か相見積もりを取れば、追加料金の相場も見えてくるはずです。

ポイント③:一番安くなる時期や時間帯を希望する

ポイントの3つ目は、一番安くなる時期や時間帯を希望することです。

まず、可能なら繁忙期の引っ越しは避けましょう。

具体的には、以下の時期が高くなりやすいです。

引っ越し業者の繁忙期の例
  • 3月中旬〜4月上旬
  • 年末
  • GW
  • 夏休み
  • 冬休み

上記の時期は、引っ越しが多く人手が不足しがちで、価格が相場の1.5〜2倍になってしまうこともあります。

できれば避けたほうが良いですが、時期を選べない場合はスケジュールを押さえるためにも早めに依頼をしましょう。

また、時間帯指定せずにいわゆる「フリー便」を使えば料金を抑えられます。

早朝や夜など、引っ越し業者の空き時間で作業ができると、料金が安くなることもあるのです。

こぱん
時間に融通が利く場合は、この手法もおすすめです^^

ポイント④:自分ができる範囲の作業や準備は行う

引越し準備

ポイントの4つ目は、自分ができる範囲の作業や準備は行うことです。

具体的には、以下のようなことが挙げられます。

自分でできる作業の例
  • 荷造り
  • 不用品の処分
  • 不足分のダンボール手配

他の3つのポイントと比較すると金額は小さいかもしれませんが、知っておいて損はないでしょう。

あひるくん
荷造りを友達に手伝ってもらって、業者に払う予定だったお金でごちそうするのもアリかも。

こぱん
出ていくお金の金額が同じだったり、場合によっては高くなったりしても、自分の満足度が上がるお金の使い方ができるのは良いかもね^^

まとめ:面倒くさがらずに、ポイントを押さえて引越し費用を安くしよう!

リーマンくん引っ越し

今回は4つの引っ越しの方法と、引っ越し費用を安くする4つのポイントを紹介しました。

引っ越しの方法4つ
  • ①引っ越し専門業者に依頼する
  • ②運送業者に依頼する
  • ③便利屋さんのような専門外の業者に依頼する
  • ④個人で行う

長距離で荷物が多い引っ越しや、荷物の補償が欲しい人は引っ越し専門の業者がおすすめです。

距離が遠くても荷物が少ない人は、一定額までの補償がある運送業者へ頼むのも良いでしょう。

さらに、荷物が少ない人の中でも短距離の引っ越しであり、旧居の清掃や他の作業も依頼したいときは便利屋さんがおすすめです。

自力での引っ越しは、かかる費用を最低限に抑えられますが、荷物を載せた車を運転できたり、協力者を見つけたりする必要があるので、少しハードルは高いかもしれません。

ちなみに、4つの方法のなかで1つに絞る必要もないことを覚えておきましょう。

例えば、荷物の搬入出は大手の引越し業者に依頼して、エアコンや洗濯機の設置など割高になりがちなオプションの作業は個人に頼むこともできるのです。

あひるくん
自分の時間もタダじゃないから、バランスを大事に考えたいね。
引っ越し費用を安くする4つのポイント
  • ①大手に頼まず個人に頼む
  • ②相見積もりを取る
  • ③一番安くなる時期や時間帯を希望する
  • ④自分ができる範囲の作業や準備は行う

図解▼:引っ越し費用を安くするコツ

 

大事なことは、安く抑えるための手間を面倒くさがらないことです。

仮に引っ越し費用が5万円安くなったとすると、時給1,000円の人なら50時間分になります。

こぱん
つまり6日分以上の勤務時間です。

一方で、相見積りをして金額を見比べるのには、1日もかかりません。

浮いた費用で家族や友達とおいしいご飯を食べたり、好きなことに使ったりできることを考えれば、取り組む価値は大きいでしょう。

引っ越し費用に限らず、無駄なお金を払わないために大事なことは、相場を知ることです。

相場を知らないと、高いコストを支払うことになりがちですし、こと金融商品の場合は騙されて大金を失う可能性もあります。

 

比較することで商品の相場を知れますし、良い業者の見分け方もわかってきます。

自分が欲しい情報を得るのに便利な検索能力も磨かれるので、何かサービスや商品を購入するときには、まず比較することをクセづけましょう。

あひるくん
僕も、普段から比較して買うようにクセづけるぞ!

こぱん
大事なお金を無駄にしないように、これからも一緒に頑張りましょう!

以上、こぱんでした!

「お金にまつわる5つの力」を磨くための実践の場として、オンラインコミュニティ「リベラルアーツシティ」をご活用ください♪

同じ志を持った仲間と一緒に成長していきましょう!

みんなでつくるリベ大コミュニティリベシティ

「リベラルアーツ大学」が待望の書籍になりました!

自由へと一歩近付くための「お金にまつわる5つの力」の基本をまとめた一冊です!

こぱん
【貯める・稼ぐ・増やす・守る・使う】力を一緒に学びませんか?^^
¥1,540
(2021/09/20 02:56:42時点 Amazon調べ-詳細)

▼「貯める力を伸ばしたい!」という人に読んでほしい記事がこちら

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事