図解でわかるお金の基礎知識まとめ【稼ぐ編】

ここは基礎教養として知っておくべきお金の話の中でも【稼ぐ(税制・副業・儲けるための考え方 など)】をピンポイント解説でまとめたページやで(★日々追加中)

ここで見て興味をもった話をどんどん深掘りしていこう!

▼ 詳細を勉強したい人向けに動画でも解説してるで!^_^

Youtubeで動画配信中!

スポンサーリンク

稼ぐ(税制・副業・儲けるための考え方など)

年商・収入・手取り・所得の違い

それぞれ全く意味が違うから混同せんように^^
年商1億円て書いてても儲けは300万で一般的な人と変わらん事もありえるわけや。
テレビや本、ネットでも年商で語ると数字上派手に見えるからこれを使って欺く事も多いぞ。 

源泉徴収とは

毎月皆の給料から天引きしていく犯人はこいつや!
元々戦時中に始まったが税金を効率的に徴収できるから廃止される事なく今も続いている。要は支払いする前に源泉(給料)から先に税金引いといたれ!って事や(笑)

*わかりにくいから源泉徴収の中に住民税と社保も入れてるけど、厳密には別の徴収や。↓参照

  • 所得税 …… 源泉徴収
  • 住民税 …… 特別徴収
  • 社会保険 …… 天引き

まぁ天引きの名前が違うようなもんやな ^^

リーマンの税金支払いのタイミング・年末調整とは

サラリーマンの給料は毎月ざっくり税金が計算されて徴収されとる。(源泉徴収)
だから、配偶者や扶養(家族を養う)者がいる場合に、後から申告して払いすぎてた税金を返してもらうんやな。
年末調整は会社が確定申告を代行してくれるようなもんと覚えといたらええぞ^^

確定申告とは

確定申告とは、会社員以外(個人事業主など)や、会社員でも給与以外の所得があった人が納税額の算定のために年に一回する利益の申告のこと。

リーマンは源泉徴収と年末調整で会社が代わりに税金を計算して申告してくれるので確定申告は不要。
せやから、副業してる場合はリーマンでも確定申告は必要やで。
(ただし、年末調整したサラリーマンは所得が20万以下なら確定申告不要)

仕事で使うものは基本的に全て経費になる。
売上から経費を差し引いたものが所得(利益)や。
所得に対して税金はかかるから経費に流した分、支払う税金が減るって言う事やな。
税金を勝手に引かれる立場と自己申告する立場どちらが有利か?
ここ結構大事なとこやで^^

所得税の算出方法

例えば所得が195万を超えたら所得税が高くなるから195万未満に抑えておこうは間違い。200万所得があったとすると195万以上の5万円部分だけ税率高くなるねんで^_^
そして謎の税率ゾーンに気付くとこの国のルールが垣間見えるかもしれん。笑

課税所得の算出方法

所得税ってそもそも何?
「所得」にかかる「税金」や^^

売上(収入) - 経費 - 控除 = 課税所得
この課税所得に税金がかかるんやで〜^^
課税所得を計算して自分で国に申告するのが「確定申告」や^^

副業をすると個人事業主という扱いになる。
サラリーマンと違い自分で税金を申告するんやな^^

住民税

よく勘違いされるけど住民税は全国一律10%や。どこに住んでも差はないで^^

サラリーマンの納税

サラリーマンがプチ起業で副業を始めるべき理由

  • 経費が使える
  • 青色申告所得控除が使える
  • 事業主の所得は社会保険の負担増えない
  • 所得の柱が増えて会社に依存しなくなる
  • 時間労働からの脱出

国の賢い人達が作ったルールをうまく活用するには副業で個人事業主になるのが第一歩になる^_^

専業リーマンが抱える3つのリスク

なぜ副業を勧めるのか?
収入を会社の給料だけに依存するのが危険な理由3つや^_^

  • 25年前から上がらない給料
  • ズンドコ上がる社会保険料
  • 減る年金

自分で稼ぐ力を身につける事でこれらを回避していく事が出来るで。

副業×リーマン業で税金をコントロールしよう!

副業を勧める理由の一つは、会社員に比べて税金をある程度コントロール出来るようになるという点や。
最低限の生活は給与で確保しつつ、スモール事業にチャレンジするねん。会社だけに依存しなくなるためのステップや。
ただし節税目当てではなく、あくまで事業をすることを目的にすること。それから何でも経費にして無駄遣いしたらあかんで ^_^

自由になるための収入源の育て方

自由になるためには『生活費 < 不労(資産)所得』この状態にするんや ^_^
給与や事業の労働所得で投資の種銭を稼ぎ不動産や株の資産所得に回していく。
無駄な生活費を見直して下げておくのも大事や。
この繰り返しで今年より来年がどんどん楽になっていくねんで^_^

時間単価

自分の時間単価を知れば選択や納得度が変わる。

サラリーマンの時間単価は『毎月の平均給与(残業手当類含む) ÷ 毎月の平均労働時間(残業通勤時間含む) 』で計算出来る。

時間の使い方は命の使い方や。時間自体は増えんから、いかに時間単価を上げて豊かな時間の割合を増やすのかが大事やと思うで ^_^

金持ちのなり方

資本家は寝てても更にお金持ちになり、一生懸命に働く労働者とは差が開くばかり。
そんなのはおかしいと怒ってもどうにもならずこれが現在の社会のルール。
労働者から資本家になり賢く生きる方法は

・株や債券を買う
・不動産を買う
・事業主になる

少しずつでも資本家側になる行動を始める事^_^

確定申告のフローまとめ

確定申告の手順は下の2ステップ。↓
①書類を揃えて
②税務署に提出

要は1年の収入や経費を記載した家計簿のちょっと難しいやつを国に提出するイメージや^_^
1年の税金を「確定」させて申告するから確定申告って言うんやで〜^_^

確定申告とは?動画解説


後編

生きて税金死んで税金

随分前に流行ったネタやけど生きていく以上必ず税金と関わる。

・働いたら所得税
・買ったら消費税
・住んだら住民税
・乗ったら自動車税
・持ったら固定資産税

納税は国民の義務やし必要なのは確か。
とはいえ税金は大きな負担になるし、合法的に抑えれる税金は抑えるに越したことないと思うで^_^

会社員が家計を楽にする方法

家計を楽にする方法は正しく贅沢する事

・家(マイホーム)
・保険
・車
・通信費
・結婚式

お金を人生の大きな支出にジャブジャブ流してたら足りんくなるわな。
「固定費を下げる」『収入を増やす』両輪が大切^^
切り詰めるだけじゃ人生楽しくないから、本当に自分の人生に大事な事を考えるんやで^^

節税して所得を増やそう

お金が足りないと収入を増やす事ばかり考えがちやけど、働いて収入を増やしても思ったほど楽にならないのがこの国のルールや。
稼ぐのと同じくらい大切な事が「節税」。
税金や社会保険の仕組みは複雑やけど、考える事をやめると賢い人の作ったルールにむしり取られるのみや。学んで節税しよな^_^

知って得する配偶者の扶養

扶養の範囲内で働くなら130万円未満が一番お得やで^^

しかし、節税も大事やけど共働きでしっかり稼ぐ事のメリットもある。
扶養から外れないことだけを考えて稼がないのは木を見て森を見ずやと思う。
控除を上手に利用しつつ家庭状況に合わせて収入源を増やしていけるのが理想やな^^

知って得する配偶者の扶養

本当に生活が潤う賢いお金の使い方
'価格'ではなく"価値"で判断しよう^_^

価格は値札についた数字
価値には色んな意味があるぞ^_^

金銭的なメリット
精神的なメリット
時間のメリット

自分にとって価値があれば良い^_^
大切なことは自身で正しく価値を見極めて判断出来るようになることやで^_^

他の図解まとめはこちら

スポンサーリンク
おすすめの記事