【2022年5月版】学長が選ぶ「お得」「トレンド」お金のニュースBest8

皆さんがリベ大で学びながらお金のノウハウを蓄積しているように、リベ大両学長も日々「お金のノウハウ」を蓄積しています。

今回の記事は、両学長がインプットしたニュースの中から、お得なモノやトレンドを毎月ピックアップしてお届けする、人気企画の第18弾です。

学長が選ぶ「お得」「トレンド」ニューステーマ
  • 年収アップ(転職、副業、起業ネタ)
  • 貯蓄額アップ(節約ネタ)
  • 投資(株式投資、不動産投資ネタ)
  • 資産防衛(節税対策、詐欺にあわないための知恵)

2022年5月版は、資産形成に関係する重要なお金のニュース8本を厳選しました。

今回の記事は、以下のような人に向けた時間節約記事となっています。

「新聞を読む暇がない」

「ネット記事を見る時間もない」

「読んだけどよく意味が分からなかったから、解説してほしい」

毎月1本、このシリーズの記事を1年間読み続ければ、金融リテラシーが上がるネタを約100本も学べます。

コツコツと積み上げていくことで、毎月確実にレベルアップできるでしょう。

あひるくん
今月も金融リテラシーを上げるために、お金のニュースを学んでいくよ!

こぱん
お金に不自由しない人生を送るために、ぜひ最後までご覧ください。

関連記事

お金のニュースに関連するブログ記事【一覧】

スポンサーリンク

解説動画:【知らないと損】学長が選ぶ「お得」「トレンド」お金のニュースBest8

このブログの内容は下記の動画でも解説しています!

2022年5月版のお金のニュースBest8

ニュース①:「オリックス、株主優待を廃止へ 個人株主80万人に影響」

ニュース①:「オリックス、株主優待を廃止へ 個人株主80万人に影響」

1つ目のニュースは、2022年5月11日の日本経済新聞から「オリックス、株主優待を廃止へ 個人株主80万人に影響」です。

魅力的な株主優待によって個人投資家から人気のオリックスが、2024年3月末から株主優待の廃止を発表しました。

株主優待の人気もあり、2021年3月末時点の個人株主数は国内企業でトップクラスでした。

オリックスの個人株主数と個人株主比率
  • 個人株主数:約75万人
  • 個人株主比率:約16%

※2021年3月末時点

こぱん
ちなみに、オリックスの株主優待は、以下のようなものでした。
オリックスの株主優待
  • 100株保有:カタログギフト
  • 100株を3年以上保有:ワンランク上のカタログギフト

あひるくん
カタログギフトを楽しみにしていた人は、残念だろうね。

もともと、株主優待制度は日本独自の慣行で、株主平等の原則に反しています。

例えば、100株しか持っていない個人投資家と、10,000株持っている機関投資家がもらえる株主優待が同じだとしましょう。

この条件では、機関投資家は不平等と感じ「優待ではなく、配当を出してほしい!」と思うのは当然です。

こぱん
そのため、株主優待は合理性に欠ける制度だという指摘があります。

株主優待の廃止を決定したオリックスには、以下のような事情があったようです。

オリックスの事情
  • より公平な利益還元を考えたい。
  • 約80万人もいる個人株主へのカタログ配送等は、コストがかかりすぎる。

2022年に株主優待の廃止を発表した企業は、オリックスだけではありません。

例えば、以下の企業も株主優待の廃止を発表しています。

2022年に株主優待の廃止を発表した企業(一部)
  • エービーシー・マート
  • 日本たばこ産業(JT)
  • マルハニチロ

外国人投資家や機関投資家への配慮も考えると、今後も優待廃止の流れは続く可能性が高いでしょう。

なおリベ大では、優待廃止は悪いことではないと感じています。

なぜなら株主平等原則に反しますし、株主還元としては配当金の方がフェアと考えるからです。

あひるくん
それに、使い道の限られた優待品より、色々なものに使えるお金の方が嬉しいもんね。

こぱん
オリックスも「今後は、配当等による利益還元に集約」と言っていますし、優待が廃止された分、しっかり増配されるといいですね。

また、株主優待を目的とした優待投資は落とし穴があるのを認識すべきです。

今回のオリックスのように、株主優待はいつまでも続くとは限りませんし、株主優待を廃止すると株価は大きく下落する傾向があります。

そのため、今後は優待の改悪や、それに伴う株価下落などの可能性も考慮して、銘柄選択には十分気をつけましょう

ニュース②:「住信SBIネット銀、為替手数料改定 米ドルは1.5倍に」

ニュース②:「住信SBIネット銀、為替手数料改定 米ドルは1.5倍に」

2つ目のニュースは、2022年5月25日のITmediaビジネスONLiNEから「住信SBIネット銀、為替手数料改定 米ドルは1.5倍に」です。

住信SBIネット銀行が、2022年7月25日より外貨預金や外貨積立の為替手数料を改定すると発表しました。

英ポンドや豪ドルの為替手数料は値下げされる一方、米ドルやユーロの為替手数料は値上げされます。

あひるくん
そうなんだ…。ちょっと残念なニュースだね。

7月25日以降、住信SBIネット銀行でドルと円を交換する際にかかる為替手数料は、以下のように変わります。

為替手数料の変更内容
  • 7月24日まで:1米ドルあたり4銭(片道)
  • 7月25日以降:1米ドルあたり6銭(片道)

→ 1.5倍の値上げ

今回の為替手数料の変更が大きなニュースになったのは、米国株投資家が米国株式を超低コストで購入する人気ルートが弱体化するからです。

その人気ルートは以下の通りです。

米国株式を超低コストで買う人気ルート
  1. 住信SBIネット銀行で、円をドルに交換する。(片道4銭で売買可能)
  2. 交換したドルを、SBI証券の外貨口座に入金する。(手数料無料)
  3. SBI証券の外貨口座のドルで、米国株式を買う。

上記のように住信SBIネット銀行とSBI証券のコンビは、米国株式を安く買う最強ルートの1つでした。

しかし、今回の改定で利用コストが上がってしまうというワケです。

とはいえ、1米ドルあたり6銭の手数料は、他の銀行と比べれば業界トップレベルの安さと分かります。

他銀行の手数料
  • GMOあおぞらネット銀行:1米ドルあたり2銭
  • PayPay銀行:1米ドルあたり5銭
  • 楽天証券など、主要ネット証券:1米ドルあたり25銭

こぱん
業界水準は1米ドルあたり25銭程度なので、6銭はまだ安いと言えますね。

住信SBIネット銀行とSBI証券の連携の良さを考えると、引き続きこのルートは人気ルートとして機能し続けるでしょう。

ちなみに、メガバンクの窓口で外貨預金すると、1米ドルあたり1円の為替手数料がかかります。(※ただし、ネットバンキングは25銭)

これはなんと、住信SBIネット銀行の値上げ後の手数料の16.7倍の手数料です。

つまり、メガバンクでは円をドルにする時に1ドルあたり1円とられ、ドルを円にする時に1ドルあたり1円とられてしまうのです。

このようなレートで外貨預金をしていたら、預金者が儲かるはずがありません。

あひるくん
ほんとだね…。

個人の資産形成を妨げる最大のワナは、以下のような手数料です。

手数料の一例
  • 保険に含まれる隠れ手数料
  • 株式の売買手数料
  • 為替手数料
  • ファンドの信託報酬

こぱん
例を挙げるとキリがありませんね。

今回のニュースは「値上げしたけれど、それでもまだ安い」という救いのあるニュースでした。

しかし、気をつけていないと、いつの間にか割高なコストを払うことになりかねません。

当然、適正な手数料もありますが、払った手数料の額だけお金持ちから遠ざかることは覚えておきましょう。

あひるくん
僕も、手数料の水準は常に気をつけるようにしておくよ!

ニュース③:「確定拠出型、低コスト拡充」

ニュース③:「確定拠出型、低コスト拡充」

3つ目のニュースは、2022年5月20日の日本経済新聞から「確定拠出型、低コスト拡充」です。

まず、企業型確定拠出年金とは、以下のような年金制度です。

企業型確定拠出年金とは
企業:従業員のために毎月お金を積み立てる。

従業員:企業から積み立てられたお金で、自ら資産運用する。

→ 運用成績によって、従業員が将来に受け取る年金受取額が変わる。

企業型確定拠出年金で従業員が選べるファンドのラインナップは、企業側が決めています。

そこで今、導入企業でファンドのラインナップの見直しが進んでいるというのが、今回のニュースの概要です。

こぱん
企業は従業員の資産形成を促すために、手数料の安い商品を増やしたり、運用成績の劣る商品を除外したりしているというワケですね。

企業型確定拠出年金は、2021年3月時点で導入している企業は約39,000社、加入者は750万人と、利用者が右肩上がりの非常に大きな制度です。

あひるくん
導入企業や加入者は、今後も増え続けそうだね。

企業型確定拠出年金の一番のキモは従業員が自ら運用商品を選ぶことですが、これはある意味で非常に残酷と言えます。

なぜなら、金融リテラシーの有無で将来にもらえる年金の格差が広がってしまうからです。

金融リテラシーの有無で広がる年金の格差
  • 投資に詳しい人:年金額を増やせる可能性が高くなる
  • 投資に詳しくない人:年金額を増やせる可能性が低くなる

こぱん
リベ大で学ぶ皆さんには、ぜひ正しい知識を持って正しく運用して欲しいと考えています。

今まで、企業型確定拠出年金制度で選べる運用商品では、良い運用商品を見つけるのが難しい状況でした。

なぜなら、企業が選ぶラインナップには、S&P500や全世界株式といった優良な指数に連動したファンドがない一方で、手数料が高く成績も悪いファンドが混ざっていたり、元本保証型のファンドが多数あったりしたからです。

しかし、今回紹介するニュースのように流れは変わりつつあり、様々な企業がラインナップの見直しを進めています。

ラインナップを見直した企業例

日立製作所

  • 「アクティブファンドから運用手数料に見合う収益を得られない」と判断し、ラインナップからすべて外す。
  • 全体の4割を占めていた元本確保型の商品を8本から1本に集約する。

イオン

  • 手数料の安いインデックス型商品を追加する。

ここで皆さんに、アドバイスがあります。

企業型確定拠出年金に加入している人は、自分が選んでいる商品を見直してください。

元本保証型やアクティブファンドに投資している人は、特に注意しましょう。

なぜなら、長期では元本保証型はインフレに負ける可能性があり、アクティブファンドはインデックスファンドに勝ち続けるのは難しいからです。

あひるくん
じゃあ、どんな点に注意して見直せば良いの?

10年~30年の長期運用を前提としている企業型確定拠出年金の運用ポイントは、以下の通りです。

企業型確定拠出年金の運用ポイント

株式の割合をできるだけ高めることを基本方針とする。

手数料が低く、広く分散されているインデックスファンドを選ぶ。

日本に集中投資せず、世界中に分散されたものに投資する。

「投資はコワイ!」という人は、確定拠出年金では意識的にリスクをとり、稼いだお金を貯金することでリスク調整をするのが効率的でしょう。

企業型確定拠出年金は運用益が非課税になるお得な制度なので、ぜひ上手に使ってください。

実際、リベ大の体感では、企業型確定拠出年金の設定で100点を取っている人は「100人に1人」です。

しかし、残念ながら企業ごとに提供されているラインナップが違うので、皆さんに「このファンドが良いよ」とアドバイスができません。

あひるくん
なんだかもどかしいね…。

もし、「自分が勤める会社の運用商品ラインナップの中で、どれが一番おすすめなのか?」を聞きたい場合は、リベ大が運営しているオンラインコミュニティ「リベシティ」を活用してください。

リベシティには「株式・債券投資チャット」があり、ここで相談すれば、30点だった設定を80点~100点の設定にできるはずです。

たった数時間の見直しで、将来の資産が100万円単位で変わってくるコスパの良い行動と言えるでしょう。

こぱん
商品ラインナップの見直しが進み、良い運用商品が増えている今だからこそ、ぜひ見直しを進めてもらえたらなと思います。

あひるくん
「確定拠出年金を制するものは、老後を制す」だね!

ニュース④:「現金、独り勝ちの様相-株も債券も敬遠し『資本の保全』に集中か」

ニュース④:「現金、独り勝ちの様相-株も債券も敬遠し『資本の保全』に集中か」

4つ目のニュースは、2022年5月10日のブルームバーグから「現金、独り勝ちの様相-株も債券も敬遠し『資本の保全』に集中か」です。

主要10通貨に対するドルの動きを示す「ブルームバーグ・ドル・スポット指数」が堅調で、5月上旬に株価と債券相場の下落にもかかわらず0.6%上昇しました。

こぱん
株式も債券も下がる中で、現金が独り勝ちしている状況ですね。

以下のグラフを見ても、主要な資産が軒並みマイナスになる中、ほぼドルだけが価値を高めているのが分かります。

2022年5月のパフォーマンス結果
  • ドル:+0.61%
  • 債券:-1.19%
  • S&P500:-1.57%
  • ゴールド:-1.63%
  • 全世界株式:-3.19%

つまり、投資家はポートフォリオを守るために株を売って債券と現金にしているのではなく、株と債券の両方を売って現金にしているのです。

こぱん
投資家たちは「資産の保全」という一点に集中しているというワケですね。

ブラックロック・ファイナンシャル・マネジメントは、CIOのリック・リーダー氏が「われわれは、現金を両手で抱えている」と説明するほど、現金比率を高めています。

また、バンクオブアメリカの調査によると、2022年5月の機関投資家の現金保有比率は6.1%となっており、これは20年ぶりの高水準です。

機関投資家の経済見通しへの楽観度は過去最低で、その背景には以下が考えられます。

経済見通しへの楽観度が「過去最低」となった背景
  • 中央銀行の金融引き締め
  • 世界的なリセッション
  • インフレ
  • 戦争懸念

…etc.

では、ここで皆さんに質問です。

皆さんは、以下の2つではどちらの立場ですか。

どちらの立場?
  • 現金は王様(cash is king)
  • 現金はゴミ(cash is trash)

こぱん
リベ大は、どちらかと言えば「現金は王様である」というスタンスです。

相場の良い時期には、SNSで非常に威勢の良い言葉が聞かれます。

相場の良い時期にSNSで聞かれる言葉
  • 「現金はインフレに負ける。現金なんか持ってても仕方がない。」
  • 「現金は1円も生み出さない。資産の大半は株式にしておくべきだ。」
  • 「現金の価値は、日に日に低下している。これからは、仮想通貨の時代だ。」

上記の言葉は、どれも一定の真実を含んでいますが、少し極端と言えるでしょう。

インフレ率が2%、3%になると、保有する現金を少しでも減らしたいと考え、株式や不動産等のリスク資産にどんどんお金を入れてしまう人がいます。

しかし、インフレはポートフォリオ全体で対処するものなので、「株式60%:現金40%」といったポートフォリオにして、インフレ率を上回るリターンを得られれば良いのです。

こぱん
インフレ率に負ける現金を1円たりとも持っていてはいけないというワケではありません。

同様に、株や債券、不動産の価格が急激に上がっていく時期も、保有する現金を少しでも減らしたいと考えて、どんどんリスク資産に投資してしまう人がいます。

なぜなら、価値の上がらない現金を持っているのをバカらしく感じてしまうからです。

しかし、リスク資産はその名の通り、リスクのある資産です。

あひるくん
儲かるかもしれないけれど、損することもあるってことだね。

ここ数カ月のように、どんどん株価が下がっていく時期には、現金は防御にも攻撃にも役立ちます。

なぜなら、資産の目減りを防げるのはメンタルに良いですし、安くなった資産を買えるからです。

長期的に見れば、株式こそが最強の資産であることは間違いないでしょう。

しかし、他の資産との比較で「現金はゴミ」というワケでもありません。

このように「現金をどう評価し、どれぐらいの比率で保有するか?」は投資家にとって永遠のテーマと言えます。

あひるくん
このテーマの正解は、自分で考えるしかないんだね。

機関投資家が、過去最高水準の現金を保有するようになっている中、皆さんは現金をどのように評価し、現金の保有比率をどれぐらいにしますか。

波乱の相場を経て、現金とのベストの距離感を掴んでください

この距離感が洗練されてくると、初心者と呼ばれることもなくなるでしょう。

ニュース⑤:「ダイヤモンド投資のメリット・デメリット」

ニュース⑤:「ダイヤモンド投資のメリット・デメリット」

5つ目のニュースは、2022年5月2日第1版第1刷「資産防衛のためのダイヤモンド投資(川端 敬子 著)」から「ダイヤモンド投資のメリット・デメリット」です。

あひるくん
珍しく、書籍からの紹介だね!
¥2,200 (2023/05/28 12:24:58時点 Amazon調べ-詳細)

この本では、資産防衛を目的としたダイヤモンドの有効活用について書かれています。

こぱん
本書によれば「現時点で唯一の本格的なダイヤモンド投資の実用書であり、専門書」とのことです。

結論として、リベ大は皆さんにダイヤモンド投資はおすすめしません。

ただ、ウクライナ問題や歴史的なインフレが大きな話題になっている中、ダイヤモンドに関する知識は知っておいて損はないので、軽く紹介します。

では、ダイヤモンド投資のメリットを見てみましょう。

ダイヤモンド投資の8つのメリット
  • ①安定的に値上がりし続けていて価格が下がりにくい
  • ②希少価値がある
  • ③インフレに強い
  • ④経済や社会の情勢の影響をほとんど受けない
  • ⑤持ち運べて携帯性に優れる
  • ⑥2500年の歴史がある
  • ⑦分散投資に最適
  • ⑧長期間保有しても品質の劣化がない(何千年も同じ状態を保つ)
1安定的に値上がりし続けていて価格が下がりにくい

過去約60年、ダイヤモンドはドルベースでほぼ右肩上がりで10倍以上に上昇しています。

2希少価値がある

2016年に操業が開始されたカナダのガーチョ・キュー鉱山を最後に、新たに操業を始めたダイヤモンド鉱山はありません。

また、既存の鉱山は閉鎖が続いています。

3インフレに強い

紙幣は刷れば刷るほど、価値が下がってしまいます。

一方で、2つ目のメリットで解説したように、ダイヤモンド鉱山が減っているため、ダイヤモンドは希少になり価格が上昇傾向にあります。

4経済や社会の情勢の影響をほとんど受けない

ゴールドや株式のように、ダイヤモンドはチャートが乱高下しません。

あひるくん
価格の上げ下げで一喜一憂しなさそうだね!
5持ち運べて携帯性に優れる

グラム当たりの価格が一番高いのはダイヤモンドです。

ダイヤモンドとゴールドの価格の比較
  • ダイヤモンド1グラムあたりの価格:約30万ドル(約4,000万円)
  • ゴールドの1グラムあたりの価格:約8,000円

こぱん
有事の際に、0.2グラム(1カラット)持ち出すだけで1年暮らせます。
62500年の歴史がある

ダイヤモンド投資は、ユダヤ人の歴史とともにあります。

昔から価値のあるモノとして認知されてきました。

7分散投資に最適

ダイヤモンドは、金融資産との連動性がほとんどない実物資産です。

分散という観点から言えば、一つの選択肢となり得るでしょう。

8長期間保有しても品質の劣化がない(何千年も同じ状態を保つ)

ダイヤモンドは、湿度や気温によって劣化せず、傷もつきません。

あひるくん
これだけ見ると、ダイヤモンドはパーフェクトな資産防衛アイテムに見えるよ。

ここまで読んだ皆さんの中には、「私が知っているダイヤモンドと違うよ!私のダイヤの指輪は、買った時の値段と比べてかなり安くなってるもん!」という人もいるかもしれません。

しかし、値段が安くなっているのは、宝飾品、アクセサリーとしてのダイヤモンドだからです。

価値が落ちにくいのは裸石(ルース)だけであって、指輪の石以外の部分やネックレスのチェーンといったパーツ、デザイン、ブランド料などは値下がりしていきます。

こぱん
価値を失わないのはダイヤモンドそのものだけなので、加工料のような手数料がかかると、その分負けてしまうんですね。

リベ大が考えるダイヤモンド投資最大のハードルはダイヤモンドを適正な価格で買って適正な価格で売るには、良い業者との付き合いが必要ということです。

本書に記載がある通り、ダイヤモンドそのものには価値があるでしょう。

しかし、常に適正な価格での売買は、とても難しいのが現状です。

実際、東京近辺に住むリベ大のスタッフに、日本有数の宝石問屋街の御徒町で投資用ダイヤを探してもらったところ、以下のような実態が分かりました。

投資用ダイヤ探しの実態

適正な値段をアピールしている業者から、提示された価格でダイヤモンドを購入する。

→ 隣の店で購入したダイヤモンドを査定してもらうと、1割~2割