【月3万円の稼ぎ方】副業Webライターの魅力と落とし穴を徹底解説

※本サイトで紹介している商品・サービス等の外部リンクには、アフィリエイト広告が含まれる場合があります。

こんにちは、こぱんです!

リベ大では、自分のスキルと考える力で、どんな時代・状況でも十分な収入を得る力、「稼ぐ力」に関する情報発信もしています。

▼図解:稼ぐ力

 

「稼ぐ力」を伸ばすために、リベ大では9つの副業をおすすめしていました。

しかし、今回新たにWebライターもおすすめ副業として追加され、10選となります。

リベ大おすすめ副業10選
  1. せどり
  2. 動画編集
  3. プログラミング
  4. ウェブデザイン
  5. ハンドメイド
  6. YouTube配信
  7. ブログ・アフィリエイト
  8. コンテンツ販売
  9. コンサルタント
  10. Webライター

あひるくん
リベ大おすすめ副業については、以下の記事でも詳しく解説しているよ!

 

新たに追加されることになった背景として、リベ大のYouTubeライブで「おすすめ副業の中にブログがありますが、Webライターもおすすめですか?」という質問をいただくようになりました。

回答としては、ブログ同様にWebライターもリベ大おすすめ副業の1つと言えます。

そこで今回の記事では、新おすすめ副業「Webライター」について解説していきます。

今回の記事で分かること
  1. Webライターとは
  2. Webライターのメリット・デメリット
  3. Webライターに向いている人・向いていない人の特徴
  4. Webライターで月3万円稼ぐ手順

皆さんの中には「Webライターか…。私には関係ないな。」と思う人もいるかもしれません。

しかし、Webライターで稼げる可能性は、皆さんが思うよりはるかに高いです。

今回の記事を読めば、Webライターの基本が分かります。

「何か副業で稼げるようになりたい」と思っている人は、チャンスを逃さないようぜひ最後まで読んでください。

こぱん
この記事がキッカケで、月3万円稼げるWebライターになれるかもしれませんよ^^

なお、今回の記事を作成するにあたり、佐藤友美さんの「書く仕事がしたい」という書籍を参考にさせていただきました。

タイトル通り「書く仕事がしたい」人は必見の良書ですので、興味のある人はぜひ読んでみてください。

¥1,188 (2023/07/25 11:14:48時点 Amazon調べ-詳細)

 

以下の図解を見てから記事を読み進めると理解しやすくなるので、参考にしてください。

▼図解:Webライターで月5万円稼ぐステップ

スポンサーリンク

解説動画:【月3万円の稼ぎ方】副業Webライターの「魅力」「落とし穴」を徹底解説

このブログの内容は下記の動画でも解説しています!

Webライターとは

Webライターとは、以下のようなインターネットに掲載される文章を書いて報酬を得る人です。

インターネットに掲載される文章の例
  • 企業が運営するWebサイトのコラム記事
  • ネット広告の文章
  • ネットショップで販売する商品の説明文

あひるくん
すごく幅が広いね。

こぱん
ちなみに、以下のような記事もWebライターが書いているよ。

上記にある「モテる方法」や「格安SIMの人気ランキング」は身近な話題なので、「これなら自分も書けるかもしれない」と感じる人も多いのではないでしょうか。

あひるくん
僕も、書けそうな気がしてきた!

一方で、「書いて稼ぐなんて、才能のある人しかムリだよ!」と思う人もいるかもしれません。

確かに、村上春樹さんのような小説家や、三谷幸喜さんのような脚本家には、書く才能が求められます。

しかし、基本的にWebライターに必要なのは「ライティング」という技術だけなので、稼ぐために必要な条件は以下の2つしかありません。

Webライターで稼ぐために必要な条件2つ

間違えないこと

  • 誤字脱字をしない。
  • リサーチ不足や誤解などで、証拠のない間違った事実を書かない。

分かりやすいこと

  • 難しい漢字や専門用語を多用しない。
  • 一文を短く切る。
  • 論理破綻しない。

上記2つの条件を満たすだけなら、先ほど紹介した「モテる方法」や「格安SIM人気ランキング」の記事も、書けそうだと思いませんか。

たとえ今の段階で「間違えない書き方」や「分かりやすい書き方」をできる自信がなくても、自転車の乗り方と同じように、学べば身につきます

「間違えない書き方」や「分かりやすい書き方」を学ぶ方法の例
  • 書籍を読む
  • ライティング講座(オンライン講座・リアルの講座)を受ける

もちろんWebライターの中には、面白い文章を書く才能がある人もいます。

しかし、面白い文章を書く才能はWebライターとしてプラスアルファの条件であって、絶対に必要な条件ではありません。

ましてや、月3万円~5万円を稼ぐ副業Webライターにとっては、面白い文章を書く能力はあまりにもオーバースペックと言えます。

あひるくん
確かにそうだね。

もし「Webライターをするには文章力や才能が必要だ」という思い込みがあるなら、捨ててしまいましょう。

繰り返しますが、副業Webライターをするために必要なのは「学べば身につくライティング技術」だけです。

こぱん
だからこそ、多くの人に「稼ぐチャンス」があるというワケです^^

Webライターのメリット・デメリット

「そうか!Webライターに文章力や才能がいらないなら、私にもできるかも!」と思った人も多いでしょう。

そこでここからは、Webライターに興味を持った方向けにWebライターのメリットとデメリットをお伝えします。

Webライターのメリット

Webライターのメリット

まず、Webライターのメリットは以下の5つです。

Webライターのメリット
  • ①初期投資やランニングコストが不要
  • ②好き・得意なことで勝負できる
  • ③場所や時間に縛られにくい
  • ④様々なスキルが身につく
  • ⑤SNS運営への横展開も可能

メリット①:初期投資やランニングコストが不要

Webライターのメリット1つ目は、初期投資やランニングコストが不要なことです。

Webライターの仕事は、パソコンと通信回線さえあれば始められます。

もし、すでにパソコンと通信回線を持っているのであれば、初期投資もいりませんし、ランニングコストもかかりません

こぱん
お金をかけず副業を始められるのは、かなり大きなメリットですね^^

メリット②:好き・得意なことで勝負できる

Webライターのメリット2つ目は、好き・得意なことで勝負できることです。

Web上には、たくさんの文字情報が公開されています。

あひるくん
Webで調べたら、たいてい知りたいことが分かるよね!

そのため、以下のようなあらゆるジャンルのWebライターが求められているというワケです。

ジャンル例
  • 金融
  • 美容
  • ガジェット
  • スポーツ

金融の知識が豊富な人は「金融ライター」、美容に興味がある人は「美容ライター」といったように、自分の好きな分野や得意な分野で活躍することは、十分に可能です。

メリット③:場所や時間に縛られにくい

Webライターのメリット3つ目は、場所や時間に縛られにくいことです。

Webライターの仕事は、打ち合わせや取材などで拘束されることもありますが、ほとんどの場合、時間と場所の融通が利きます。

そのため、以下のような働き方も可能です。

Webライターとして可能な働き方
  • スキマ時間に働く
  • 子どもが寝た後に働く
  • カフェで働く

こぱん
好きな場所や時間で活動できるのは、大きな魅力ですよね^^

メリット④:様々なスキルが身につく

Webライターのメリット4つ目は、様々なスキルが身につくことです。

Webライターの仕事で身につくスキル例
  • 文章力
  • 取材力
  • リサーチ力
  • 構成力
  • 情報を取捨選択する力

上記のスキルは、基本的なビジネススキルとしてかなり重要なものです。

特に文章力はビジネスマンの必須スキルと言えるので、文章力を鍛えれば本業にも良い影響があるでしょう。

あひるくん
ポータブルスキルの解説記事でも、文章力の大切さを伝えていたよね!

 

また文章力は、他の副業に挑戦する際にも役立ちます。

他の副業に挑戦する際に役立つ例
  • 魅力的な商品紹介の文章が書ける(せどりやハンドメイド)
  • 動画に分かりやすいテロップが付けられる(動画編集やYouTube配信)

こぱん
つまり、Webライターとして稼げなくても、様々なスキルが身につくため努力が無駄になりにくいのです^^

メリット⑤:SNS運営への横展開も可能

Webライターのメリット5つ目は、SNS運営への横展開も可能なことです。

身につけたWebライティングのスキルは、SNSのフォロワー獲得にも役立ちます。

こぱん
SNSでたくさんのフォロワーがいる人は、文章力がある人が多いですよね^^

あひるくん
「SNSのフォロワーは資産になる」って図解や過去記事でも解説していたよね!

▼図解:SNSで情報発信を始めよう!

 

Webライターのデメリット

Webライターのデメリット

ここまで読んだ皆さんの中には「Webライターって、最高なんじゃない?」と思った人もいるかもしれません。

しかし当然、Webライターにはメリットだけではなく、デメリットもあります。

Webライターのデメリット
  • ①最初の時給がとても低い
  • ②締め切りのプレッシャーがある
  • ③労働集約型の仕事である

デメリット①:最初の時給がとても低い

Webライターのデメリット1つ目は、最初の時給がとても低いことです。

Webライターの最初の時給が低くなる理由は、以下の通りとなります。

Webライターの最初の時給が低い理由
  • とれる仕事が「1文字0.5円」のような低単価の案件になりがち。
  • 文章を書くことに慣れていないため、時間がかかる。
  • 依頼主とのやりとりや、請求書の作成などに時間がかかる。

あひるくん
最初は根気が必要だね…。

さらに、Webライターで稼ぐには、まず仕事の依頼を受けなければいけません。

しかし、最初はWebライターとしての実績も人脈もないので、仕事をとるまでに相当な時間がかかると覚悟したほうがいいでしょう。

こぱん
どんなに仕事をとる工夫や営業を頑張っても、最初は採用されないのが普通です。

デメリット②:締め切りのプレッシャーがある

Webライターのデメリット2つ目は、締め切りのプレッシャーがあることです。

Webライターの仕事は、「いつまでに」という提出期限が求められます。

そのため、たとえ本業が忙しかったり、自分や家族が風邪をひいたりしても、締め切りのプレッシャーと戦いながら時間を調整しなければなりません

こぱん
Webライターの仕事は「受けた仕事の締め切りを破れば、次の仕事はない」という厳しさがあると覚悟しておきましょう。

デメリット③:労働集約型の仕事である

Webライターのデメリット3つ目は、労働集約型の仕事であることです。

基本的に、Webライターの報酬は書いた原稿に比例するので、書けば報酬は上がり、書かなければ報酬は下がります。

つまり、Webライターの仕事は典型的なフロー型収入なのです。

フロー型とストック型ビジネスの違い

フロー型:やった分だけ収入を生む

ストック型:自分が働かなくても収入を生む

フロー型とストック型ビジネスの違い

そのため、自分が働かなくても入る「ストック型」の収入が欲しければ、以下のようにWebライターの枠をはみ出していく必要があります。

ストック型収入を得る方法
  • 自分でブログを運営する。
  • 印税の一部をもらう契約をし、書籍のライターをする。
  • 自分が編集者となり、他のライターをマネジメントする。

 

さて、ここまでを読んだ皆さんの中には「Webライターのデメリットは少ないけれど、一つ一つが大きいな」と感じる人も多いはずです。

そんな人は、Webライターのデメリットを以下のように考えると良いでしょう。

デメリットに対する考え方
  • デメリット①:最初の時給がとても低い

「少しずつスキルを高めて単価アップしていこう。」

  • デメリット②:締め切りのプレッシャーがある

「本業でも締め切りのプレッシャーはあるし、Webライターに限ったことではない。」

  • デメリット③:労働集約型の仕事である

「好きなことで毎月3万円~5万円稼げるなら悪くない。」

あひるくん
何でも考え方次第だね。

Webライターに向いている人・向いていない人の特徴

皆さんの中には「Webライターに興味が出てきた!私も自分の好きなジャンルで、何か書いてみたい!」と思った人もいるのではないでしょうか。

しかし、Webライターには向き不向きがあることも事実です。

そこでここからは、Webライターに向いている人、向いていない人の特徴をお伝えします。

Webライターに向いている人の特徴

Webライターに向いている人

まず、Webライターに向いている人は以下のような人です。

Webライターに向いている人の特徴
  • ①文章を書くのが好きな人・得意な人
  • ②好奇心の強い人
  • ③コツコツ淡々と積み上げられる人

向いている人の特徴①:文章を書くのが好きな人・得意な人

Webライターに向いている人の特徴1つ目は、文章を書くのが好きな人・得意な人です。

例えば、以下のような人はWebライターの素質アリと言えるでしょう。

文章を書くのが好きな人・得意な人の具体例
  • 学生の頃から国語の授業や作文が好きだった。(もしくは苦にならなかった。)
  • ブログを書いたことがある。
  • 本業で報告書や提案文書を書くのは苦にならず、上司や同僚に褒められる。
  • 人気ブログやサイトの記事を見て「この程度なら自分でも書けそう」と思える。

向いている人の特徴②:好奇心の強い人

Webライターに向いている人の特徴2つ目は、好奇心の強い人です。

ヒトや出来事に興味を持てる人は、Webライターに向いています。

なぜなら、書き手の熱意やテンションは、読み手にも必ず伝わるからです。

「面白くてトコトン調べたから、皆にも教えてあげたい!」という熱意をもった人の文章はとても引き込まれますし、読者にもクライアントにも喜ばれます。

一方、以下のような気持ちで書かれた人の文章は、読み手を引き込むことはできません。

「全然興味ないけど、仕事だから調べないと…。」

「乗り気しないけど、とりあえず書くかぁ…。」

あひるくん
同じテーマでも、文章の面白さが全然違うだろうね…。

向いている人の特徴③:淡々と積み上げられる人

Webライターに向いている人の特徴3つ目は、淡々と積み上げられる人です。

どれだけ淡々と執筆作業を続けられるかが、Webライターで稼ぐための大切なポイントになります。

淡々と執筆作業を続ける例
  • 1文字1円で、毎月3万文字を書く。
  • 1記事3,000円で、毎月10本の記事を書く。

Webライターとして1年間継続して月3万円を稼ぐには、上記の例を参考にすると1記事3,000文字の記事を120記事(36万文字)書くことになります。

36万文字という文字数は、一般の書籍なら3冊~4冊ほどのボリュームです。

あひるくん
これだけの量をこなすからこそ、「文章力」が育っていくんだね。

こぱん
コツコツ続けるのが得意な人に、ぜひ挑戦してほしい副業です^^

Webライターに向いていない人の特徴

Webライターに向いていない人

次に、Webライターに向いていない人の特徴を紹介します。

Webライターに向いている人の逆タイプの人はもちろん、以下のような人はWebライターには向いていません。

Webライターに向いていない人の特徴
  • ①時間にルーズな人
  • ②独りよがりの完璧主義な人
  • ③極端に傷つきやすい人

向いていない人の特徴①:時間にルーズな人

Webライターに向いていない人の特徴1つ目は、時間にルーズな人です。

先述の通り、ライターの仕事では締め切りを守ることが大切になります。

しかし、ライター業界には、記事を締め切りまでに納品できずに音信不通になる人がそれなりの割合でいます。

こぱん
いわゆる「飛ぶ」というやつです^^;

記事執筆を任せていたライターに締め切りを破られたり、突然連絡がつかなくなったりするのは、クライアントや編集者にとって一番迷惑なことです。

そのため、以下のような考えを持っている人は、Webライターには向いていないので、やめておいた方がいいでしょう。

Webライターに向かない考え方

「少しくらい締め切りに遅れても大丈夫でしょ。」

「締め切り間に合わない…。気まずいから連絡しないで放り出しちゃおう。」

こぱん
「締め切りに間に合いそうにありません。どうすればよいでしょうか。」と相談できる人は、大丈夫ですよ^^

向いていない人の特徴②:独りよがりの完璧主義な人

Webライターに向いていない人の特徴2つ目は、独りよがりの完璧主義な人です。

なぜなら、Webライターに求められるのは、完璧な文章ではなく締め切りまでに原稿を書き上げることだからです。

実際、皆さんも文章を書くようになると以下のような考えが思い浮かび、書き上げることの難しさに気づくでしょう。

文章を書く中で思い浮かぶこと
  • 「この文章は、面白くないのではないか?」
  • 「もっと詳しく調べられるのではないか?」
  • 「より分かりやすくするには、どう表現すればいいんだろう?」

しかし、上記のように考え始めるとキリがありませんし、完璧な原稿や完成形の文章は書けなくて当たり前です。

あひるくん
あんなに有名な作家の村上春樹さんですら、まだノーベル文学賞をとっていないもんね。

まだまだ物足りない」「もっと良くしたい」「不安で自信がない」と感じる中で、今のベストを尽くして納期通りに書き上げるのがライターに求められる姿勢なのです。

向いていない人の特徴③:極端に傷つきやすい人

Webライターに向いていない人の特徴3つ目は、極端に傷つきやすい人