はじめに

「お金の増やし方講座」の第二回では、「出ていくお金(支出)を減らす」というテーマでお話します。

お金のなる木を持つための大切な基礎(土)の部分です。

「そんなことより早く投資とかのお金を増やす方法を教えてよ」となってしまったら申し訳ありません。ですが、下の図をみてください。

給与所得の場合は先に税金が引かれてしまうので「収入を1万円あげること」よりも「支出を1万円減らすこと」のほうが効果的です。

その人の所得によって変動はしますが、給料は20%〜30%は社会保険と所得税・住民税で引かれてしまいます。

たとえば、給料をあげて1万円自由に使えるお金を増やそうとすると、1万3千円前後は給料をあげないといけないのです。

であれば、まずは効果も高く、自分ですぐに実行・実感ができる支出を抑えるところからやっていきましょう。

この講座は起業家兼投資家で、リベラルアーツ大学・学長の両さん(@freelife_blog)とのインタビューを元に、ご本人監修で構成・執筆しています。

インタビュアー・ライター 岡田早季(@sakiarise)

動画解説はこちら

3章 感情論はわけて考える

両@学長
お金の増やし方講座で、もっとも大切なことを説明します。

 

さっそく話が逸れてしまいますが、支出を減らすお話をする前に、経済的自由を手に入れる上で絶対に欠かせないことがあります。

 

それは、「感情論」と「お金を増やす」ことはしっかりわけて考える必要があるということです。

 

なぜなら、お金を増やすのに感情論は必要ないからです。「感情」は大切です。しかしお金を増やすなら、大事なのは数字です。

 

一体どういう意味なのかは、講座の要所で補足します。

最重要ポイント
お金を増やすことと感情論はわけて考える

4章 バケツの法則で節約を考える

両@学長
家計の支出を減らすというのは一言でいうと「節約」です。

 

節約というと「ケチくさい」ということを言われる方もいますが、それは単なる感情論です。お金を増やす上でまったく関係のない考え方ですので、そういったイメージは捨てましょう。

 

節約というと「電気をこまめに消す」とか、「節水をする」だったり、「食費をけずる」というところに行きつくご家庭が多いのですが、今回はあえてこれを「まちがっています」とお伝えさせてください。

 

もちろん、食費を削れば支出が減るには違いないのですが、手間がかかるしストレスがたまる割に、そこまで支出を抑えることができません。よほど神経質に徹底しても月々数千円〜1万円が限界でしょう。

 

「経済的な余裕を持つことで人生を豊かにする」ことが目的なのに、日々ストレスを抱えてしまったら本末転倒です。

ポイント
◯ストレスがたまる割に効果の低い節約はやめよう

効率の良い節約をしよう

おかだ
節約=我慢っていうイメージがなんとなく変わってきました!じゃあ、効率の良い節約ってなんだろう?

こちらの図をみてください。お金を水で例えると、お金は毎月家計という名のバケツに入っていきます。

このバケツに空いている穴が支出です。穴にはそれぞれ大きさがあり、電気や水道はちいさい穴です。

あなたはなるべく家計というバケツから水がもれないようにしたいのに、ちいさい穴ばかり塞いでいませんか?

なるべく出ていく水をとめたいなら、大きい穴からふさぐべきです。

では、一般的に大きい穴=大きい支出って何でしょうか?

ポイント
◯小さい支出ではなく、大きい支出から見直すべき

人生で一番お金がかかる買い物

両@学長
大きい支出を抑えるうえで、「人生で一番お金がかかる支出」を知っておくべきです。
人生の高額支出ランキング
  1. 【家】 平均で3000万円+利息1300万 (※35年ローンの例)
  2. 【保険】 平均2000万
  3. 【車】 4000万 (※地域差あり・20歳~70歳まで乗り続けたら)

金額をすべて合計すると、約1億円になります。そしてサラリーマンが一生かけて稼ぎ出す金額は約2億円と言われています。

サラリーマン世帯は、家・保険・車をこの表通りに所有することで、ぎりぎり生活ができるような世の中になっています。

すべて解約してくださいという極論ではありません。「ちゃんと考えて、正しく選ぶ」必要があります。

おかだ
がんばって何十年って働いたお金の半分が消えちゃう…って考えると、「ちゃんと見つめ直してみよう!」っておもえる!

5章 お金を増やす家の買い方を考える

両@学長
「家計バケツ」の大きい穴から塞ぐためには、まずは家から見ていくべきでしょう

 

高額な買い物ランキング第1位の「家を買う」ということについて、頭を一回リセットしてゼロから考えてみましょう。

 

ここで家を買うことについて「マイホームには夢がある」だとか、「マイホームを持つと安心感がある」とか、「マイホームがあると家族の幸福感が高い」のような「感情論」はいったん忘れましょう。

 

なぜなら、この講座をみてくださっている方は、きっと「お金を増やすこと」に興味があるはずだからです。そして、感情論とお金を増やすということは全く別の話だからです。

 

前回の講座「40代日本人の平均資産はマイナス1000万」というデータをお見せしましたが、その一番の原因は「マイホーム」です。つまり、新築の家を買っているからです。

ポイント
◯家は感情論が絡みやすい傾向なので注意
◯負債を抱える一番の原因は「家」

お金が増えない家の購入法

両@学長
まずは「貧乏になる一番の原因」といわれる、新築の家を買った場合の話です。

 

平均的な家の価格が3000万円ですが、新築の家は購入して鍵をあけた瞬間に価値が2〜3割下がります。つまり、2000万の価値しかないものを3000万で購入させられていることになります。

 

よって、家を買った瞬間に1000万ほどの負債を背負うことになります。35年ローンを組めばさらに、1500万ほどの利息が発生します。

 

ふだん、今日は節約のために安い野菜を買おうなんて考えてしっかり家計簿をつけているご家庭ですら、家の話になると1000万単位の借金をするのです。不動産屋さんの磨き上げられたセールストークの成果です。

ポイント
◯新築の家は購入後すぐに価値が2〜3割下がる
◯金額が大きい買い物になると金銭感覚が鈍り、感情論が上回るようになる

同じ金額を払うならマイホームのほうが良い?

両@学長
不動産の営業さんの「魔法のトーク」をきいてみましょう

 

不動産屋さんのセールストークに「賃貸で家賃10万円払うなら、同じ毎月10万の支払いで家が自分のモノになりますよ」という必殺技があります。

 

請求される額面だけ考えれば、たしかにそうかもしれませんがそもそも賃貸物件と新築の購入は前提条件が全く違います。

 

賃貸の物件は引っ越しがしやすいですし、固定資産税もかかりませんし、数十年のローン利息もありません。

 

さらに、新築は買った瞬間に価値が2〜3割落ちると言いましたが、言いかえると「賃貸だったら家賃7万円相当の家に、毎月10万支払わなければならない」ということになってしまうのです。

 

それらを踏まえても「家は資産だ」という意見があります。言葉の定義の話をすれば確かに家は資産ですが、1000万単位の負債を抱えてらっしゃる方が多いのが実際のところです。

 

「資産」という2文字をよく見てください。負債はあなたに資本を産んでくれますか?

ポイント
◯賃貸とマイホームは前提条件が全く違う
◯不動産屋さんすべてが悪ではないが、セールストークは見極める必要がある
◯「資産」と「負債」をよく理解せずに購入するのは危険

お金が増える家の購入方法

おかだ
もしかして、家は持たないほうがいいのでしょうか…?

 

ここまでのお話で、「家は持つな」のような極論に感じてしまったら申し訳ないのですが、そういうわけではありません。

 

たとえば、家を3000万円で買ったとして、それが4000万で売却できるなら間違いなく負債ではなく資産といえます。借金をしてでも購入するべきです。

Economist

しかし、海外では家の価値は上がっていきますが、日本ではほとんどの家は年々下がります。

正確には日本にも価値の上がる物件はありますが、そういった優良物件の情報は富裕層にすべて持っていかれますので、川下の私たちには流れてこないのです。

ほかにも、家を中古で購入し、リフォームをして新築同様にキレイにして住む方もいます。リフォーム費用を考えても、売却時に購入費用を回収できるケースはあります。

このように、家は正しく購入することで立派な資産になるんです。

両@学長
不動産を運用する話は、また後ほどの章でご紹介しますね。
ポイント
◯日本の家は買うとほぼ値下がりする
◯購入価格より高く売却できれば家は資産である

支出を抑える 前編まとめ

3・4章まとめ
◯お金を増やすことと感情論はわけて考える
◯ストレスがたまる割にお金のたまらない節約はやめよう
◯大きい支出からみなおそう
◯高額支出の1位「家」,2位「保険」,3位「車」
5章のまとめ
◯家は感情論が絡みやすい傾向なので注意
◯日本人が負債を抱える一番の原因は「家」
◯新築の家は購入後すぐに価値が2〜3割下がる
◯金額が大きい買い物になると金銭感覚が鈍り、感情論が上回るようになる
◯賃貸とマイホームは前提条件が全く違う
◯日本の家は買うとほぼ値下がりする
◯セールストークを見極める必要がある
◯「資産」と「負債」をよく理解せずに購入するのは危険
◯購入価格より高く売却できれば家は資産である

おかだ
次回は「支出を減らす 後編」です!「保険」と「車」についてや、「通信費」などにも注目していきます!

両@学長
「もう家を新築で買ってしまったけどどうしたらいいの?」という方は、すぐに家を売却しても借金が残りますので、それ以外の部分をがんばって節約して、投資に回すのが懸命です。
おすすめの記事