楽天経済圏に移行して400万円分の資産所得を手に入れよう!

こんにちわ、ももたまです。

リベラルアーツ大学が大切にしている『貯める力』。実は少し工夫するだけで、本来かかる支出自体を抑えて貯蓄にまわすこともできます。

例えば、みなさんが普段から利用している銀行、クレジットカード、スマホ、電気、美容院、書籍購入などのサービス。

これらを楽天のサービスに切り替える(楽天経済圏に移行する)だけで、400万円分もの資産所得を手に入れる方法を知っていますか?

あひるくん
400万円!?

もも
そう。しかも簡単、すぐ出来る、そして確実に効果も出るから本当におすすめ

そこで今回は、

  • 楽天経済圏への移行について
  • 取り組みやすい楽天サービス
  • 取り組むときの注意点

をまとめました。

ももたま
やるかやらないかで大きく差がつくからこそ、できるところからすぐに始めましょう!
スポンサーリンク

お金の勉強動画~楽天経済圏に移行して400万円分の資産所得を得る方法~

▼動画解説はこちらをご覧ください。

楽天経済圏と400万円分の資産所得について

楽天経済圏とは?

楽天経済圏とは『日常生活でできる限り楽天のサービスを使って楽天ポイントを貯める』こと。

うまく使いこなすと、楽天のサービスを使うだけで生活を完結させることもできます。

さらに楽天市場での買い物以外でも、サービスを利用するだけで楽天ポイントが貯まっていくのも魅力です。

たま
年間で約6~10万円分の楽天ポイントを手に入れることが出来ますよ

400万円分の資産所得とは?

あひるくん
うまくやれば約6~10万円分の楽天ポイントが貯まるのは分かったけど、それが400万円分の資産所得なの??

例えば年間10万円の資産所得を得ようと思ったら、配当利回りが3%の高配当株に400万円ほど投資する必要があります。

しかも、毎年50万円ずつ積立投資をしていく場合、8年間という時間も必要です。

もも
一方で楽天経済圏に移行すれば、400万円分の資産所得をすぐに手に入れられる

あひるくん
なるほど、つまりポイントを貯めれば良いんだよね?楽天以外のポイントはダメなの?

楽天以外のポイントがダメということではありませんが、大切なのは時間単価に合うかどうかということです。

アンケートや会員登録でポイントを稼ぐポイントサイトもありますが、時間単価を考えるとおすすめできません。

たま
何時間かけて頑張っても、結局手に入るポイントは数十円ということも多いよね

一方で楽天経済圏への移行は、一度取り組むだけでその後はずっと効果があるものです。

例えば格安SIM。最初に変更手続きは必要ですが、その後は毎月5,000円ずつずっと安くなります。

それに普段から利用しているサービスを楽天サービスに切り替えるだけなので、生活スタイルを大きく変える必要もありません。

あひるくん
少し手間暇をかけるだけで、ずっと効果が続くから時間単価にも見合うということか

さて、楽天経済圏と400万円分の資産所得について分かったところで、次は具体的にどうやって楽天ポイントを貯めていくのかを見ていきましょう。

楽天経済圏のSPU(スーパーポイントアッププログラム)一覧と、8つのおすすめサービス

楽天ポイントを貯めるのに大切なのがSPU

楽天ポイントを効率よく貯めるためにはSPU(スーパーポイントアッププログラム)を活用します。

SPU対象の楽天サービスを利用することで、楽天市場利用時にもらえる楽天ポイントが、購入金額の1%から最大16%まで上がります。

例えば、楽天市場で1,000円の物を購入する場合、楽天カード(SPU対象で倍率は+2倍)を利用すれば

  • 普通に購入した場合
    • 1,000円×1%=10ポイント
  • 楽天カードを利用して購入した場合
    • 1,000円×3%(1%+2%)=30ポイント

たま
同じ商品を購入しても、もらえる楽天ポイントが20ポイントも増えます

2019年11月現在、SPU対象の楽天サービスは全部で15個です。

サービス倍率達成条件
楽天カード+2楽天カード(種類問わず)を利用して楽天市場でお買い物
楽天プレミアムカード
楽天ゴールドカード
+2楽天カード(プレミアム・ゴールド)を利用して楽天市場でお買い物
楽天銀行+楽天カード+1楽天銀行の口座から楽天カードご利用分を引き落とし
楽天の保険+楽天カード+1「楽天の保険」の保険料を楽天カードでお支払い
※ポイントアップ対象はお支払い月の翌月の楽天市場のお買い物
楽天でんき+0.5ご加入&ご利用
楽天証券+1月1回500円以上のポイント投資(投資信託)
※楽天スーパーポイントコースへの設定・再設定が必要
楽天モバイル+2対象サービスの月額基本料をお支払い
楽天トラベル+1対象サービスを月1回5,000円以上ご予約し、対象期間のご利用
※バスのご予約は対象外
楽天市場アプリ+0.5楽天市場アプリでのお買い物
楽天ブックス+0.5月1回1注文1,000円以上お買い物
※クーポン割引後の税込金額
楽天Kobo+0.5電子書籍を月1回1注文1,000円以上お買い物
※クーポン割引後の税込金額
楽天Pasha+0.5トクダネ対象商品の購入&レシート申請で、合計100ポイント以上の獲得
Rakuten Fashion
(旧楽天ブランドアベニュー)
+0.5月1回以上お買い物
楽天TV・NBA Rakuten+1NBA Rakutenもしくは楽天TV「Rakuten パ・リーグ Special」ご加入・契約更新
楽天ビューティ+1月1回3,000円以上ご利用
対象や条件はしっかり確認
SPU対象のサービスや条件は今後変わることがあります。
各サービスへの申込みを行う前に、あらかじめ公式ホームページにて確認しておきましょう。

あひるくん
こんなにいろいろあるのか・・・。何から利用してみたらいいのか分からないな・・・

あひるくんのようにどのサービスから利用すれば良いか悩むときは、リベ大がおすすめする8つの楽天サービスからはじめてみましょう。

①楽天銀行を開設しよう

 

楽天銀行は非常に便利なインターネットバンクで、6つの魅力があります。

  • コンビニATMで24時間365日利用可能
  • ATM手数料0円(最大月7回まで)
  • 他行宛振込手数料0円(最大月3回まで)
  • 楽天ポイントが貯まる!使える!
  • スマホで残高照会や振込等のサービス利用可
  • 楽天銀行ならではの好金利

もも
私達も利用していますがコンビニATMが無料で使えることは本当に助かります

楽天銀行の口座開設はWebから簡単にできますが、カードの発行については1点注意が必要です。

キャッシュカード発行の注意点

楽天銀行カードと楽天カードは同色の発行ができません。リベ大のおすすめは以下の組み合わせです。
  • 楽天銀行カード:デビット付キャッシュカード(※クレジットカード機能を付けない)
  • 楽天カード:楽天ゴールドカード(※ゴールドカードの理由はこの後説明します)

 

 

②楽天カードを申し込もう

 

楽天カードは支払い金額に応じて楽天ポイントを貯めることができるクレジットカードです。

カードの種類がいろいろありますが、おすすめは楽天ゴールドカード

年会費が2,200円(税込)かかりますが、年間10万円以上楽天市場でお買い物をするなら十分元が取れますよ。

あひるくん
毎月1万円くらい物を買うから僕もゴールドが良いね

楽天経済圏への移行ポイント

  • 楽天カードを使って楽天で買い物:+2倍
  • 楽天ゴールドカードを使う:+2倍
  • 楽天銀行を引き落とし口座にする:+2倍

 

 

③楽天でんきを申し込もう

 

楽天でんき(楽天エナジー)に電気の契約を切り替えるだけで楽天ポイントを貯める、利用することができます。

基本料金が0円のため、電気料金が安くなる可能性があるだけでなく、他にも4つの魅力があります。

  • 電気料金200円ごとに1ポイント貯まる
  • 楽天カードで支払えば100円ごとに1ポイント貯まる
  • 電気料金の支払いに楽天ポイントが使える
  • 切り替えは無料で、Webで簡単にできる

たま
私達も切り替えましたが、本当にWebから申し込むだけで簡単でしたよ

楽天経済圏への移行ポイント

楽天でんきを契約&利用:+0.5倍

 

 

④楽天モバイルを契約しよう

 

楽天モバイルは料金が安いだけでなく、その他のサービスも魅力的でおすすめの格安SIMです。

毎月の支払いを楽天カードで支払うことでポイントを貯められるだけでなく、楽天ポイントで支払いできることも魅力です。

もも
格安SIMで迷っているなら、下記の記事を参考にしてすぐに乗り換えましょう

楽天経済圏への移行ポイント

楽天モバイルを契約&利用:+2倍

 

 

⑤楽天証券で積立投資をしよう

 

楽天証券で投資信託を購入しましょう。また、積立NISAの購入もSPU対象になりますよ。

たま
楽天VTや楽天VTIへの投資で利用している方も多いかもしれませんね

もも
まだ投資をしたことがないという初心者の人は、まずは下記の動画を見ることから始めましょう

第2回 初心者にオススメの投資の最適解を解説【お金の勉強 初級編】

楽天経済圏への移行ポイント

月1回500円以上のポイント投信(投資信託):+1倍
※楽天スーパーポイントコースへの設定が必要。詳細な手順は楽天証券のQ&Aにあります。

 

 

⑥楽天ブックス・楽天Koboを利用しよう

 

楽天ブックスでは本、雑誌だけでなくDVDやゲームも購入できます。また、楽天Koboでは電子書籍を販売しています。

購入予定の書籍などがあれば楽天ブックス、楽天Koboで購入してみましょう。

あひるくん
ちょうどリベ大おすすめの書籍を買うところだったから、楽天ブックスで買おうっと

楽天経済圏への移行ポイント

  • 楽天ブックスで月1回1注文1,000円以上お買い物:+1倍
  • 楽天Koboで電子書籍を月1回1注文1,000円以上お買い物:+1倍

 

 

⑦楽天ビューティーを利用しよう

 

楽天ビューティーでは美容院・美容室の検索と予約ができます。独自のクーポンだけでなく、ポイント還元キャンペーンなども多く行われているのが魅力。

利用することで楽天ポイントを貯められるだけでなく、予約時に楽天ポイントを利用することもできます。

たま
掲載店舗の数も多いので、次回利用するとき楽天ビューティーで探してみましょう

もも
女性に限らず、男性でも利用できる店舗がかなり多いのは嬉しいですね

楽天経済圏への移行ポイント

楽天ビューティーで1回3,000円(税込)以上のネット予約・施術完了:+1倍

 

 

⑧時々、ふるさと納税やセール時に買い物をしよう

 

楽天市場では定期・不定期でいろいろなキャンペーン・セールを行っています。例えば、

  • 楽天イーグルス、ヴィッセル神戸、FCバルセロナが勝利した翌日:最大+3倍
  • お買い物マラソン、楽天スーパーSALE:最大+28倍
  • 5の倍数の日に楽天カード決済で:+2倍

たま
このタイミングでふるさと納税や買い物をすれば年間6万ポイントは貯めることができますよ

楽天経済圏への移行における2つの注意点

普段利用しないサービスまで無理に使わない

SPU対象のサービスには他にもいろいろあります。例えば

  • Rakuten Fashion(旧楽天ブランドアベニュー):+0.5倍
  • 楽天TV・NBA Rakuten:+1倍

あひるくん
よし!全部のサービスを利用して最大16倍だ!

もも
ちょっとまって。あひるくんは普段から映画とかNBAを見ているの?

あひるくん
え?見てないよ?むしろあまり見ないけど・・・

最大16%までと言われると、あひるくんのようについ力を入れすぎて100点を取ろうと頑張ってしまう人も多くいます。

ただ、100点を目指そうとすると、どうしても時間もかかり、時間単価も悪くなっていきます。

さらに必要のないサービスまで取り組むことになると、無駄な支出ともなり本末転倒です。

たま
まずは自分が利用しているサービスから見直すことが大切だね

取り組んでいる人と取り組んでいない人の差は大きいですが、取り組んでいる人との間に大きな差は出ませんからね。

手に入れたSPUポイントはどんどん使おう

楽天経済圏に移行して手に入ったSPUポイントはどんどん使っていきましょう。

ポイントはたくさん貯めることができますが、いくら貯めてもポイントに利息がつくわけではありません。

つまり、ポイントを貯め続けていくことは金利ゼロの預金をし続けているようなものです。

さらに、SPUポイントの有効期限は45日間で、通常の楽天ポイントの有効期限(1年間)と比べるとかなり短いです。

あひるくん
え?じゃあ手に入れたポイントで、すぐに何か買わないと!

たま
あひるくん、楽天モバイル・楽天でんきを活用すれば大丈夫だよ

楽天モバイル、楽天でんきでは支払いに楽天ポイントを利用することができます。

無理に買い物をしなくても、毎月の支払いで楽天ポイントをどんどん使うことが出来ますよ。

さらに、SPUポイントはもちろん、キャンペーンで手に入る期間限定ポイントも利用できるので無駄がありません。

楽天ポイントをたくさん貯めることでスマホ代を0円にしたり、電気料金を安くすることができるのも、楽天経済圏の魅力なのです。

もも
ポイントはどんどん使って、そのぶん余った現金を投資に回して運用していきましょう

まとめ:楽天経済圏へ移行して400万円分の資産所得を手に入れよう!

▼図解で簡単に分かる楽天経済圏

 

楽天経済圏への移行はポイントサイトでポイントを稼ぐこととは違い、時間単価にも見合うやる価値のある取り組みです。

毎月5,000円以上、年間で10万円の楽天ポイントを貯めることも可能です。

つまり、年間10万円の資産所得が得られる、『400万円分の利回り3%の高配当株』に相当する資産とも言えますね。

ももたま
やれば確実に効果が出るからこそ、やるかやらないかで大きく差がつきますよ!

やっている人との間には大差はつかないので、100点ではなく、まずは70~80点を目指してみましょう。

あひるくん
よし!僕も普段利用しているサービスから早速取り組んでみるよ!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事