はじめに

あひるくん
貯金とかまったくしてないけど、急なケガとか病気に備えて生命保険でも入っておこうかなぁ…。

おかだ
あひるくん、生命保険に加入する前に本当に必要かどうかを確かめてみようよ!

あひるくん
え?生命保険って入らないとダメなんじゃないの?みんな入ってるよ?

おかだ
そう思うよね!でもまずは、みんなが入っている健康保険(社会保険・国民健康保険)の内容を知ってからでも遅くないよ!

 

普段から健康に気をつけていたとしても、病は突然やってきます。大きな病気やケガをして、医療費が高額になってしまったときはどうすればいいのでしょうか。

突然訪れるかもしれない「もしも」に備えて、補助金制度を学んでいきましょう!

この記事を読むと
突然の病気やケガでこまったときの「高額療養費制度」についてと、保険について学べます。

医療費の自己負担額

健康保険加入者の自己負担は3割

あひるくん
そもそも病院の窓口で保険証を見せるのってなんの意味があるの?

おかだ
あれは、健康保険にちゃんと加入しているか確認してるんだよ。

 

ざっくりとですが、会社に勤めている人は社会保険、個人事業主や会社勤めではない人は国民健康保険に加入していると思います。

これらの医療保険に加入していることで、医療費の自己負担額が1〜3割で済んでいます

普段、病院で治療を受けたり、処方された薬を受け取ったりするときにかかる医療費のほとんどが保険で補われています。

医療費が高額になればなるほど自己負担金もつられて高額になってしまいます。

たとえば、交通事故や急病で手術1ヶ月間の入院が必要になり、仮に医療費が100万円かかってしまった場合をみてみましょう。

医療費が100万円の場合、30万円が自己負担額となります。

高額になってしまった自己負担額を全て支払わなければならない場合、人によっては貯金では足りないという場合もでてくると思います。

それに、病気はすぐ治るとは限りません。高額な医療費が数ヶ月続いてしまう可能性もあります。

あひるくん
いきなり30万円の治療費とか払えないよ!貯金もないし、そんなことになったら大変だ…!

おかだ
そこで活用するべきなのが、高額療養費制度だよ!

世界でもトップクラスに充実した日本の高額医療費制度

高額療養費制度とは、1カ月の医療費(自己負担分)が一定の額を超えた場合、超えた分のお金が健康保険から戻ってくる制度です。つまり、一定限度以上の自己負担を軽くすることができます。

どのくらいお金が戻ってくるの?

手術や入院などで、100万円の医療費がかかってしまった場合をもう一度みてみましょう。

自己負担限度額は年齢や所得に応じて人それぞれ異なりますが、一般的な所得の会社員であれば自己負担限度額は約9万円です。なので、高額療養費制度を申請すれば21万円が払い戻されます。

あひるくん
すごい!30万円の自己負担が9万円まで抑えられるんだね…!申請しなきゃ損だ!

おかだ
自己負担限度額は所得や年齢で変わるので、↓の表をみてみてね!(※70歳未満)
標準報酬月額(所得) 自己負担限度額
83万円以上 252,600円+(総医療費-842,000円)×1%
53万円〜79万円 167,400円+(総医療費-558,000円)×1%
28万円〜50万円 80,100円+(総医療費-267,000円)×1%
26万円以下 57,600円
市区町村民税の非課税者など 35,400円

高額療養費制度を利用する際の注意点

注意点① 多数該当

直近12ヶ月で3回以上、自己負担限度額を超えていると4回目からは「多数該当」として自己負担額が低くなってしまいます。多数該当に当てはまる人は、全国健康保険協会のホームページを確認してください。

 

注意点② 医療費の計算は月単位

月をまたいでの医療費の合算はできません。1ヶ月とは、各月の1日〜末日までを意味します。

なので、7月10日〜8月20日の合計の入院費が限度額を越していたとしても、各月の入院費が限度額を超えていなければ高額療養費の対象とはなりません。

限度額認定証について

あひるくん
すごく充実していて、負担が少なくなるのはわかった!でも、申請したあとで戻ってくるとはいえ、先に一度で30万円も支払えないよ…。

おかだ
そんな時は、治療費を払う前に申請する制度があるよ!

事前に「限度額認定証」を病院に提出しておくことで、自己負担限度額までの支払いで済みます。

急な入院や手術の場合には、事前に申請することが難しいかもしれませんが、医療費が高額になりそうだと予想できる時は先に認定証を受け取っておきましょう。

申請の仕方や手続きについては、それぞれ加入している健康保険組合や市役所にお問い合わせください。

ポイント
◯自己負担限度額を超えた分が、後から払い戻しされるのが「高額療養費制度」
◯事前に申請して「限度額認定証」を医療機関に提出することで、払い戻しではなく限度額までの支払いで済む

あひるくん
すごいな〜、これって日本にいる限りは、急な病気でも安心じゃん!

おかだ
そうなの!日本の健康保険ってすごいんだよ!

民間の保険に加入する必要性

あひるくん
それにしても、高額療養費制度を使えば負担はすっごく少なくすむのに、なんで生命保険やがん保険に入るんだろう?

おかだ
民間の保険の加入者って、日本人は得に多いんだよね!

心理学では「不安なことに人間はお金を払う」とされています。みなさんも、不安だから保険に加入しているはずです。

実際、CMなどでは数字のマジックを使って不安を煽ります。しかし、怖いのは不安なことに対して知識が足りないから。正しく知れば怖くありません。

両@学長
毎月、高額な保険料を保険会社に支払う前に、本当に必要かどうかをしっかり見極めましょうね。

保険はギャンブル

生命保険を契約する前に、「どれくらいの確率で、何歳のときに自分が死ぬか」を考えたことがありますか?

日本人の30歳生存率は98.9%です。これが40歳になると98.2%に減っています。つまり30歳~40歳の間に死亡する確率は0.7%です。

あひるくん
こうやって数字で見てみると、すごい低い確率なんだね…。

この0.7%のギャンブルに勝てば1000万円もらえます。というのが、生命保険のしくみの例です。

しかも0.7%の賭けに勝ったとしても、もらえる金額は競馬なんかじゃ比にならないくらい低い倍率の金額なのです。

おかだ
そもそも保険というしくみの原点もギャンブルでした。「安心料」という実態のないものにお金を払うのはもったいないです!

がん保険は本当に必要?

あひるくん
生命保険のことはわかったよ。でも、がん保険は必要なんじゃない?CMで国民の50%はがんになる!って言っているしさ〜

「国民の2人に1人はがんになる時代」と言っていますよね。たしかに、なります。しかしそれは「最終的に年齢を重ねればがんになる」という意味で、今すぐ5割の確率でなるわけではありません。

 

現在年齢別がん死亡リスクの表↓

国立がん研究センター(男性例)

「国民の2人に1人はがんになる時代」とは、「がんになる確率」なので「がんで死ぬ確率」ではありません。

しかも、20代のがんになる確率0.1%以下、30代は0.1%です。がん保険とはつまり、がん保険は0.1%以下の確率に賭けて高額なお金を払う商品というです。

おかだ
この実態を理解した上で、それでも必要と感じた場合に加入すべきです!

あひるくん
なんだか、いらない気がしてきたよ…

将来お金が返ってくる保険が最も不要

あひるくん
よくわからないけど、将来お金が返ってくる〜っていう保険も聞いたことあるよ。それなら入ってもいいんじゃない?

おかだ
よくわからないけど、で契約をするのは危険だよ!じゃあ、お金が返ってくるってどういうことか見てみよう!

保険は大きくカテゴリ分けすると「生命保険」「損害保険」「その他保険」に分けられます。

保険の種類が多く、複雑な理由にはこれらの保険に「投資信託」がセットになっている商品があるからです。

この投資信託がセットになっている保険が「つみたてたお金が、将来かえってきます」というセールストークで売られる商品です。

(※投資信託はあくまで一例で、公社債などで運用されているが今回はわかりやすさ重視で「投資信託」で統一します。)

あひるくん
へ〜、でも投資も一緒にやってくれるならいいんじゃない?

おかだ
これがまずいんです。理由は、とっても高い手数料をとられるからです。

投資信託は自分でやるべき

両@学長
「投資信託」とは、あなたのお金を、資産運用のプロが代わりに株式や債券などに投資して、それによって出た利益をもらえるしくみですよ。

積立保険は、投資信託が抱き合わせで販売されている保険です。

投資信託を買いたければ保険会社に任せてはいけません。非常に高い手数料を取られてしまうからです。

保険の営業マンの「保険会社を通じてしか買えない商品もある」というセールストークもあります。しかしそういった商品は手数料が高いです。

もっと良い投資信託が、高い手数料をとられずに自分で買えます。そして、それは初心者の方が知識ゼロでもはじめることができます。

なので、掛け捨て保険以外はすべてやめて、「掛け捨て保険の中から入るべき保険を探す」という方法がお金を増やすには一番効率的です。

おかだ
つまり、積み立てのがん保険にはいるくらいなら、そのお金を普通に投資に回したほうが圧倒的に良いってことだね!

あひるくん
別にがん保険に入っても、がんになったらお金がもらえるだけで、がんが治るわけじゃないしね〜。そう考えたらいらないや。
ポイント
◯保険会社を通じて投資信託を買うと高額な手数料をとられる
◯投資信託は知識ゼロの初心者でもできるので講座にお付き合いください

まとめ

おかだ
今回の記事のまとめだよ!
まとめ
◯日本の健康保険と高額療養費制度はとても充実している
◯生命保険は勝つ確率がすごく低いギャンブル
◯がん保険にはいるくらいならそのお金を投資に回す

あひるくん
すでに充実した医療制度があるのに、あえて高いお金を払ってギャンブルをしようとは思えなくなったよ!

保険を見直したいあなたへ

あひるくん
ちなみに、この保険は入ったほうがいいよ!っていうのはある?

おかだ
もちろん!こちらの記事では、「入るべき保険」「入っちゃいけない保険」についてより詳しく紹介しているから、いま保険に入っていて見直したい方は必見です!

保険の支出を抑えたらどうすればいい?

あひるくん
保険で毎月払うつもりだったお金…貯金しようと思ってたんだけど、もっと良い方法はないかなあ?

おかだ
この記事でも少し紹介した「投資信託」を、知識ゼロ・貯金ゼロのひとでも挑戦できる記事を見てみてね!がん保険にはいるより、よっぽど効率的にお金を備えることができますよ

お金の知識をつけたいあなたに

あひるくん
なんだか、自分がいろんなお金のことで損をしてそうで怖くなってきたよ…

おかだ
お金のことって、学校でも教えてくれないしわからないですよね。これから学びたい人向けの「貯金ゼロからはじめるお金の増やし方講座」もあるから、見てみてね!
おすすめの記事