日本人の預金1000兆円が残念すぎる3つの理由を解説

こんにちは、こぱんです!

リベ大では、お金にまつわる5つの力について発信しています。

▼図解:お金にまつわる5つの力

こぱん
あひるくん知ってた?日本人は世界的に見て、かなりの「お金持ち」なんだよ!

あひるくん
え、そうなんだ!でもそんなイメージないなぁ~

2018年時点で、日本の家計資産は約1,800兆円と世界第3位の水準でした。

さらに2019年には、家計金融資産は約1,900兆円にまで増加し、過去最高を記録しています。

そして、金融資産約1,900兆円のうち、約53%にあたる1,000兆円は「現金・預金」です。

こぱん
日本人は「貯金」が大好きですね。

リベ大では、このお金の大半が「死に金」になっていると考えています。

そして、その理由は3つあると考えています。

現金・預金が死に金になっていると考える3つの理由
  • 理由①:貯めこんでも幸福になれない
  • 理由②:社会を良くすることができない
  • 理由③:価値が増えない・減っていく

    間違ったところにハシゴをかけると、ただ間違ったゴールに向かって突き進むだけです。

    幸福になるために、正しいところにハシゴをかけて登りましょう。

    こぱん
    「貯金さえ増えれば、幸せになれる」という幻想を抱いている人は、お金の価値観を見直してみてください^^
    スポンサーリンク

    解説動画:【お金を牢屋へ】日本人の預金1,000兆円が残念すぎる3つの理由【良いお金の使い方】

    このブログの内容は下記の動画でも解説しています!

    理由①:貯めこんでも幸福にはなれない

    不幸なサラリーマン

    お金は貯めこんでも幸福にはなれません。

    お金は「欲しい物」と交換して、初めて「価値」が生まれます。

     

    貯金額そのものは

    • いざという時の備え
    • 精神的な安心

    以上の意味はありません。

    もちろん、この2つを軽視しているわけではないですが、死ぬまで永遠に貯金のままでは「無意味」と思うのも事実です。

    この数十年、日本人の貯金額は右肩上がりでした。

    日本人の貯蓄額
    • 1979年:約400兆円
    • 2019年:約1900兆円

      あひるくん
      40年で約5倍になってる!(笑)

      お金をたっぷりと貯めこんでいる一方で、最新の「世界幸福度ランキング」によると日本の幸福度は、153位中62位という結果です。

      ここ数年で46位から62位と、どんどん順位を落としています。

      「貯金が増えても、年収が減っていったら幸福度も下がるのでは?」という意見もあると思います。

      ですが、日本政府・内閣の調査によると「一人当たりGDP」が増えていた時期ですら、幸福度・生活満足度が全然上がっていませんでした。

      グラフを見ると、一人当たりのGDPが1978年から2011年で2倍になっているにもかかわらず、生活満足度と幸福度は、ほとんど変わっていないことがわかります。

      • 1人当たりGDP(点線):上昇
      • 生活満足度(赤線):横ばい
      • 幸福度(青線):横ばい

        「貯金さえ貯まれば幸せになれる」という幻想を、心理学の世界では、フォーカシング・イリュージョンと言います。

        あひるくん
        必殺技みたいで、なんかカッコイイ!(笑)

        こぱん
        フォーカシング・イリュージョンは「間違ったところに焦点を当ててしまう」という意味だよ^^;

        実際に幸福度を上げるには、お金以外にも重要な要素があります。

        幸福度に関わるお金以外の要素
        • 自己肯定感が強い
        • 健康状態が良い
        • 自由な時間がある
        • 社会との繋がりが強い

        日本では「貯金を増やし続ければ幸福になれる」という幻想が、根強すぎると感じます。

        現状、日本にある貯金の83%以上を50代以上が保有しています。

        こぱん
        あひるくん、もし「貯金し続けてきた50代以上の人たち」の幸福度がそれほど高くないとしたら、どうする?

        あひるくん
        本当に「人生をかけて貯金し続ける」ことに意味があるのか考えさせられるね…

        理由②:社会を良くすることもできない

        大都市

        お金を貯めこんでも、社会を良くすることができません。

        皆さんの預金は、銀行のビジネスの原資になります。

        銀行がそのお金(=預金)を企業融資に活用できれば、経済が回るのでまだ良いです。

        企業融資ができているなら、預金によって経済が回っている状態と言えます。

        しかし、コロナによる融資拡大をさておき、最近の銀行は借り手が見つからなくて困ってる傾向にあります。

        あひるくん
        お金の流れが止まっちゃっているんだね…

        こぱん
        「どうせ使わない」「一生、通帳の残高として印字されてる」だけなら、どこかに寄付した方が活用できると感じます^^;

        もし貯金そのものを寄付することに抵抗感があるのなら、貯金のうち半額を投資に回して、運用益を寄付するのも一興です。

        1. 約1000兆円の貯金の50%(=500兆円)を資産運用に回して
        2. 年利3%で運用して
        3. 約15兆円の運用益を作って
        4. 運用益を毎年寄付する
          2019年度の国家予算

          (出典:財務省

          日本の国家予算は約100兆円なので、15兆円が非常に大きな金額だということが分かりますよね。

          15兆円という金額は、日本の法人税の税収12.9兆円より多いのです。

          こぱん
          これだけのお金を生み出せる原資が、個人の貯金として死に金になっています^^;

          本来、国には国民から税金を集めて、社会に再分配するという機能があります。

          とはいえ、この再分配も決して完璧ではありません。

          声の小さい人達のところには、どうしてもお金が届きにくい仕組みになってしまいます。

          一方、民間で新しいビジネスを起こす場合は、投資家にリターンを約束できないと出資してもらえません。

          収益が見込める商売でなければお金が集まらず、黒字になるビジネスじゃなければ長期的に生存もできません。

          国任せ:かゆいところに手が届かない

          民間任せ:利益の出るビジネスにしかお金が集まらない

          あひるくん
          どっちにしろお金が流れない部分ができちゃうんだね…

          こぱん
          この部分を「個人の寄付で埋められたら…」と考えた結果、貯蓄を運用して寄付する発想になったわけですね。

          1,000兆円の預金のうち50%の500兆円を3%で運用して

          運用益の15兆円を

          個人が個人の価値観で

          好きなところに寄付する

          この寄付によって、様々な分野が劇的に発展するのではないでしょうか。

          • 文化(美術、音楽等)
          • 教育
          • 研究
          • スポーツ etc…

            ちなみに世界で一番高額な建造物は、メッカにあるイスラム教の礼拝堂「マスジド・ハラーム」で、建設費はなんと約10兆円だそうです。

            あひるくん
            じゃあ日本人全員の貯金が運用に回れば、日本で世界最高金額の建造物が作れるかもしれないねっ!

            こぱん
            15兆円という金額の大きさがわかるよね^^

            もちろんこれは、ただの「思考実験」に過ぎず、社会を変えるための政策提案であったり、ビジネスの話ではありません。

            リベ大の両学長も、個人として寄付をしているそうですので「あなたが寄付すれば良いのでは?」というツッコミもご容赦くださいね(笑)

            こぱん
            ここで伝えたいメッセージは、「年間15兆円を生み出せる原資が、死に金となって眠っている」ということです^^

            他人のためにお金を使うと「愛情ホルモン」と呼ばれるオキシトシンが脳内で分泌されるそうです。

            オキシトシンは人と触れ合ったり、赤ちゃんを抱いたりすることでも分泌されるのですが、このオキシトシンが幸福を感じる源泉の1つになっているのです。

            ちなみに、一気にお金を稼いだ時に感じるのは、幸福感ではなくドーパミンによる「興奮」です。

            すぐに過ぎ去る「興奮」

            長く継続する「幸福感」

            この2つは、混同してはいけません。

            幸福になるために「他人のためにお金を使う」というのは、科学的な裏付けのある行為なのです。

            ▼図解:人生の満足度が上がる!プレゼント用口座

            理由③:価値が増えない・減っていく

            資産減少

            お金を貯めこんでも、お金の価値は増えません。

            むしろ増えないどころか、インフレにより自然に減っていきます。

            ▼図解:インフレとデフレ

             

            先ほど「貯金を人のために使うのもアリ」という話をしました。

            しかし、もし使わない(=自分のためにとっておく)選択をするなら、貯金ではなく「増やすこと・減らさないこと」も考慮すべきです。

            日本の預貯金の利息は、ご存知の通り非常に低いです。

            普通預金の金利は

            • 三菱UFJ銀行:0.001%
            • みずほ銀行:0.001%
            • 三井住友銀行:0.001%

            という具合です。

            ですが「運用」という選択肢を取ると、とたんに利回りが激変します。

            もちろんその分リスクも高くなりますが、リスクの高い株式だけではなく、比較的堅めの債券を入れても、3.0%程度の利回りは現実的です。

            元本割れリスクがあるので、1,000兆円の預金すべてを

            S&P500に入れて7%で運用しよう

            全世界株式に入れて5%で運用しよう

            などとは言いません。

            そもそも生活防衛資金は必要であり、さらに資産全体の安全度をあげるために、無リスクの円預金をさらに組み込むのは、資産管理上意味があります。

            リベ大で繰り返し伝えていますが、資産運用すれば100%必ず儲かるとは言いません。

            とはいえ、お金の本質的な価値を忘れ、ただひたすら貯め込むことについては、明確に反対します。

            「金は天下の回り者」です。

            滞留させずに流して、初めて価値が生まれます。

            さらに、人類の歴史は長い目でみればインフレの歴史です。

            物価は基本的に、上昇していく傾向にあるのです。

            例えば、日本の戦後の消費者物価指数はどんどん上がりました。

            消費者物価指数推移(1950年~2017年)

            (Yahoo!ニュース「戦後からの消費者物価の動向をさぐる」より抜粋)

            あひるくん
            「昔は1円が大金だった」なんて話を聞いたことあるよ!

            最近続いていたデフレはどちらかというと例外で、時間が経つと物価は上がります。

            お金を放っておくと、気づけば価値が減っていくのが基本的な状態です。

            こぱん
            まさに、お金を閉じ込めて死なせてしまっていますね^^;

            まとめ:「貯める」だけでは幸福にはなれない

            心が満たされておらず幸福でない状態

            1,000兆円の預金が「死に金」になる理由は3つです。

            預金が死に金になっていると考える3つの理由
            • 理由①:貯めこんでも幸福になれない
            • 理由②:社会を良くすることができない
            • 理由③:価値が増えない・減っていく

              自分を幸福にすることもなく

              他人を幸福にすることもなく

              価値が増えないどころか、減っていく

              まさに、死に金です。

              これでは、何のためにお金を稼いだのかわかりません。

              「貯金さえあれば幸福になれる」というのは「フォーカシング・イリュージョン」の罠に陥っています。

              あひるくん
              でも、どう考えれば良いのかわからないよ…

              こぱん
              リベ大の答えは「お金にまつわる5つの力を育てれば幸福になれる」というものだよ^^

              お金にまつわる5つの力の中には

              • 健康
              • 社会との繋がり
              • 自由
              • 時間

              など、お金以外の要素も結果的に含まれています。

              お金にまつわる5つの力を鍛えていくことで、お金以外の幸福の要素も身に付けていけるのです。

              お金にまつわる5つの力

               

              生活の満足度を下げずに「貯めて」自由の土台を作る

              健康で、スキルを活かして「稼いで」社会に貢献する

              賢く「増やして」時間を買う

              堅実に「守って」生活そのものを維持する

              上手に「使って」自分らしく生きる

              こぱん
              ひたすらに年収・資産を増やす「だけ」ではなく、5つの力をバランス良く育てて、自由で幸福な人生を歩みましょう^^

              「貯めるだけ」では、人生の幸福は得られません。

              同様に「稼ぐ力だけ」でも「守る力だけ」でも人生の幸福は得られないでしょう。

              大切なのは「お金にまつわる5つの力」をバランスよく育てることです。

              死ぬときに一番の金持ちになっても、やり残したことや後悔が残ります。

              そんな人生にならないように、しっかり学んで豊かな人生を生きられるようになりましょう。

              以上、こぱんでした!

              「お金にまつわる5つの力」を身に付けて豊かな人生を送りたい方はオンラインコミュニティ「リベラルアーツシティ」をご活用ください♪

              個人事業主・経営者チャットもありますので、会社設立に関してわからないことがあれば、先輩方に質問してみましょう^^

              みんなでつくるリベ大コミュニティリベシティ

              「リベラルアーツ大学」が待望の書籍になります!

              自由へと一歩近付くための「お金にまつわる5つの力」の基本をまとめた一冊です!

              こぱん
              【貯める・稼ぐ・増やす・守る・使う】力を一緒に学びませんか?^^
              ¥1,540 (2020/09/19 00:48:28時点 Amazon調べ-詳細)

              ▼「豊かな人生を送りたい!」という人に読んでほしい記事がこちら!

              スポンサーリンク

              Twitterでフォローしよう

              おすすめの記事