【資産5,000万円達成へ】2023年両学長がやりたいこと5選&皆にやってほしいこと1選

こぱん
新年、あけましておめでとうございます。

おかげ様で2022年は、リベ大YouTubeチャンネルの登録者数が220万人に到達し、動画の総再生回数も5.7億回を突破しました。

リベ大について、非常に多くの人に関心を持ってもらうことができました。

書籍「お金の大学」も相変わらず売れ続けており、「紙 + 電子」の合計販売部数は126万部を突破しています。

あひるくん
126万部!すごい数字だね!

多くの人が、「何もしなかった時より」収入・資産が増え、経済的基盤が強くなり、自由な生活に一歩近づいている状況でしょう。

リベ大の情報発信が、皆さんの資産形成に少しでも役に立っていると考えると、とても嬉しいです。

これからも一生懸命良いコンテンツを作るので、ぜひ今年もよろしくお願いします。

さて、今回の記事は「2023年の年始特別企画」です。

記事の目次は、以下通りです。

今回の記事で分かること

リベ大の情報発信の目的

2023年 両学長がやりたいこと5選

2023年 皆さんにやってほしい「ただ1つのこと」

このブログやYouTubeなど、リベ大の情報発信を見てくれると、皆さんはどうなるのか?

今年、リベ大両学長は何をやりたいのか?そして、なぜそれをやりたいのか?

両学長が、今年皆さんに「これだけはやって欲しい」と思うことは何なのか?

こぱん
ぜひ肩の力を抜いてお楽しみください。

以下の図解を見てから記事を読み進めると理解しやすくなるので、参考にしてください。

▼図解:2023年 みんなへの宿題

スポンサーリンク

解説動画:【資産5,000万円到達のために】2023年学長がやりたいこと5選&皆にやって欲しい「ただ1つ」のこと

このブログの内容は以下の動画でも解説しています!

リベ大の情報発信の目的

2023年最初ということで、改めてリベ大の情報発信の目的をお伝えします。

昨年、一昨年も同じようにお伝えしていますが、とても重要なので何度も伝えます。

リベ大で情報発信をする目的は、リベ大で学ぶ皆さん全員を、日本で上位約8%の資産5,000万円超の小金持ちにすることです。

こぱん
これに尽きます。

なぜ小金持ちになって欲しいのかというと、「お金は自由の土台」だからです。

「お金なくして自由なし」です。

お金があるからこそ、お金のことで悩まずに、自分らしく自由な人生を送れるようになります。

皆さんが共感するかしないかはさておき、お金の世界では次のように言われています。

  • アメリカや日本のような先進国で生まれた人は、それだけでラッキー。
  • 正しいお金の知識がありさえすれば、誰でも億万長者になれる。

このように聞くと、「それは投資インフルエンサーのポジショントークだ。本当に誰でも億万長者になれるなら、世の中お金持ちだらけだよ…。」と言いたくなる人もいるでしょう。

しかし、数字でしっかり考えると、可能なことが分かります。

国税庁の統計によると、日本の給与所得者の平均年収は約440万円です。
(参考:国税庁「令和3年分 民間給与実態統計調査」)

これは令和3年時点で、5,270万人の男女を対象とした平均年収です。

こぱん
手取りにすると、約360万円になります。

一方総務省の統計(下図参照)によると、単身者世帯の住居費を除く生活費は、平均約13万円となっています。

(出典:総務省「総世帯及び単身世帯の家計収支」)

仮に家賃7万円のところに住むと、生活費の合計は20万円になるので、年間ではおよそ240万円の金額が必要です。

手取り年収が360万円で、生活費が年間240万円の人は、差し引き年間120万円(月10万円)を投資に回せると考えます。

22歳で就職し、月10万円を投資に回し、38年間年利5%で運用すると、下図のように60歳時点での総資産は1.3億円を超えます。

(出典:楽天証券「積立かんたんシミュレーション」)

あひるくん
こんなに増えるの!?

こぱん
資産1億円超え、いわゆる億万長者(ミリオネア)になってしまいました。

このようなことをお伝えすると、色々な意見を頂きます。

色々な意見

「女性は、男性と同じようには稼げない!」

「結婚して子どもが生まれたら、そうはいかない!」

「年収を”中央値”で見たら、そうはいかない!」

「年利5%で運用し続けるなんて、そう簡単にはいかない!」

 「もうとっくに40代50代。こう簡単にはいかない!」

こぱん
それぞれの人の気持ちは、良く分かります。

当然、置かれている環境は人それぞれです。

どうしても、何かを前向きにやるのは難しいという人もいるでしょう。

しかし以下のように、やれない理由を探すよりも「やれる理由」を探した方が絶対に良いです。

「やれる理由」の例

「子育てにお金がかかるなら、副業などでプラスアルファ分を稼げば良い!」

「自分の年収が”平均年収”に足りないなら、転職や副業で平均年収を目指せば良い!」

「年利5%で運用できないと思うなら、過去100年の統計データを確認すれば良い!」
→ 運用利回り5%というのは、歴史が証明している「誰でも」狙える数字。

「40代50代でも、”働く期間”や”運用期間”を伸ばせば良い!」
→ もはや人生100年時代で、残された時間は皆さんが思うよりはるかに長い。70歳でミリオネアに到達しても、あと20年~30年楽しめるかもしれない。

やれない理由もいくらでもありますが、やれる理由もいくらでもあります。

要は、どちらの人生を選びますか?という話です。

あひるくん
やれる理由を探した方が良さそうだね。

皆さんに資産5,000万円超の小金持ちになってもらうために、リベ大では、コンテンツの軸をギュっと絞っています。

 リベ大コンテンツの軸
今よりも、生活費を月5万円下げてもらう。
→ 生活の満足度を下げずに!

 今よりも、収入を月5万円増やしてもらう。
→ 自分の個性に合うあらゆる方法で!

浮いた10万円を、年利5%で運用し続けてもらう。
→ インデックス投資や高配当株投資で!

上記について、できる限り再現性の高い方法でやってもらいたいと考えています。

あらゆるリベ大コンテンツのコアは、ここにあるというワケです。

素直に実行するだけで、約20年で5,000万円の資産を作ることができます。

こぱん
中には「20年もやってられるか!」という人もいるでしょう。

しかし実際は、「もっと節約できた!」「もっと稼げた!」というように、より短い期間で達成する人も多くいます。

達成期間を短くするために必要な燃料に関しては、後半にお伝えします。

間違いなく言えるのは、「達成しようと思った人しか達成していない」ということです。

何も意識せず、何も考えず、何も努力しない人が、「ある日、自然にお金持ちになれる」ことは、ほぼありません。

資産形成において一番キツいのは、最初の100万円です。

そして、次の300万円、500万円、1,000万円の順で楽になっていきます。

こぱん
1,000万円に到達すると、突然パっと視界が開けるような感じになるはずです。

1,000万円にさえ到達してしまえば、あとは昇りエスカレーターに乗るようなものです。

「気がついたら小金持ち」の世界に突入していきます。

あひるくん
そうなんだね!

「遠回りなようで、最短の道」それが、お金の基本をしっかり学び、愚直に行動し続けることです。

小金持ちに到達するために必要なことは、YouTubeやブログなどのコンテンツで、全て解説しています。

もう一度言いますが、リベ大の情報発信の目的は、リベ大で学ぶ皆さん全員を、日本で上位約8%の資産5,000万円超の小金持ちにすることです。

こぱん
今も昔も、その軸は一切ブレていません。

以上を踏まえた上で、「2023年 両学長がやりたいこと5選」のテーマに移ります。

2023年 両学長がやりたいこと5選

結論からお伝えすると、以下の5つになります。

2023年 両学長がやりたいこと5選

① リベシティのWebサービス強化

② リベシティオフィスの新設(名古屋、九州)

③ リベ大税理士法人、リベ大不動産、リベ大工務店を軌道に乗せる

④ リベ大クリニックの立ち上げ

⑤ リベ大フェス2023の開催(幕張メッセ)

こぱん
「皆さんの”稼ぐ力”を高めたい」コレが基本的なコンセプトです。

皆さんの中に、「副業で月5万円稼げる人が1人でも増えたら良いな」という思いで、どんどんサービスを作っています。

中には、「貯める力」「守る力」などに関係するものもあります。

あひるくん
気になる内容ばかりだね!

やりたいこと①:リベシティのWebサービス強化

リベ大のオンラインコミュニティ「リベシティ」というのは、会員数日本最大規模のお金のコミュニティです。

リベ大のYouTubeやブログで学んだお金の知識を「実践するための場所」という位置づけになります。

リベシティには、経済的自由を目指す人たちがたくさんいます。

以下のようなことを、机上の空論で終わらせず、現実にするためのコミュニティというワケです。

リベシティで取り組めること
  • 「貯める力」アップ

→ 月5万円、満足度を下げずに生活費を下げる。

  • 「稼ぐ力」アップ

→ 月5万円、収入を増やす。

  • 「増やす力」アップ

→ 浮いた10万円を、年利5%程度で運用する。

リベシティは、チャットベースのコミュニティですが、その他にも様々な機能があります。

こぱん
一例を紹介します!
リベシティについている機能(例)
  • リベシティ会員さんの利便性が向上する「専用アプリ」がある。
  • 東京オフィス・大阪オフィスなど、リアルなオフィスが使える。
  • 経営者とリベシティ会員を繋ぐマッチングサービスで、仕事に応募できる。
  • スキルマーケットで、自分の得意・スキルを売ることができる。

あひるくん
色々な機能があるんだね!

Amazonプライムのようなサービスを想像してください。

会員になると、10個近い特典がついてくるようなイメージです。

2023年も、リベシティではさらに次の5つのWebサービス(特典)を実装しようとしています。

① リベシティマップ ※2月リリース目標

リベシティ会員さんが経営しているお店(飲食店、サロン、ショップなど)を掲載した全国マップです。

例えば、「今日はどこでご飯を食べようかな?」「次は髪をどこに切りに行こうかな?」と悩んだ時、どうせならリベの人のところに行きたい!という人のためのサービスです。

こぱん
リベシティ会員さんが経営しているお店を、簡単に探すことができます。

経営者の人から見れば集客につながり、会員同士で見ればコミュニケーションの活性化に役立つでしょう。

掲載は無料なので、月に1件でもお客さんが来てくれらたモトが取れます。

② リベシティファーマーズマーケット ※4月リリース目標

リベシティ会員さんが生産した農産物や海産物、加工品などを売買できるオンライン直売所です。

中間マージンなしで販売できるので、買う側も売る側もお得です。

味や品質に問題ないものの、少しだけ形が悪いため市場に出せないものなども販売できるので、フードロスを減らすことにもつながります。

あひるくん
僕も利用したいな〜。

③ リベシティスキマバイト ※春〜夏頃リリース目標

スキマ時間のアルバイト募集サービスです。

バイトを「頼む側」「頼まれる側」、両方がリベシティ会員さんという仕組みです。

転職というほど大掛かりではなくても、「ちょっとしたスキマ時間にバイトしたい」というニーズを満たすためのサービスになります。

④ リベシティ転職サービス

人事採用担当者や経営者であるリベシティ会員さんが、リベシティ会員向けに求人広告を出せるサービスです。

近い価値観の人が集まっているので、それだけでも自社に合う人が集まりやすいというメリットがあります。

企業からすると、求人広告費というのは本当に多大なお金がかかるので、そこが無料で掲載できるというだけでも、かなりメリットがあります。

求人広告費がかからなかった分、給料に反映するということもできるでしょう。

こぱん
お互いにとって、お得なサービスになります。

⑤ リベシティフリーマーケット

「まだ使えるけど、自分にとってはもう必要ない」ものを、リベシティ会員さん同士で売買したり、譲り合ったりするためのサービスです。

メルカリやラクマのようなサービスをイメージしてもらうと良いでしょう。

 

あひるくん
魅力的なサービスばかりだね!

これらのサービスが実装されることで、この街は、「お金にまつわる5つの力」をより伸ばしやすい場所になります。

▼図解:お金にまつわる5つの力

 

ざっくりまとめると、今後のリベシティでは、仲介手数料が一切ナシで以下のようなことができます。

今後のリベシティでできること
  • 自分のお店にお客さんを集められる
  • 自分の作った農作物や加工品を販売できる
  • アルバイトの人を採用できる
  • 不要になったものを売れる

こぱん
「稼ぐ力」アップにつながること、間違いないでしょう。

リベシティとして、会費以外の料金を受け取る予定はありません。

2023年1月現在の月額会費は「月1,500円〜」となっています。

「保険見直しチャット」「税金相談チャット」のように、専門家に相談できるチャットもあります。

プロに相談した場合、これだけでも1時間5,000円〜の報酬を取られるのが普通です。

しかしリベシティのチャットでは、投資家の先輩や税理士などの専門家に、無料で相談ができます。

あひるくん
スゴいお得だね〜。

さらに、世の中のコワーキングスペースは、1時間使うと1,000円程度はかかりますが、リベシティオフィスは無料で使えます。

「何回かオフィスに行く」「仕事に応募する」「スキルや不要品を売る」などをすれば、たった1カ月の活動でも、「1年分の会費」のモトが取れるでしょう。

リベシティ内での取引には中抜きが一切ないので、売上はそのまま皆さんの手残りになります。

こぱん
引き続き、「絶対にモトを取ってもらう」という信念で、リベシティの機能拡充に努めていきます。

やりたいこと②:リベシティオフィスの新設(名古屋、九州)

リベシティオフィスというのは、リベシティのオフラインの拠点です。

2022年時点ですでに稼働しているのは、大阪・東京のリベシティオフィスです。

こぱん
上記に加え、2023年1月には名古屋オフィスが正式オープンしました。

次は、九州オフィスの新設を計画しています。

2021年7月オープンの「大阪オフィス」、2022年10月オープンの「東京オフィス」、どちらも大変好評です。

リベシティ会員さんの蓄財ペースアップに役立っています。

人との出会いは、「お金にまつわる5つの力」を伸ばす最強のきっかけになります。

  • お金の不安を解消したい!
  • 資産5,000万円超の小金持ちになりたい!
  • でも、何から始めていいのか分からない…。

という人にとって、リベシティオフィスでの出会いは、人生を変える第一歩になるかもしれません。

運は人にくっついてきます。

以下のように、オフィスでの出会いを機に「稼げるようになった」という報告は、あとを絶ちません。

オフィスでの出会いをきっかけに稼げるようになった人の例

「副業をスタートできた。今は月10万円稼いでる!」

「月250万円も稼げるようになった!」

「相談できたことで、行き詰まっていた”せどり”のポイントが分かり、収入が月2万円 → 月50万円に増えた!」

「転職の決心がついて、年収が100万円増えた!」

こぱん
2023年も、このような人が増え続けてくれるよう願いを込めて、オフィスの新設を頑張っていく予定です。

やりたいこと③:リベ大税理士法人、リベ大不動産、リベ大工務店を軌道に乗せる

リベ大税理士法人

リベ大税理士法人は、名前の通り税理士事務所です。

税金というのは、リベ大の最も得意とするジャンルの1つです。

「もう、税金のことは両学長に直接相談したい!」という人が非常に多かったので、自前で税理士事務所を作りました。

設立から1年も経っていませんが、「成功している税理士事務所」と言われる売上規模になっています。

副業の売上が伸びてきて、税理士さんが必要なレベルになってきた人はご安心ください。

こぱん
リベ大税理士法人でカンペキにフォローします。ご利用お待ちしています!

あひるくん
僕も利用してみようかな!

リベ大不動産

リベ大不動産は、賃貸住宅の仲介業をやっています。

「賃貸の仲介手数料について、借主は法律上0.5カ月分しか払わなくて良い」という情報発信をしていたところ、「1カ月分もらわないと、業者はやっていけない!」というコメントをたくさん頂きました。

そこで両学長は、本当にやっていけないのかどうか、自分で運営してみることにしたワケです。

こぱん
リベ大不動産の仲介手数料は、最大でも0.3カ月分です。

大家さんから広告料が出ている場合は、この仲介手数料も無料にしています。

清掃費、鍵交換費、消毒費、その他オプションについては、大家さんや管理会社側の都合で請求が必要な場合を除き、リベ大不動産としては一切請求しません。

最も合理的な価格で、仲介していきます。

これも一つの実験なので、軌道に乗せて「これでもやっていけるじゃん!」と言いたいところです。

リベ大工務店

リベ大工務店は、住宅(マイホーム)建築の会社です。

一言で言うと、「お金で失敗しない家を供給する」がコンセプトの工務店です。

こぱん
家で失敗すると、資産形成は大きくつまずきます。

リベ大工務店に相談してもらえれば、ハウスメ