【反省会】2022年上期に学長がしたことランキングBest5を解説!

こぱん
2022年もあっという間に半年が過ぎましたね。

普段から、リベ大の両学長は皆さんに以下のように言っています。

両学長が普段から言っていること(例)
  • 「しっかりした保険の知識を身につけて、余計なものは解約しよう!」
  • 「自分に合いそうな副業にいくつかチャレンジしてみて、イケそうだと思ったら一気に攻めて月5万円以上稼いでしまおう!」
  • 「直感が”今の職場はダメだ”と思っているなら、転職も視野に入れて動こう!」
  • 「簿記3級を取ろう!」

上記のように、両学長は10も20も「あれをやろう、これをやろう。」と言っています。

一方で、リベ大で学んでいる皆さんの中には、「学長、あなたはどうなの?ちゃんと行動して、人生良くなっていってるの?」と思っている人もいるかもしれません。

そこで今回の記事では学長の2022年上期の反省会も兼ねて、以下の2点について解説します。

今回の記事で分かること

学長が2022年上期にしたことランキングBest5

2022年下期に学長がやりたいこと4選

あひるくん
どっちも興味深いね!

皆さんの期待を裏切らないように最初にお伝えしますが、今回の記事は、両学長が運営しているオンライン・コミュニティ「リベシティ」「リベシティアプリ」に関する話題ばかりです。

学長がやりたいことは、リベ大で学ぶ皆さんの収入・資産を増やすこと、そして皆さんに今より少しでも自由な人生を歩んでもらうことに尽きます。

こぱん_手ダメ

こぱん
そのため、「リベシティ」「リベシティアプリ」に関する話題ばかりになってしまうのです。

今回は、皆さんが気になる以下のお金の話も紹介します。

気になるお金の話
  • 来場者7,000人以上のイベントを開催すると、開催費用はいくら?
  • 東京都心で330㎡のオフィス作ろうとすると、初期費用や家賃はいくら?

もし、「コミュニティとかアプリの“宣伝”なんか聞きたくないよ!」という人は、他の記事を読んでもらった方が有意義に時間を使えるかもしれません。

それでは2022年上期の振り返っていきましょう。

以下の図解を見てから記事を読み進めると理解しやすくなるので、参考にしてください。

▼図解:両学長のやりたいこと

スポンサーリンク

解説動画:【反省会】学長がしたことランキングBest5【2022年上期】

このブログの内容は以下の動画でも解説しています!

学長が2022年上期にしたことランキングBest5

学長が2022年上期にしたことランキングBest5は以下の通りです。

学長が2022年上期にしたことランキングBest5
  • 第5位:マッチングサービス2つをリリース
  • 第4位:シェアハウス「リベ大合宿所」完成
  • 第3位:リベ大東京オフィス契約
  • 第2位:リベ大フェス開催
  • 第1位:リベシティアプリ完成

こぱん
それでは第5位から順番に見ていきましょう!  

第5位:マッチングサービス2つをリリース

今、リベ大はざっくり以下の2つの活動をしています。

リベ大が行っている活動
  1. お金に関する情報発信
  2. 実践サポート

あひるくん
あまり考えたことは無かったけど、言われてみたらその通りだね!

1つ目のお金に関する情報発信では、以下のようなメディアを通じて発信を行っています。

情報発信のメディア

今よりも収入を月5万増やして、ムダな支出を月5万円減らす。

そして浮いた10万円を年利5%で資産運用し続けるだけで、誰でも資産5,000万円超の小金持ち(準富裕層)に到達できます。

各種メディアでは、この具体的な方法論を細かく説明しています。

こぱん
皆さんにとってインプットの場ですね。

そして2つ目の実践サポートでは、以下のようなニーズに応えて「リベシティ」を運営しています。

ニーズの例
「動画を見たりブログを読んだりしたけど、それでもどうやったら良いか分からない。」

「一般論はさておき自分の場合はどうなのか、個別に相談したい。」

「同じ目標を持つ仲間たちと交流したい!」

リベシティは2020年5月以来どんどん発展を続けており、お金のオンライン・コミュニティとしてはすでに日本最大規模になっています。

皆さんにとってアウトプットや行動・実践の場というイメージです。

このリベシティ内で、2022年リリースした新たなサービスが以下の2つになります。

2022年リリースしたリベシティのサービス

リベ大スキルシェアリング

リベ大スペースシェアマーケット

リベ大スキルシェアリング

スキルシェアリング

リベ大スキルシェアリングは、自分の好き・得意をサービスとして出品でき、スキルを売れるマッチングサービスです。

このサービスは、今よりも月5万円収入を増やすきっかけにして欲しいという思いから誕生しました。

実際に出品されているサービスには、以下のようなものがあります。

出品サービス例
  • Web制作(HPやLP制作)
  • イラスト・デザイン(SNSアイコン制作、サイトや企業のロゴ制作)
  • プログラミング学習のメンター
  • YouTube動画編集、アニメーション制作
  • マーケティング(SEO対策相談、SNS運用)
  • ヨガやピラティス講師・美容相談

あひるくん
すごく幅広いんだね!

スキルのマッチングサービスと言うと「ココナラ」などが有名ですが、リベシティ内には良い意味で身内感があります。

皆、お金というテーマを中心に、似た価値観で繋がっていることが大きいでしょう。

礼儀正しく誠実な人が多く、コミュニケーションコストが低い点や、トラブルが起きてもシティ内の仲間や運営に相談できる点で、最初の副業としてハードルはかなり低くなっています。

RPGでいう最初の街を出た所ぐらいの難易度設定と思ってください。

ちなみに一般のマッチングサービスでは、販売額の約10~25%の手数料がかかりますが、リベ大スキルシェアリングでは仲介手数料は一切かかりません。

こぱん
リベシティの会員であれば、一切の追加コスト無く使い倒せます。

リベ大スペースシェアマーケット

スペースシェア

リベ大スペースシェアマーケットは、所有している空きスペースの貸し出しや、会員が所有しているスペースを借りられるマッチングサービスです。

このサービスは、例えば以下のような人におすすめできます。

スペースシェアをおすすめできる人
「空きスペースがあるから、リベシティ会員が使える場にしたい。」

「会員が持っているレンタルスペースでオフ会を開催してみたい。」

「条件に合う場所があれば、週末だけでもサロンに挑戦してみたい。」

空きスペースを月1万円で貸せれば年間12万円になります。

配当利回り4%の株を300万円持ってるのと同じ収入ですから、大きい金額と言えるでしょう。

もちろん、リベ大スペースシェアマーケットも、マッチングに際して仲介手数料は一切かかりません。

 

このように、皆さんが持っているスキルや空きスぺースを、有効活用するためのマッチングサービスを作りました。

現在、兼業会社員として会社の外で大きく稼げるようになった人も、最初は月1,000円や3,000円からスタートしたワケです。

マッチングサービスを使って、自分で稼ぐマインドを育てれば、今よりも月5万円多く稼ぐことは夢物語ではありません。

こぱん
両学長は、行動し続ければ遅かれ早かれ皆稼げるようになると考えているので、今後もこのような機会を増やし続けたいと言っています。

第4位:シェアハウス「リベ大合宿所」完成

リベ大合宿所

2022年2月、リベ大合宿所をオープンしました。

一言で言うと、稼ぐ力を鍛えるシェアハウスです。

物件概要などは、以下の通りです。

リベ大合宿所の物件概要
  • 場所:大阪市内(リベ大大阪オフィスまで自転車で行ける距離)
  • 家賃:4.6万円〜5.2万円(間取りで異なる)

→ 共益費、水道光熱費、固定インターネット費込み、初期費用ゼロ。

  • 1階:共有LDK(20畳)+ ゲストルーム
  • 2階:約4畳の個室が4部屋(個室は鍵付き、ロフトあり)
  • 最大入居可能人数:4名(女性のみ)
  • 入居期間:最長1年

こぱん
立地・内装・居住条件をどうするかなど、色々な課題がありましたが、なんとかオープンできました。

あひるくん
すごく良い物件!!だけど…女性限定なんだね。

すでに合宿所のメンバーは何人か卒業しましたが、月15~20万円以上稼いでいます。

さらに、もともとパン屋で働いていて、未経験からフリーランスで動画作成にチャレンジして4ヶ月で19万円稼げた人もいます。

住む場所を変えたり、知らない人たちと暮らしたりという点で、参加のハードルは高いかもしれません。

しかし、人生を変えるきっかけが欲しい人にとっては、良いチャンスになるでしょう。

第3位:リベ大東京オフィス契約

リベ大オフィス

リベ大では、すでにオフィスを大阪にオープンしています。(※上記イメージ図)

このオフィスは、リベシティ会員専用のコワーキングスペースです。

会員にとって、このようなオフィスがあるメリットは、以下のものが挙げられます。

オフィスがあるメリット
  • オフラインで、リベシティの仲間に家計改善や投資の相談ができる。

→ 保険相談、住宅ローンの組み方・金利の選び方、株式・不動産投資の相談など。

  • 各ジャンルで稼いでいる人たちから、タイムリーなアドバイスが貰える。

→ ブログの稼ぎ方、プログラミングの学習方法・営業の仕方、せどりの手法など。

  • 自分の作業場にできる。

→ 家やカフェよりも、生産性がずっと高くなる人もいる。

こぱん
オフィスのような場をきっかけに稼げるようになった人は、数えきれないほどいます。

新しい人に会えば会うほど人生が変わるので、やはりオフラインの力は偉大です。

会員の収入や資産アップにこれほど貢献してくれるモノはありません。

そこで学長は、東京でも良い物件が無いか、以下の東京駅近辺のエリアの候補地を探していました。

東京オフィスの候補地
  • 丸の内
  • 日本橋
  • 日比谷
  • 銀座

最終的に選ばれたのは、新橋駅徒歩2分の物件です。

こぱん
東京オフィスの概要は以下の通りです。
東京オフィスの概要
  • 東京駅から山手線2駅(4分)というアクセスの良さ
  • 築浅でとてもキレイ
  • 7階で採光が良く明るい
  • 十分な広さが確保できる(約330㎡)

あひるくん
すごく魅力的な物件だね~!

トータルの家賃とクオリティのバランスが良い物件です。

何より、新橋はたくさんの会社があるサラリーマンの聖地なので、都内で働く人にとってこれほど利用しやすい立地は無いでしょう。

近辺には居酒屋・レストランも多いので、オフ会の場所にも困りません。

東京オフィスが内装工事などを終えてオープンするのは、10月頃の見込みです。

こぱん
こちらも大阪オフィスと同様、シティ会員はいつでも利用料無料で使えます。

副業の拠点にするもよし、仲間たちと集まる拠点にするもよし、とにかく今より月5万円多く稼ぐきっかけなれば嬉しいです。

ちなみに気になるお金の話ですが、毎月の家賃は約330万円、初期費用としては、敷金や内装費などトータル1億円はかかりそうです。

ランニングコストは会費で賄うようにしますが、初期費用は学長の貯金からのプレゼントです。

「学長の2022年高額お買い物ランキング」があれば、間違いなくランクインするでしょう。

第2位:リベ大フェス開催

リベフェス大阪

年に1度の文化祭のような感じで、4月30日~5月1日の2日間、大阪でリベ大フェスを開催しました。

開催会場はINTEX OSAKA(インテックス大阪)という、とても広い場所です。

当日のフロアマップも紹介します。

フェス フロアマップ

来場者数は7,000人以上になり、リベシティの会員さんたちが100近い数のお店を出店しました。

「学生時代にしかできないと思ってた文化祭、社会人になってもできるなんて!」という声もあり、相当楽しんでもらえたようです。

あひるくん
僕も行ったけど、とても楽しかったよ!!

大規模なイベント開催は、ただでさえ難易度が高い上に、両学長自身もイベント運営の経験はありません。

会場・内装・運営などのリベ大フェスの開催に必要な費用は、学長の自腹でざっくり4,000万円かかりましたが、費用を上手に使えているのか手探りの中、試行錯誤していました。

それに加えて、十分なコロナ対策も必要でしたが、結果的に大きなトラブルなく終えられました。

リベ大フェスの開催以来、リベシティの会員さんたちの仲の良さがアップしたことが分かります。

こぱん
繰り返しになりますが、やはりオフラインの交流は強いです。

普段の生活では絶対に知り合えないような人に出会えて、皆さんが喜んでくれたという価値を考えると、「4,000万円は余裕で見合う投資だった」と両学長も言っています。

また、色々と失敗・反省点もあったので、もし次やるとしたらもっと上手くできるでしょう。

次回以降も学長が費用をずっと出し続けるのは難しいので、皆の力で開催できるように頑張りましょう。

以前からお伝えしているように、運は周りの人についています。

リベシティでは継続的に、ユーザーの皆さんが運を拾える機会を増やしていく予定です。

第1位:リベシティアプリ完成

リベシティアプリ

7月21日、リベシティのアプリ版をリリースしました。

今までリベシティというコミュニティは、PC上のブラウザで動くプラットフォームでした。

あひるくん
スマホでも使えたけど、ちょっと使いづらかったんだよね。

しかし今のご時世、皆アプリを使うので、「アプリ無きWebサービスに、未来無し!」ということで、アプリ版の開発を一生懸命進めていたワケです。

アプリ版のリリースにより、ようやくリベシティの土台が完成しました。

こぱん
ここをプラットフォームにして、現在は以下のようなことができます。
リベシティアプリからできること
学長の「シティ内限定ライブ」への参加。
学長の「シティ内限定コラム(学長つぶやきチャット)」の購読。
お金の話ができる仲間たちと出会う(同期チャット、地域別チャット、オフ会など)。
→ 非常に活発で、シティをきっかけに付き合うカップルや結婚する人もいます!
テーマ別チャットで月5万円節約する家計相談。
→ 通信費や住宅ローン、保険の見直し。
→ 税理士による節税相談など。
シティ内で仕事を受注することで、副業で月5万円稼ぐきっかけ作りに。
→ お仕事マッチングサービス「リベ大ワークス」「リベ大スキルシェアリング」。
→ 今後、一次生産者の人と直接繋がるファーマーズマーケットも作成計画中。
リアルのコワーキングスペースを利用して、稼ぐ力を鍛える。
→ 大阪オフィス(東京オフィス・名古屋オフィスは立ち上げ中)。
テーマ別チャットで投資相談をして、年利5%超が期待できる運用法を実践する。
→ インデックス投資、高配当株投資、不動産投資など。
→ 各種投資の専門家・インフルエンサーが在籍。
その他、シティ内限定マガジンの購読、お金にまつわる5つの力を鍛える宿題リストの活用など。

あひるくん
できることが本当に多いよね!

とにもかくにも、学長のやりたいことは、自由な人を増やすことです。

そのためには、リベ大で学んでいる人たちの収入・資産を増やすことで、自由の土台である十分なお金を皆さんに得てもらう必要があります。

2022年上期の学長は、この目的のために全力で走り抜けました。

反省点は、これからお話する「2022年の下期にやりたいこと4選」は、上期に達成していても良かったという点です。

こぱん
学長が最近思いついたモノや、もう少し早く達成しておけば良かったと思うものもあるそうです。

学長は日ごろから、人に「行動せい行動せい!」と言っている立場なので、誰よりも一番スピードを出そうと心がけています。

以上を踏まえ、下期に学長がやりたいことの話題に移ります。

2022年下期に学長がやりたいこと4選

2022年の下期に学長がやりたいことは、以下の4つです。

2022年の下期に学長がやりたいこと
  1. リベ大名古屋オフィスのオープン
  2. 旅するリベ大オフィス&キッチンカー
  3. リベ大税理士法人
  4. リベ大不動産

①リベ大名古屋オフィスのオープン

名古屋オフィス

現在リベシティ会員は、全国各地にいます。

下図の色分けは、あくまでも割合の話なので、色がついていない地域にも会員はいます。

リベシティ会員 全国

上図からも分かるように、東京・大阪に次いで会員数が多いのが名古屋です。

もともとリベシティは、「YouTubeなどのWebメディアだけでは物足りない!」という人たちのための場でもあります。

リアルな交流の場があればあるほど、収入・資産が増えるきっかけになります。

こぱん
交流が盛んな地域ほど稼いでいる人が多いイメージです。

「自分の年収は自分の周りにいる5人の平均」という研究結果があるように、自分より稼いでいる人に会うことはとても大切です。

人に会うと良い意味で刺激を受け、マインドが変わり、マインドが変われば行動が変わるチャンスになります。

このような観点から、とにかくシティの会員さんたちが集まれる場所を増やしたいと考えています。

その第3弾が、名古屋というワケです。

すでにいくつか内見していますが、年内にオープンまでこぎつけたいです。

あひるくん
名古屋にできたら、僕も遊びに行くよ!

②旅するリベ大オフィス&キッチンカー

旅するリベ大オフィス&キッチンカー

オフィスを増やしていくと、「リベ大は、都市圏に住む人のためのコミュニティなの?」という疑問を持つ人も出てくるでしょう。

これに対する一つの答えが、「旅するリベ大オフィス」&「旅するキッチンカー」です。

オフィスを借りると、大きな固定費がかかります。

利用者が少ない場所で高い固定費をかけることが難しいというのは、一つの現実です。

リベ大では、今まで何度も固定費が重要とお伝えしてきましたが、それは以下の場面でも共通しています。

固定費が重要な場面
  • 家計管理
  • 事業経営
  • リベシティのようなコミュニティ運営

あひるくん
何をするにもバケツの穴をふさぐのが大事なんだね…。

というワケで、旅するリベ大オフィスについて、以下のように考えました。

旅するリベ大オフィスの考え方
  • 各地方に住む会員さんたちが、イケてる物件をエアビーなどで探す。
  • 2週間~1カ月程度借りる。
  • 期間限定で、そこを「リベシティ会員が集まる拠点」にする。

例えば、沖縄では1泊4万未満で以下のような物件が借りられます。

沖縄の物件

(出典:airbnb

この物件の場合は1カ月借りても120万円なので、固定のオフィスを立ち上げるより、はるかにコスパが良さそうです。

都市圏のオフィスは、オフィス街にありますが、地方の「旅するオフィス」は、多少不便な立地でも良いでしょう。

利便性最優先ではなく、地域の特徴を活かしたユニークな立地・建物だと楽しいオフィスになるはずです。

こぱん
現在考えているのは以下のようなイメージです。
旅するオフィスのイメージ(例)
  • 8月:北海道オフィス
  • 9月:青森オフィス
  • 10月:栃木オフィス
  • 11月:高知オフィス
  • 12月:沖縄オフィス

あひるくん
どんどん場所が変わっていくとワクワクするね!

すでにリベシティ内では告知が済んでいるので、これからどんどん企画が上がってくるでしょう。

1人で借りるには高すぎるものの、皆で力を合わせれば借りられるイケてる物件を皆でシェアします。

そして、セミナーや勉強会、交流会、せどり実習会、プログラミング作業会などができたら良いでしょう。

このような話をすると、「まだ稼げていないけど、参加できるの?」とたまに言われますが、稼いでいる人限定とかでは無くて、最初は楽しく交流する目的で大丈夫です。

こぱん
まずは人と会うことに価値があるので、稼げていない人も積極的に利用してください。

また「旅するオフィス」とは別に、「旅するキッチンカー」も作ります。

この企画では、キッチンカーを全国に旅させます。

地方から東京、大阪、名古屋などの都心に出てくるにはお金も時間もかかるので、地方から来られないのなら、「こっちから行けば良い!」という企画です。

キッチンカーが全国津々浦々を巡って、会員が集まる場所を作るワケです。

例えば、以下のような情報が回ると面白いと考えています。

旅するキッチンカーの情報(例)
「今、松島走ってるらしいよ!」

「中禅寺湖で見かけました!」

「明日は草津温泉のあたりに行くらしいよ!」

あひるくん
自分の住んでいる所に来てくれたら嬉しいね!

これから色々な課題が出てくるでしょうが、それも悩みながらチャレンジです。

オフィスのような作業拠点にするのは難しいですが、出会いの場を提供する機会としては、効果があるのではないでしょうか。

色々なビジネスの経験