マスコミが言わない年金運用の最新事情

こんにちは、こぱんです!

リベ大では、年金や資産形成に関する情報発信も積極的に行っています。

あひるくん
日本の年金制度って「確実に破綻する」「国民のお金でギャンブルをしている」みたいに悪い評判を聞くことが多いんだけど、本当なのかな?

こぱん
たしかにマスコミやメディアは、不安を煽るような報道が多いよね。でもねあひるくん、日本の年金制度は非常に良く出来ているし、「老後生活の土台」になるのは間違いないんだよ^^

この記事を読んでいる皆さんの中にも、年金に関して否定的な考えを持っている方がいるのではないでしょうか?

そこで今回の記事では、マスコミが報道しない年金運用の事実をお伝えしていきます。

今回の記事で分かること

最新の年金事情

年金に対して悲観的になる必要はないこと

「間違った情報から生まれる不安」に悩むのは、人生における時間の無駄です。

こぱん
現状を正しく認識し、経済的に豊かな未来へ向けて、確実に進んでいきましょう^^
スポンサーリンク

解説動画:【不都合な真実】マスコミが言わない年金運用の最新事情

このブログの内容は、下記の動画でも解説しています!

最新の年金事情

最新の年金事情

先日、以下の記事を投稿しました。

上記の記事では、「皆さんの老後の年金を運用する組織GRIFが、17.7兆円もの運用損を出した」というニュースに関する真実を解説しました。

実際には、老後の年金の元になるお金は、政府関係者によって非常に上手く運用されています。

こぱん
17.7兆円の運用損が出たのは、あくまでも2020年1月~3月の3か月間に限った話です。過去20年間のトータルでは、なんと57兆円も運用益を出しています。

しかし一部のマスコミや政治家は、3か月間の損失が17.7兆円であることだけを切り取って、

「国民の大切なお金が失われた!!」

「運用失敗だ!責任をとれ!!」

と大騒ぎしていたのです。

そして2020年8月7日。4月~6月の運用実績を踏まえた、最新の年金運用状況の数字が発表されました。

2020年4月~6月最新の年金運用状況

最新の年金運用の状況

四半期では過去最大となる12.4兆円の黒字

 累計で70兆円の黒字を達成

要するに、皆さんの老後のお金は順調に増えているということです^^

こぱん
こうなると「責任をとれ!」と騒いでいた人たちは、何もなかったかのように静かになってしまいます(笑)

あひるくん
年金の運用担当者が半沢直樹だったら「あの時は好き放題言いやがって!土下座しろ!!」って言いそうだね(笑)

投資をしていれば、良い時も悪い時もあり、一本調子で右肩上がりになることはありえません

利益が出ても、損が出ても、短期の変動であたふたせずに

外野の声に過敏に反応することもなく

淡々と運用を続けることが、投資において大切です。

ここで、皆さんの年金運用がどういった感じで上手くいっているのか、もう少し詳しく見てみましょう。

  • ジグザクしている赤線がトータルの収益額
  • 右肩上がりの青線は利子・配当による収益額

2001年に運用スタートしてから現在までの約20年での収益は以下の通りです。

過去20年間の年金運用における収益額

トータルの収益額は、約70兆円年利2.97%で運用

 収益のうち、38兆円は利子・配当収入

20年間運用して出た利益のうち、半分以上利子・配当金などのインカムゲインです。

こぱん
少し脱線しますが、増配/高配当株投資をしている人は、先ほど紹介したグラフを頭に入れておくことをおすすめします^^

インカムゲインを積み上げることは、頑強なレンガを積み上げて家を作るようなもので、積めば積むほど効いてきます。

例えば、年金運用が始まって10年経過した2011年時点の収益は以下の通りです。

年金運用が始まって10年後の収益

トータルの収益:+14兆円

内訳:インカムゲイン:+17兆円

内訳:キャピタルゲイン:-3兆円

積み上げた17兆円のインカムゲインが、リーマンショックによるキャピタルゲインの含み損をカバーしています。

あひるくん
インカムゲインがなければ、完全に赤字転落していたね…

そして運用期間が長くなるほど、「不況を乗り越えた株価の伸び」「積み上げたインカムゲイン」のおかげで、コロナショックのようなことがあっても、トータルで赤字転落しなくなっているのです。

こぱん
これこそまさに、足腰の強いポートフォリオだと言えますね。金のなる木は長い目で、じっくり育てていきましょう^^

年金資産の内訳

では、現状の年金資産の内訳を以下の図で確認してみましょう。

現状、年金資産の総額は164兆円ほどで、内訳は以下の通りです。

年金資産の内訳
  • 国内債券:25%
  • 外国債券:25%
  • 国内株式:25%
  • 外国株式:25%

年金運用しているGPIFは、上記を基本のポートフォリオとしています。

こぱん
国際分散投資のポートフォリオですね^^

2020年4月~6月で過去最高の12.4兆円の黒字を記録しましたが、

  • どれが利益に貢献して
  • どれが足を引っ張ったのか

確認してみましょう。それぞれ4つの資産のリターンは以下の通りです。

4つの資産のリターン

国内債券:-0.46%

外国債券:+3.45%

国内株式:+10.95%

外国株式:+19.99%

年金運用の反対派は「株なんてリスクが高すぎる、日本国債で運用しろ!」と言っていましたが、もし日本国債だけで運用していたら、赤字になっていました。

上記の結果を見る限り、ハイリスクな株式が利益貢献していることがわかります。

2月~3月のコロナショック時に、もし年金運用担当者がパニックに陥って、

  • 株式売却で損切り
  • 日本国債購入

をしていたら、損失が確定しただけでなく、さらに傷口を広げるという結果になっていました。

こぱん
投資の基本通り「規律を守った運用」を続けたことで、結果的に株価の回復局面にしっかり乗れたわけです^^

ピクテという有名な投資会社で顧問を務めている、松本浩常務は以下のように言っています。

「今回の戻り相場をしっかり取れているのは、下がった局面でもリスクを落とさなかったから」
「年金運用は本当に長い目でみないといけないことをちゃんと分かっている」

出典:ブルームバーグ「4-6月期は12兆円超の運用益、株高で過去最高

こぱん
この言葉からも、皆さんの年金は上手に運用されているのがわかりますね^^

このように「年金の運用が上手くいっている」という情報は、テレビや新聞ではあまり報道されません。

公的年金で月15万円

インデックス取り崩しor配当金で月10万円

好きな仕事で月10万円

「トータルで月35万円の収入があるから老後は安泰」こういった計算をするうえで、年金に関する情報はとても大切です。

こぱん
ジャンクな情報にばかり触れていると、国や将来に絶望して行動力を失うことになってしまうので、正しい情報を得ていきましょう^^

まとめ:正しい情報を得て自分の投資の軸をぶらさずに行動を

まとめ

ここまで、皆さんの老後の年金資産について、最新の運用状況を解説しました。

現時点での年金運用状況は以下の通りです。

最新の年金運用状況

資産額:約164兆円

 累積収益額:70兆円(利子配当が38兆円)

年利:2.97%(2001年~現在)

上記の結果を見て分かるように、十分な成果が出ています。

年利2.97%が低い数字のように感じるかもしれませんが、リターンは単純に多ければ良いというものではありません。

こぱん
リスクを取りすぎてしまうと、年金そのものが壊滅する可能性が出てきます。

約20年で「年利2.97%・累積収益70兆円」のリターンは、リスクが上手くコントロールされている証拠です。

もし皆さんの投資スタイルが「長期投資」であれば、年金資産の運用スタイルは非常に参考になります。

さらに最近は、以下のような尖った投資家さんが増えているように感じます。

「全部、米国株で良いじゃん!S&P500だけでOK!」

「円建ての資産(日本株・日本国債)なんていらない!」

「債券は不要!」

「利子配当はどうでもいい!株価の成長がすべて!」

今回の記事で紹介した内容を見れば、総額164兆円のお金を運用するプロたちが、以下についてどう考えているかが分かるはずです。

国際分散投資の重要性

為替リスク対策の重要性

債券の重要性

インカムゲインの重要性

個人投資家はリスクを取り過ぎてしまう傾向にあり、「リスクの取り過ぎだった!」と大損してからでは手遅れです。

こぱん
政府の年金運用が上手くいっているのに、自分の資産運用は大損といったことにならないように、注意しましょう^^

 

最後に、まだ資産運用を始めていない方へメッセージです。

こういった記事で少しずつ学びながら、

「資産運用ってギャンブルじゃないかも」

「長期・国際分散投資なら、堅実に資産が増やせるかも」

そう感じた人は、早いうちから資産運用を始めてみましょう。

この記事の最後におすすめのネット証券を紹介しています。

ネット証券は、以下のように低コストで長期投資を始めるには最適です。

ネット証券のメリット

口座開設料が無料

為口座維持手数料も無料

株や債券の取引手数料も最安クラス

こぱん
月額数千円、1万円からでも大丈夫です。少額から始めれば、取り返しのつかないような大やけどをすることはありません^^

「株なんてギャンブル!博打!」こういった意見に惑わされているうちに、経済的な豊かさを手に入れる機会は確実に失われていきます。

たとえば「公的年金月15万円+資産収入月10万円」という家計を作って、「経済的に不安のない老後」を迎えるために、ぜひ最初の一歩を踏み出してみてください。

こぱん
テレビやメディアの一方的な情報に惑わされないように気を付けましょう^^

以上、こぱんでした!

 

リベ大ではおすすめのネット証券として、楽天証券SBI証券をおすすめしています。

【楽天証券】

初心者にも操作しやすく圧倒的におすすめの証券会社。

  • 優良米国ファンドが購入可能
  • 手数料が業界最安クラス&楽天ポイントで支払える
  • 楽天ポイントで株が買える
【SBI証券】

SBI・バンガード・S&P500・インデックスに投資ができるネット証券No.1の証券会社。

  • 口座開設・口座維持手数料無料
  • 取引手数料業界最安クラス
  • 国内株・外国株、トップクラスの豊富な投資先

投資・資産運用に興味がある人に読んで欲しい記事がこちら!

「増やす力」を身につけるために、もっと詳しく知りたい方はオンラインコミュニティ「リベラルアーツシティ」をご活用ください♪

みんなでつくるリベ大コミュニティリベシティ

「リベラルアーツ大学」が待望の書籍になりました!

自由へと一歩近付くための「お金にまつわる5つの力」の基本をまとめた一冊です!

こぱん
【貯める・稼ぐ・増やす・守る・使う】力を一緒に学びませんか?^^
¥1,540 (2020/11/26 01:20:19時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事