金利のパワーを解説

こんにちは、こぱんです!

リベ大では、今より少しでも経済的に豊かになれる方法を発信しているので、金利や利息はなるべく払わないことを推奨しています。

あひるくん
最近クレジットカードでつい買い物しちゃうんだよね~
毎月の支払いも厳しいし、一時的にリボ払いにしようかな…

こぱん
あひるくん、リボ払いは一時的にでもやってはいけないよ^^;

あひるくん
ボーナス払いにしてるんだけど、今回のボーナスは出ないかもしれないし、少ない貯金を切り崩すのも不安だよ…

こぱん
あひるくんは、金利・利息のパワーを甘く見過ぎているね^^;

クレジットカードでの支払いは便利ですが、リボ払いへの変更は、たとえ一時的であってもオススメできません。

貯金があるなら、貯金から支払いを行うべきです。

また、今後のクレジットカードの利用は、毎月の給料の額と相談しつつ、きちんとコントロールしましょう。

金利は、以下のようなものです。

「味方」につければ、非常に頼もしい

「敵」に回せば、非常に恐ろしい

  • 「お金持ちになりたい」
  • 「お金に悩み続ける人生がイヤ」

という人は、金利のパワーを甘くみてはいけません。

そこで今回は、金利のパワーについて解説します。

金利のパワーがわかる2つのこと
  1. 利息を禁止・制限している宗教がある
  2. 金利には人生を破壊する力がある

こぱん
ぜひ最後まで見て、金利との付き合い方を知ってください^^
スポンサーリンク

解説動画:【禁止してる宗教アリ】〇〇のパワーについて詳しく解説

このブログの内容は下記の動画でも解説しています!

利息を禁止・制限している宗教がある

地獄のようなマグマ地帯

金利は、歴史的・宗教的にさまざまな扱いを受けてきました。

中でも印象的なのが、以下の3つの宗教です。

金利の扱いが印象的な3つの宗教
  1. イスラム教
  2. ユダヤ教
  3. キリスト教

これらの宗教では、利息に関して、あらゆる制限・禁止を行いました。

各宗教の利息に対する見解を知り、人間が“利息とどうやって付き合ってきたのか”確認していきましょう。

こぱん
それぞれ解説していきます^^

イスラム教

イスラム教で利息が禁止されているのは、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

聖典に、こう書かれています。

「利息を取るものは、あの世で地獄の劫火から永遠に出してもらえないだろう」

あひるくん
ええ!?そんなことが聖書に書かれてたの?

聖典では、利息は以下のように認識されていたことがわかります。

神さまの意思に反するモノ

倫理的に許されないモノ

    あひるくん
    それほどまでに、利息を取ることが罪深い行為だったということですね。

    ユダヤ教

    ユダヤ教は、ユダヤ人の民族宗教なので、

    • 同胞(ユダヤ人)
    • 外国人(異教徒)

    2者間の扱いに違いがありました。

    聖書には、以下のように記載されています。

    「外国人には利子を付けて貸してもいいが、同胞には利子を付けて貸してはならない。」

    つまり、聖書が言いたいのは以下のことです。

    利息の力を借りて、仲間が繁栄するのは許容できる

    利息の力によって、仲間が苦しむのは絶対に許容できない

    こぱん
    利息の力の大きさが、昔からよく知られていたことが分かりますね^^

    キリスト教

    キリスト教でも、16世紀の宗教改革までは利息をとることは禁じられていました。

    現代でも、宗派によっては

    高利の利息

    複利での利息

      は禁止されています。

      宗教で利息を禁止・制限していた事実を甘く見てはいけない

      これまで解説した通り、以下の宗教では利息の禁止・制限がありました。

      • イスラム教
      • ユダヤ教
      • キリスト教

      こぱん
      あひるくんは、知ってましたか?

      あひるくん
      知らなかった…

      一方で、仏教では利息は禁じられておらず、金貸しは正しい職業のひとつとされています。

      仏教において禁じられているのは、以下の職業です。

      武器や酒、毒などの売買

      盗賊

      死刑執行人

      漁師

      裁判官

      殺生につながらない金貸しは、何の問題もありませんでした。

      むしろ、寺院は民間にお金を貸したり、明治期には生命保険会社を設立したりと、積極的に金利や手数料を利用していました。

      とはいえ、世界の人口74億人のうち、半数以上の人が信じる宗教で、利息の受け渡しは禁止・制限されています。

      世界の宗教人口(2017)

      (東京基督教大学「JMR調査レポート」より抜粋)

      こぱん
      人口にして、実に42億人以上に上ります。

      あひるくん
      信徒数第1位のキリスト教と第2位のイスラム教で利息の禁止・制限があるんだね!

      この事実を、侮ってはいけません。

      ここまで金利が禁止・制限されている理由は、金利には「人生を破壊する力」があるからです。

      (参考:吉村文成「利息を禁止した宗教の智恵」)

      金利には人生を破壊する力がある

      財布から落ちるお金

      利息の力の大きさは、ちょっと計算してみればすぐに分かります。

      今の日本は歴史的な超低金利時代ですが、それでも「普通の暮らし」のために借金を使うと、生涯で1,000万円近い利息を払うことになるのです。

      人生を蝕む5大金利

      言い換えれば、利息を払わないで暮らせば、手元に1,000万円も残すことができるということです。

      こぱん
      これだけで、老後2,000万円問題が「半分」解決しますね^^

      あひるくん
      インパクトでかっ!!

      一方、「普通」以上に利息を払った場合、ほとんど金利を払うだけの人生になりかねません。

      まさにお金の奴隷です。

      例えば、アコムやプロミスなどの消費者金融を使い、以下の条件で借金をしたとします。

       

      消費者金融での借金の例
      • 借入額…50万円
      • 年利…18%
      • 期間…30年放っておく

      →50万円の借金は7,100万円にまで膨らみます。

      日本人の平均年収は400万円ちょっとなので、17~18年飲まず食わずで働いて、やっと返済できるレベルです。

      100年に一度の金融危機と言われた、2008年のリーマンショックのきっかけは、サブプライムローン問題でした。

      庶民が高金利の住宅ローンを返せなくなったことで、世界を巻き込む経済危機に発展しました。

      これだけ破壊力のある金利の力は、敵に回せばひたすら利息を払うだけの人生になります。

      借金・利息で人生が狂った人は、本当にたくさんいます。

      こぱん
      まさに、利息は悪魔です。

      逆に考えれば、金利を味方につければこれほど頼もしい力もありません。

      庶民にとっての悪魔は、お金持ちにとっては天使にもなります。

      あひるくん
      なんて残酷な真実なんだ…!

      つまり、金持ちになりたければ「自分がお金を貸す側に回れ」ということです。

      現代では、金貸し事業をやらなくても「出資する」ことで、似たようなメリットを享受できます。

      こぱん
      株を買って、株主になればいいということです^^

      株主になることで、これまで見てきた金利のパワーを自分のために活用することができます。

      例えば、以下のように活用できます。

       

      金利のパワーの活用例
      • 投資額…月5万円
      • 利回り…5%
      • 継続年数…30年間

      →元本1,800万円が3,400万円へ膨らみます。

        あひるくん
        利息の1,600万円が湧いて出てきた!

        ここからわかる確かなことは、「金利を敵にまわすと、お金持ちには絶対なれない」ということです。

        ぜひともこの強い力を味方につけて、賢く付き合っていきましょう。

        • 住宅ローン
        • カーローン
        • 奨学金ローン
        • カードローン(リボ払い)

        など、気軽にローンが組める世の中だからこそ、自分がやっていることの意味をよく考えてください。

        まとめ:金利の力は絶大

        どんどんお金が減っていく様子

        金利はとても大きな力を持っています。

        その破壊力は昔からよく知られていたため、各宗教が「利息を取ると地獄に落ちる」などと言って、戒めてきました。

        • イスラム教
        • ユダヤ教
        • キリスト教

        これらの宗教では、今でも利息の受け渡しが禁止・制限されています。

        また、たとえ宗教上で禁止・制限されていなくても、法律上で高金利は制限されています。

        ここからも分かるとおり、金利・利息は制限が必要なくらいに、恐ろしいパワーを持っていることがわかります。

        現代の日本で普通の暮らしをしていても、1,000万円近い利息を支払っている場合があります。

        人生を蝕む恐怖の5大金利

        利息について、マジメに考えることで

        お金持ち

        経済的自由

        に近づくことができます。

        こぱん
        お金持ちほど、利息の力を知っていて、上手に使っています^^

        また、借金の中でもリボ払いは、実質の年利が15%程度と超高金利なので、注意が必要です。

        年利15%で50万円借りて、30年間放置すると、借金は3,300万円になります。

        繰り返しになりますが、金利の力は絶大です。

        「敵」にまわせば、人生を破壊するほど恐ろしい

        「味方」につければ、それだけでお金持ちに近づくほど頼もしい

        こぱん
        ぜひ上手な付き合い方を学んでください^^

        あひるくん
        リボ払い、ダメ!ゼッタイ!

        何も考えずに暮らしていると、「知らない」というだけで、人生の自由や豊かさから遠ざかってしまうことがあります。

        しっかり知識武装をして、人生を一歩ずつ確実に良くしていきましょう。

        以上、こぱんでした!

        「貯める力」を身につけるために、もっと詳しく知りたい方はオンラインコミュニティ「リベラルアーツシティ」をご活用ください♪

        みんなでつくるリベ大コミュニティリベシティ

        「リベラルアーツ大学」が待望の書籍になります!

        自由へと一歩近付くための「お金にまつわる5つの力」の基本をまとめた一冊です!

        こぱん
        【貯める・稼ぐ・増やす・守る・使う】力を一緒に学びませんか?^^
        ¥1,540 (2020/08/08 00:29:37時点 Amazon調べ-詳細)

        ▼「貯める力を身に付けたい!」という人に読んで欲しい記事がこちら!

        スポンサーリンク

        Twitterでフォローしよう

        おすすめの記事