【勘違いです】お金に困りがちな人の「思い込み」あるある5選を解説

こんにちは、こぱんです!

リベ大の2020年12月時点の実績からも分かるように、リベ大の発信は本当に多くの方に見ていただいています。

リベ大の実績

YouTubeチャンネル登録者数:68万人

Twitterフォロワー数:21万人

Instagramフォロワー数:15万人

こぱん
みなさんのおかげだね^^
さて、そんなリベ大には、毎日数百通を超える質問・悩みが届いているんだよ。

あひるくん
毎日数百通ってすごい数だね…!

大量の質問・悩みの中から、お金に関するものを見ていくと、「思い込み」によって損をしているケースが本当に多くあります。

そこで今回は、お金を上手にコントロールして、自由で豊かな人生を送るために取り払うべき5つの「思い込み」を解説します。

みなさんもきっと1つか2つは当てはまっているので、記事を読みながらチェックしてみてください。

また、記事の最後では、リベ大が考える「お金だけではなく、全てを台無しにする最低最悪な思い込み」も紹介します。

こぱん
ぜひ最後まで見てくださいね^^
スポンサーリンク

解説動画:【勘違いです】お金に困りがちな人の「思い込み」5選

このブログの内容は下記の動画でも解説しています!

お金に関するよくある5つの「思い込み」について

今回解説する、お金に関する5つの「思い込み」は、リベ大が繰り返し伝えている「お金にまつわる5つの力」に関係しています。

▼図解で簡単に分かる5つの力

 

お金にまつわる5つの力
  • ①貯める力:支出のバランスをコントロールする力
  • ②稼ぐ力:どんな時代・状況でも十分な収入を得る力
  • ③増やす力:資産と自由な時間を増やしていく力
  • ④守る力:貯めた資産を減らさない力
  • ⑤使う力:人生を豊かにするモノにお金を変える力

解説動画

【断言】これを知らずにお金持ちになるのは無理。豊かなお金持ちが極めている5つの力(アニメ動画)

こぱん
この5つの力に関連させながら、5つの「思い込み」を解説するね^^

①貯める力の思い込み「支出を減らすと生活の満足も下がる」

貯める力とは、「正しい節約と節税で、支出のバランスをコントロールする力」です。

お金持ちになりたい人が伸ばすべき、もっとも基本的な力とも言えます。

▼図解で簡単に分かる貯める力

 

関連動画

お金持ちになりたい人が真っ先に伸ばすべき「力」とは?

貯める力に関する「思い込み」は、「支出を減らすと生活の満足度が下がる」というものです。

言い換えれば、支出額と満足度が連動しているということですが、そんな人達は「お金の奴隷」になっていると言えるでしょう。

こぱん
「物事を価値ではなく、価格でしか見ていない」ということだよ^^;

▼図解で簡単に分かる価値と価格

 

同じようにお金を払う、以下の2つのケースを想像してみてください。

親友とランチに行き、1,000円を使う

会社の上司との飲み会に付き合わされて、3,000円を使う

比べると、確かに友人とのランチは支出額が少ないですが、満足度は高くなるでしょう。

つまり、「支出額と満足度は連動するわけではない」ことを理解するのが重要です。

リベ大両学長の友人に、わずか2年間で月5万円近くも支出を減らした人がいます。

学長の友人の事例

家賃:引っ越しをして、家賃を月3万円削減

通信費:楽天アンリミットⅥ(旧:楽天アンリミット・楽天モバイル)に乗り換えて、月1万円削減

保険料:医療保険を解約して月7千円削減

それでも本人は、生活の満足度は全く下がっていないと話しているそうです。

だからこそ、自分が何に価値を感じてお金を支払っているのかを、自分で考えぬくことが大切なのです。

あひるくん
確かに、何となく払っているものも結構あるな…。

こぱん
自分のことを理解しているようで、理解していない人は意外に多いんだよ^^;

例えば、未だに格安スマホを利用していない人は、大手キャリアのスマホに対して、どんな価値を感じているのか考え直してみてください。

実際、「格安スマホは貧乏人が使うものだからカッコ悪い」と思う人も珍しくありません。

しかし、実際の調査データを見ると格安スマホの利用率は高年収の人の方が多いのです。

格安スマホに限らず、自分のお金の使い方を見直すと、自分の考え方も見直すことができます。

そして、自信を持って「価値がある」と言える支出だけを残せば、頭の中も身の回りもスッキリするのです。

こぱん
その結果、生活の満足度が上がることも少なくないよ^^

自分の欲望の全てを満たすことはできないからこそ、「貯める力」では自分の欲望に優先度をつけることが重要なのです。

何に対して自分は価値を感じているのか理解することで、お金に限らず人生の選択肢で迷わなくなります。

もし、自分の価値観がよく分からないのであれば、価値観マップを作り、自分の人生の羅針盤を持つことから始めていきましょう。

解説動画

人生の羅針盤(価値観マップ)を作ろう!作り方解説

②稼ぐ力の思い込み「仕事がデキる人ほど年収が高い」

稼ぐ力とは、「自分のスキルと考える力で、どんな時代・状況でも十分な収入を得る力」です。

▼図解で簡単に分かる稼ぐ力

 

稼ぐ力に関する「思い込み」は、「仕事がデキる人ほど年収が高い」というものです。

ところが実際は、会社員や公務員の場合、仕事の能力と年収は関係しないことも多いです。

例えば、社内失業者と呼ばれている、いわゆる「働かないおじさん・ぶら下がりおじさん」は、仕事がデキるとは言えません。

801社を対象にしたエン・ジャパンアンケート調査によると、社内失業の1番の要因は「能力不足」という結果が出ています。

こぱん
そんな能力不足と言われている人達の属性を3つ見てみよう。
大企業の社員に多い
40~50代に多い
マネージャー・管理職クラスにもいる

あひるくん
「大企業に勤めている40~50代の管理職」って、高年収のイメージが強いけど…。

こぱん
そうだよね^^;
でも、ズバリ言うけど、仕事の能力と年収は必ずしも結びつかないんだ^^;

年功序列が根強い日本企業において、年収を決める大きな要素は以下の3つです。

年収を決める3つの要素
  1. 業界・会社
  2. 年齢
  3. ポジション

給与水準の高い業界・会社に属し、年齢が高く、役職についているというだけで、年収は高くなるのです。

年齢は操作できないので、今すぐに年収を上げるには「業界・会社」と「役職」を変えるしかありません。

今すぐ年収を上げる方法

給与水準の高い業界に転職する

転職で役職につく

みなさんの中にも、「仕事さえできるようになれば待遇が良くなるはず!」と信じ、今の会社に滅私奉公している人もいるでしょう。

ですが、多くの場合は「ただの思い込み」と言わざるを得ません。

あひるくん
そう言えば、会社員の年収に関する残酷な真実も解説してくれたな…。

こぱん
大事なことだからもう一度伝えるよ。
「仕事がデキる人ほど年収が高い」というのは「思い込み」だからね^^;

③増やす力の思い込み「投資は悪いこと」

増やす力とは、「お金のなる木を育てて、資産と自由な時間を増やしていく力」です。

▼図解で簡単に分かる稼ぐ力

 

増やす力に関する「思い込み」は、「投資は悪いこと」というものです。

リベ大も投資・資産運用を通して資産所得を作ろうと解説しているため、話を聞いて「怪しい…」と感じる人も少なくありません。

そもそも、日本は金融教育が行われていないため、投資に対して経験・興味がない人も多いということが金融庁のデータからも分かります。

投資に対する経験と興味

7割の人が投資について学んだ経験がない

上記の内、3分の2の人が、投資を学びたいとも思っていない

あひるくん
僕が想像していたよりも、投資に興味がない人って多いんだな…。

人間は知らないモノを警戒する生き物ですから、投資を知らない人が投資を警戒することは自然なことです。

ですが、正しい知識に基づいた投資を行えば、みなさんの代わりにお金が働いてくれることも事実です。

そのためリベ大では、資産(金のニワトリ)を買って、資産所得(金の卵)を得る重要性を繰り返し伝えています。

▼図解で簡単に分かる金のニワトリ

 

 

株や不動産などからの資産収入を増やすことによって、スマホ代、光熱費も支払えるようになります。

こぱん
資産収入が増えると、人生がどんどん良くなっていくからね^^

「老後の不安をなくしたい!」

「給料が減っても食べていけるようにしたい!」

「あと少しだけ生活にゆとりが欲しい!」

「大嫌いな会社から抜け出したい!」

投資は、上記のような悩みの解決にも役立つものであり、全く悪いことではありません。

それに日本銀行や、みなさんの年金を管理しているGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)という組織は、100兆円規模の資産運用を行っています。

あひるくん
ひゃ、100兆円!?

こぱん
すごい金額でしょ?
もし投資が「悪」だと言うなら、政府・行政は極悪人になっちゃうね^^;

正しい知識を学び、よく理解した上で取り組むのであれば、投資はみなさんの人生を豊かにしてくれます。

もし、初心者で何から始めたら良いのか分からないという人は、以下の記事を参考にしてください。

 

④守る力の思い込み「自分だけは大丈夫」

守る力とは、「鉄壁のリスク管理で、貯めた資産を減らさない力」です。

▼図解で簡単に分かる守る力

 

守る力に関する「思い込み」は、「自分だけは大丈夫」というものです。

冒頭で紹介した、リベ大に届く大量の質問・悩みの中には、以下のような内容も少なくありません。

「○○という投資案件があるのですが、これは詐欺ではないですよね?」

「〇〇さんは信頼できる人だと思っているので、この投資案件は大丈夫ですよね?」

「やめたほうが良いですよ」とアドバイスしても、結局、怪しい案件に手を出してしまうのです。

つまるところ、誰も自分が騙されるかもしれないと思っていないのです。

実際、電話詐欺被害者の92%が「詐欺にあわない自信があった」と回答した驚くべきデータもあります。

あひるくん
被害に遭わない自信がある人でも、被害に遭ってるのか…。

こぱん
さらに、金融知識に自信のある高齢者ほど、金融詐欺に遭いやすいという残念なデータもあるんだよ^^;

学長も、「オレは大丈夫だ」と言い張る人に話を聞いてみたところ、全然大丈夫ではなかったそうです。

ボッタクリの投資信託を買っている

月に5万円以上の保険料を払っている

ワンルームマンション投資の営業を熱心に聞く

他にも、騙されて何億・何十億円の資産を失った人達も、本人は「詐欺の中身なんて全部知ってるよ」と自信満々だったそうです。

「自分も大丈夫じゃないかも」という可能性を考えておかなければ、とんでもない落とし穴に落ちかねません。

あひるくん
「自分だけは大丈夫!」って言い出したら、フラグだな…。

こぱん
本当にそうだよ^^;
常に「明日は我が身」と考えるくらいが丁度いいかな。

⑤使う力の思い込み「なるべく使わないのが大切」

使う力とは、「自分の価値観に基づいて、人生を豊かにするモノにお金を変える力」です。

図解で簡単に分かる使う力

 

使う力に関する「思い込み」は、「なるべく使わないのが大切」というものです。

どれだけ資産を築いたとしても、お金を上手に使えなければ幸せにはなれません。

将来のためにお金を貯めることは確かに大切ですが、今のためにお金を使うことも大切なのです。

このバランス感覚こそ、お金と上手に付き合うための神髄(しんずい)と言えるでしょう。

こぱん
個人の資産を築きながら、心が豊かになる使い方も大切だよね^^
心が豊かになる使い方の一例

友達にプレゼントをする

両親と旅行に行く

彼女と映画を見に行く

お金に支配されている人、つまりお金の亡者にならないようにみなさんも注意してください。

関連動画

【あなたはどっち?】金の亡者と倹約家の決定的な3つの違い

まとめ:多くの思い込みと「最低最悪の思い込み」を知ろう

思い込み

今回は、リベ大がよく目にするお金に関する「思い込み」を5つ解説しました。

お金にまつわる5つの力に関連した思い込み
  • ①貯める力
    → 支出を減らすと生活の満足も下がる
  • ②稼ぐ力
    → 仕事がデキる人ほど年収が高い
  • ③増やす力
    → 投資は悪いこと
  • ④守る力
    → 自分だけは大丈夫
  • ⑤使う力
    → なるべく使わないのが大切

こぱん
みなさんは、あてはまる思い込みがいくつありましたか?^^

最後に、リベ大が考える、これら5つよりも最低最悪の思い込みを紹介します。

それはズバリ「私は変われない」です。

この凶悪な思い込み・呪いがあると、自分の経済状況を、何一つ変えられません。

 倹約もできない

転職・副業・起業などで年収を増やすこともできない

資産運用もできない

人間は必ず変われますし、成長もできます。

「変われない」という思い込みは捨ててしまいましょう。

他人を変えることはできませんが、自分は今日からでも変えることができます。

だからこそ、今「思い込み」に気づけたなら、今から直せば良いのです。

「今さら…」と思う人もいるかもしれませんが、今日が1番若い日です。

思い込みは呪いのようなものですから、どんどん解いて、人生を今より豊かに、そして自由にしていきましょう。

あひるくん
よし!僕も今日から、いや今から行動しようっと!!

こぱん
みなさんもリベ大で一緒に学びながら、良い人生にしていきましょう^^

以上、こぱんでした!

「お金にまつわる5つの力」を磨くための実践の場として、オンラインコミュニティ「リベラルアーツシティ」をご活用ください♪

同じ志を持った仲間と一緒に成長していきましょう!

みんなでつくるリベ大コミュニティリベシティ

「リベラルアーツ大学」が待望の書籍になりました!

自由へと一歩近付くための「お金にまつわる5つの力」の基本をまとめた一冊です!

こぱん
【貯める・稼ぐ・増やす・守る・使う】力を一緒に学びませんか?^^
¥1,540
(2021/10/20 03:04:14時点 Amazon調べ-詳細)

▼「お金持ちの考え方ついて学びたい!」という人に読んでほしい記事がこちら!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事