【初心者も必見】簿記3級の次に「簿記2級・1級」を学ぶ5つのメリットを解説

※本サイトで紹介している商品・サービス等の外部リンクには、アフィリエイト広告が含まれる場合があります。

こぱん
最近リベ大に、次のような質問をよくいただきます。
よくいただく質問

 「FP3級に受かったんですが、次はどんな勉強がおすすめですか?」

 「簿記3級に受かったんですが、次はどんな勉強がおすすめですか?」

リベ大両学長は、「次は勉強ではなく実践。副業を始めましょう!」とよく言っていますが、今回の記事は違う角度から回答します。

その回答とは、「簿記が楽しかったのであれば、2級・1級までステップアップしてみよう!」というものです。

なぜなら、簿記は「皆さんのお財布にお金を呼ぶから」です。

こぱん
少し考えてみてください。
  • なぜ簿記の受験者数は、累計2,800万人にも及んでいるのか?
  • なぜ簿記は、人気資格ランキングでいつも上位にいるのか?
  • なぜ世界一の投資家と呼ばれるウォーレン・バフェット氏や起業家の堀江貴文氏は、簿記(会計)を学ぶことをおすすめしているのか?

それは、簿記が資本主義経済社会のインフラだからです。

あひるくん
そんなに重要なものなんだね。

人は、住居・水道・電気・ガスなどのインフラがなければ生きていけません。

同様に、資本主義経済社会では、簿記がなければ生きていけません。

世界に名だたるGoogle、Amazon、Appleといった超巨大企業も、裏では簿記の技術を使いながら会社経営をしています。

つまり、アメリカの超巨大企業から日本のラーメン屋さんに至るまで、世界中のビジネス現場で使われているのが簿記というワケです。

こぱん
そこで今回の記事では、以下の2点について解説します。
今回の記事で分かること

【おさらい】簿記を学ぶメリット

簿記2級・1級にステップアップするメリット

「簿記3級にはもう受かってるよ!」という人はもちろん、「まだ受験してないけど、簿記に興味がある!」という人にも役立つ内容になっています。

簿記を学ぶためにかかるコストは、せいぜい数千円~十万円程度です。

一方得られる金銭的メリットは、桁が1つ2つ変わってきます。

両学長も、簿記を学んでいなければ今の生活はなかったと言っています。

あひるくん
えっ!そうなの!?

こぱん
簿記は、まさにお金の最強資格なので、ぜひ記事を最後まで読んでみてください。

以下の図解を見てから記事を読み進めると理解しやすくなるので、参考にしてください。

▼図解:簿記3級 ここがすごい!

スポンサーリンク

解説動画:【初心者も必見】簿記3級の次に「簿記2級・1級」を学ぶ5つのメリット

このブログの内容は、以下の動画でも解説しています!

【おさらい】簿記を学ぶメリット

簿記2級・1級にステップアップするメリットを紹介する前に、まずは一般的な簿記を学ぶメリットをおさらいしておきましょう。

以下5つのメリットは、簿記3級レベルの知識でも、ある程度得ることができます。

簿記を学ぶ5つのメリット
  1. 経済ニュースの理解が深まる
  2. 仕事に役立つ
  3. 家計管理に役立つ
  4. 投資に役立つ
  5. 副業に役立つ

こぱん
それでは順番に見ていきましょう!

メリット①:経済ニュースの理解が深まる

毎日、経済に関する以下のようなニュースが飛び込んできます。

経済ニュース(例)

こぱん
皆さんはタイトルを見て、記事の中身が想像できるでしょうか?

あひるくん
いや、全然見当もつかないよ…。

おそらく99%の人が、イマイチ分からないと感じるはずです。

しかしこのようなニュースの中に、「お金になる情報」が隠されていることがあります。

大事な情報を見逃さず、きちんと理解するためには、簿記の知識が不可欠です。

以前、「企業の内部留保に課税しよう!」という話題がありました。

企業の内部留保への課税についての一部意見
  • 企業がお金を貯めこんでいるから、そこに課税すれば税収が増える。
  • 課税されたくない企業が「設備投資」や「賃上げ」に踏み切り、景気が良くなるかもしれない。

上記の意見は一見正しいようにも見えますが、簿記を学んだ人であれば、この話には違和感を抱くかもしれません。

こぱん
例えば、以下のようなことに気付くでしょう。
簿記を知っていると気付くこととは…
 「内部留保って、利益剰余金のことかな?利益剰余金って、すでに法人税を課税された後のものだよね。そこにもう一回課税するの?」

「そんなに課税したら、かえって設備投資や賃金を減らす方向にならない?」

「そもそも、内部留保とお金(キャッシュ)はイコ-ルじゃないよね?」

「内部留保があってもキャッシュがない会社に課税したら、潰れるリスクもあるし、かえって景気が悪くなるのでは?」

「企業には500兆円の内部留保がある!企業は現金を貯めこみ過ぎだ!課税せよ!」と言う政治家や、それに賛同して企業を批判している人も、簿記を学べば考えが変わるかもしれません。

簿記を学ぶと、経済ニュースの理解度はグッと深まります。

このような状態になれば、経済ニュースをもっと見るという流れが自然にできあがります。

こぱん
逆に簿記が分からないと、ニュースをどんどん見なくなるでしょう。

そして上記で紹介したような不毛な議論に、時間を浪費するハメになるかもしれません。

このように、知識格差・経済格差は広がっていくワケです。

簿記の知識を身に付けることで、「分かる → もっと見る → もっと分かる」のスパイラルに入りましょう。

あひるくん
自然と好循環になっていくんだね!

メリット②:仕事に役立つ

よく言われる通り、簿記はビジネスパーソンの必須知識です。

こぱん
仕事に関しても、以下のようにダイレクトに役立ちます。
仕事に役立つ例

自分の属する部署やプロジェクトがどのような状況なのか分かる
→ 「自分の仕事は会社の利益につながっているのか?」
→ 「どうすれば利益を増やせるのか?」

このようなことが分かるビジネスパーソンと、分からないビジネスパーソンでは、当然差がつきます。

社長としても、分かってくれる人の方が給与を上げやすいでしょう。

管理職やプロジェクトマネージャーなら、会計的な目線は必須です。

自分の会社がどのような状況なのか分かる
→ 「この会社は好調なのか?ヤバいのか?」
→ 「会社は何を重視しているのか?どこにお金を使っているのか?」
→ 「倒産する可能性はどのくらいあるのか?」

簿記の知識があれば、財務諸表を見ることで上記のことが分かります。

転職先候補の会社がどのような状況なのか分かる
→ 転職先の財務状態が分からずに転職するのはハイリスク

転職先候補の財務諸表が手に入らないのであれば仕方ありませんが、財務諸表が公開されている企業であれば、事前チェックは必須。

簿記の知識があれば、「入社した途端に転職先が倒産した」という事態は、ある程度避けられる。

転職に限らず、学生の就職活動の場でもよく見られる光景があります。

こぱん
具体的な例を紹介しましょう。
学生の就職活動でよく見られる光景

簿記の知識ゼロのAさんは、ネームバリューを重視します。

Aさんの場合、有名ではあるものの財務状態が悪い会社に就職することもあるでしょう。

一方簿記の知識があるBさんは、実態を重視します。

Bさんの場合、それほど有名ではないものの、財務状態の良い会社にも就職できるでしょう。

もちろん、年収が増えやすいのも生活が安定しやすいのも、実はBさんの方です。

会社も、無い袖は振れません。

お金があるキャッシュリッチな企業に勤めると、当然年収が増えやすい傾向になります。

加えて、そのような企業は潰れにくい会社とも言えるでしょう。

簿記の知識があると、外見だけはピカピカの「泥舟」に乗り込むリスクを減らせます。

結局簿記の知識の有無で、働く場所・仕事のクオリティが上がり、結果として生涯で稼げる金額が何百万円と変わりうるワケです。

あひるくん
簿記、メリットがすごいね!

メリット③:家計管理に役立つ

簿記は仕事の場に限らず、家計管理の場でも活躍します。

皆さんは、自分の家の「損益計算書(P/L)」「貸借対照表(B/S)」を作ったことがありますか?

リベ大でもおすすめしている名著「金持ち父さん 貧乏父さん」でも頻繁に出てくる、下図のようなイメージです。

上図のように、損益計算書(P/L)や貸借対照表(B/S)は、世界中の「お金の名著」で必ずといっていいほど出てくる言葉です。

P/L・B/Sを作らずにお金を管理するというのは、目隠しをしてボクシングをするようなものでしょう。

こぱん
要するに、勝てないということです。

自分の家計に当てはめ、数字を入れながらこのP/L・B/Sが作成できると、以下のようなメリットがあります。

家計のP/L・B/Sを作れるメリット

 家計の状態が分かる
→ 資産や負債の定義を知らない人が、自分の財産を把握できるワケがない。

 マイホームなどの大きな買い物で失敗しなくなる
→ 簿記の知識を使わずに、「賃貸」が良いか「持ち家」が良いかを正しく分析するのは、ほぼ不可能。ここの前提条件が崩れているため、永遠の論争が起こる。

 家計の弱点が見える
→ 家計を良くするために、何が必要か見える。

あひるくん
とっても役に立つんだね!

簿記は、家計を正しく把握するための超重要ツールです。

簿記が分かれば、より効果的に家計管理ができるようになります。

もちろん「簿記なんか知らなくても、上手に家計管理できてるよ!」という優秀な人もいるでしょう。

こぱん
このような人に言いたいことは、ただ1つです。

「もしあなたに簿記の知識があれば、さらに強い家計を作れます」

裸足でも速く走れる人に、高性能のランニングシューズを与えたら、もっと速く走れるようになります。

あひるくん
納得の例えだね!

メリット④:投資に役立つ

簿記の知識は、投資の場面でも大きな役割を果たします。

なぜなら、投資先を選んだり、投資の成果を確認したり、投資の引き際を考えたりするのに使える知識だからです。

こぱん
例えば株式投資、特に個別株投資の場面で役立ちます。

簿記は財務諸表を作るための技術なので、世界中のあらゆる株式会社は、簿記を使って「経営成績」「財務状態」を計算しているワケです。

つまり簿記が分かるということは、会社の状態が分かるということです。

具体的には、公表されている財務諸表などから、以下のような点が読み解けるようになります。

簿記が分かると読み解けるもの
  • この会社は、何によって、どのくらい儲けているのか?
  • この会社は、突然倒産したりしないか?
  • 今年の業績は良かったのか悪かったのか?そして、そうなった原因は?

上記が分かった上で行う投資と、分からずに行う投資では、差がついて当然です。

両学長も日米の高配当株投資の場面では、簿記の知識を使っています。

こぱん
簿記の知識がない状態で、高配当株投資をするのは結構難しいです。

両学長に簿記の知識がなければ、今頃減配・含み損だらけで大粒の涙を流していたかもしれません。

株式投資に関して言えば「インデックス投資」という優れた投資手法があるので、必ずしも簿記が必須というワケではありません。

一方、不動産投資については、最低限の簿記の知識が必須です。

銀行からお金を借りる際は、財務諸表の提出が必ず必要になります。

自分で自分の財務諸表を説明できないようでは、お金を借りられるワケがありません。

あひるくん
確かに説得力が全くないね。

以下のような点は、全て正しく理解する必要があります。

正しく理解すべき点
  • 資産・負債の定義。
  • どこからどこまでが「修繕費」で、どこからが「資本的支出」なのか。
  • 「減価償却費」とは何か。
  • 「経費になる税金」「経費にならない税金」は何か?

皆さんも、人から「お金を貸してほしい」と言われた時、その人が「毎月の収入・支出や、今の貯蓄額が分からない」状態であれば、お金は貸せないでしょう。

もちろん、お金は貸さないに越したことはありませんが、余計に貸せなくなるはずです。

こぱん
それは、銀行としても同じです。

これらを理解しないまま行う不動産投資は、全くおすすめできません。

ただでさえ、不動産の世界は「海千山千の猛者ぞろい」です。

何も分からない羊が紛れ込んでしまうと、オオカミにバクっと食べられてしまいます。

あひるくん
ヒェ〜〜、怖い!

お金の世界では、「簿記の知識がない=目隠しされた状態」というワケです。

競争の厳しい不動産の世界で、目隠しをしながら戦うのはやめましょう。

こぱん
言葉通り、ボコボコにされます。

メリット⑤:副業に役立つ

ここまで4つのメリットを解説する中で触れた通り、簿記はビジネスの状態を把握するための技術とも言えます。

よって、自分自身でビジネスを始める際も、とても役に立ちます。

こぱん
考えてみてください。

「自分のビジネスの状態を把握できる人」「自分のビジネスの状態を把握できない人」どちらのビジネスがうまくいきそうかは、火を見るよりも明らかです。

簿記は以下のような点からも、副業の必須科目といっても過言ではありません。

簿記が副業の必須科目と言える理由

 経営に役立つ
→ 売上管理、経費管理、債権管理、あらゆる場面で役に立つ。よほど優れたビジネスモデルでない限り、どんぶり勘定では戦えない。

 税金の申告にも役立つ
→ 自分で帳簿付けができ、知識を深めれば申告自体も可能。税理士さんに任せる場合でも、前提知識が共有できるので、コミュニケーションを取るのに役立つ。

加えて、良い税理士さんも見分けやすくなるでしょう。

こぱん
次の3ステップを、ぜひ意識しておいてください。
3ステップとは
  1. 簿記を学ぶ(目隠しを外す)
  2. 自分のスモールビジネス(副業)を持つ
  3. スモールビジネスを育てていく

この3ステップは、会社員が副業年収を500万円 → 1,000万円 → 1,500万円と増やしていく際の鉄板パターンです。

「私は簿記なんて知らないけど、副業でガッポリ稼いでるよ!」という人もたくさんいるでしょう。

このような人たちに言いたいことは、ただ1つです。

「もしあなたに簿記の知識があれば、さらに効果的に副業で資産形成できます」

裸足でも速く走れる人に、高性能のランニングシューズを与えたら、もっと速く走れるようになります。

あひるくん
さっきも同じ話を聞いたような…。

世の中には、社長になってから会計を学ぶ人も少なくありません。

社長は実戦経験が豊富なためイメージしながら学べるので、会計知識の吸収も非常に早いです。

そして高めた経営力で、より一層稼いでいくことになります。

自分の会社の状況が分かれば、意外と経営に関する不安は消えるものです。

こぱん
とにかく、学んでソンしないのが簿記というワケです。

簿記2級・1級にステップアップするメリット

少し長くなりましたが、ここまでが簿記のおさらいです。

ここからは、より深く簿記を学ぶメリットについて解説します。

具体的には「簿記2級・1級」にステップアップするメリットをお伝えします。

こぱん
結論からお伝えすると、メリットは以下の5つです。
簿記2級・1級にステップアップするメリット
  1. 「簿記のメリット5つ」がより深まる
  2. 就職・転職に役立つ
  3. 上級管理職を目指す足掛かりになる
  4. 上位資格の足掛かりになる
  5. 関連資格の足掛かりになる

メリット①:「簿記のメリット5つ」がより深まる

先ほど解説したメリットが、より深まります。

一覧にすると、下図のようになります。

1経済ニュースの理解が深まる → ○

簿記2級を学ぶと、工業簿記(製造業の原価計算)、予算管理、連結決算(企業グループの財務諸表作成)なども理解できるようになります。

企業会計に関わるニュースは、一通り理解できるようになるでしょう。

2仕事に役立つ → ○

簿記2級まで学ぶと、企業会計の基本は一通り押さえたことになります。

経営陣、経理・財務部門、取引先、会社の顧問税理士・会計士などと話す場合も、「そんな基本的なことも分からないの?」と言われるケースはなくなるでしょう。

3家計管理に役立つ → ×

簿記2級・1級レベルだと、家計管理とのシナジーはほとんどありません。

こぱん
基礎というレベルではなく、より高度な内容になるからです。
4投資に役立つ → 株式投資:○ 不動産投資:×

個別株の投資をやるのであれば、より一層役立ちます。

上場企業の大半は、複数の財務諸表を合わせた「連結決算書」を作っています。

簿記2級以上の論点を学べば、分析の幅は相当広がるでしょう。

一方、2級以上の論点では、不動産投資に役立つものはあまりありません。

あひるくん
不動産投資は、簿記3級レベルの知識があれば十分なんだね。
5副業に役立つ → 製造業:○ それ以外:×

何かを作って売るような製造業を副業でする場合、簿記2級の知識は役立ちます。

例えばハンドメイド・お菓子などの製造販売です。

工業簿記を学ぶことで、原価管理のレベルが上がります。

こぱん
一方で、製造業に関係ない副業の場合は、簿記2級・1級レベルの知識は明らかにオーバースペックです。

メリット②:就職・転職に役立つ

「簿記って、地味な資格だよね」という印象を持つ人は、意外に多いかもしれません。

しかし、簿記2級以上となれば話は別です。

就職・転職の場面でのアピール力は、意外と侮れません。

例えば就職活動をする場合、若いうちに簿記1級を持っていれば、一流企業への就職パスポートになり得ます。

皆さんが知っている「あの会社」の、何百倍の選考にも勝ち残れる可能性が上がるワケです。

こぱん
以下のように考える人にとっては、「武器の1つ」として十分に機能するでしょう。
  • コーポレートスタッフの仕事がしてみたい。営業部門への配属は避けたい。
  • コミュニケーション力に自信がないので、エントリーシートを輝かせて面接の難易度を下げたい。

実際両学長の友人にも、簿記1級を武器に、大手企業の経理への就職を決めた人が何人もいるそうです。

どうしても営業が苦手で、対人の部門に行きたくないという人は、経理を学ぶという考え方もアリでしょう。

もちろん転職の場面でも、十分役に立ちます。

特に以下のような人は、大いに加点評価してもらえるはずです。

加点評価してもらいやすい人の特徴
  • 比較的若い
    → 目安としては、30代前半まで。
  • これまでの職歴とシナジーがある
    →「これまでの経験 + 簿記の知識」で貢献できるストーリーが見える。

上記のような人は、キャリアチェンジの際、簿記1級(2級)の資格を有効に活用できるでしょう。

逆に言えば、年齢がそれなりに高かったり、過去の職歴と簿記にシナジーがない場合、転職市場で評価されることはあまりありません。

「資格さえあればなんとかなる」というワケではないので、過度な期待は禁物です。

また「そんなに年収の良い仕事でなくても良い」という人の場合、簿記2級があれば以下のような選択肢も出てきます。

簿記2級を持つことで出てくる選択肢
  • 小規模企業の経理。
  • 会計事務所への就職・アルバイト。
  • フリーランスで、経理業務を受託して月10万円稼ぐ。

「自分でスモールビジネスを作るより、雇われ(パート)で月10万稼ぐ方がラク」という人の武器にもなるというワケです。

あひるくん
結構いろんな場面で使えるんだね。

メリット③:上級管理職を目指す足掛かりになる

簿記は、企業内で経営者層を目指す際にも役立ちます。

こぱん
ここで、MBAのカリキュラムを紹介します。

MBAというのは、経営学の大学院修士課程を修了した証のことです。

MBAの必須科目は、経営を語る上での必須科目とも言われ、実際に企業内での出世のために「MBA取得」が必要になるケースもあります。

MBAのカリキュラム、慶應義塾大学大学院 経営管理研究科(KBS)の基礎科目(必修)は、以下のようになっています。

(出典:Keio Business School「KEIO MBA カリキュラム・各科目の概要」)

こぱん
続いて、一橋大学大学院 経営分析プログラムのコア科目を見てみましょう。