この記事で伝えたいこと
◯あらゆる所得は10種類に分類される
◯自由になるために育てるべき所得は、ズバリたったの4種類!

とらたぬ
「もう一歩、今より自由になる」ために。どんな所得を増やしていけばいいのか、基本を押さえておきましょう!

 

あらゆる所得は10種類に分類される

あひるくん
所得ぅ?まぁーた難しい言葉使って。…しかも10種類!?そんなに覚えられるわけないじゃん。むりむりむり

大丈夫です、10種類すべてを暗記する必要はありません。今回覚えて欲しいのは4種類だけです。

所得」については、とりあえず「収入(=稼いだお金)のことだよね!」くらいに思っておけばOKです。細かいことは、そのうちだんだんわかってきます。

 

経済的に自由になるためには、お金の知識が大切です。

  • 世の中にどんな種類の所得があるのか?
  • 自由への道につながっている所得ってどんなものか?

このあたりを理解して「自由への道」を歩きはじめましょう♪

 

とらたぬ
というわけで、はじめに所得の種類を解説します。すべての所得は10種類に分類されます!これはいい加減な分類ではなく、法律でそう定められているんです。
  1. 給与所得
  2. 退職所得
  3. 事業所得
  4. 不動産所得
  5. 利子所得
  6. 配当所得
  7. 山林所得
  8. 譲渡所得
  9. 一時所得
  10. 雑所得

あひるくん
3番目くらいで挫折しました

 

では、ひとつずつ解説してみます。

  1. 給与所得 :俸給・給料・賃金・歳費及び賞与並びにこれらの性質を有する給与など
  2. 退職所得 :退職手当等に係る所得
  3. 事業所得 :製造業・卸売業・小売業・サービス業等の事業から生ずる所得
  4. 不動産所得:不動産の貸付けによる所得、船舶・航空機の貸付けによる所得など
  5. 利子所得 :公社債の利子、預貯金の利子、合同運用信託の収益の分配金など
  6. 配当所得 :法人から受ける剰余金の配当、投資法人から受ける金銭の分配など
  7. 山林所得 :山林の伐採又は譲渡による所得
  8. 譲渡所得 :資産の譲渡による所得
  9. 一時所得 :①~⑧以外の所得のうち、条件を満たす一時の所得
  10. 雑所得  :①~⑨のいずれにも該当しない所得

あひるくん
…堅苦しい言葉が多いねぇ。もっと分かりやすくならない?

 

では、各所得のよくあるパターンを、もう少しわかりやすいイメージ例で見てみましょう。

  1. 給与所得 :サラリーマンの給料
  2. 退職所得 :サラリーマンが定年退職の時にもらう退職金
  3. 事業所得 :クリーニング屋さんを経営して稼いだ利益
  4. 不動産所得:家を他人に貸して受け取った家賃
  5. 利子所得 :銀行に預けた預金の利息
  6. 配当所得 :持っている株式の配当金
  7. 山林所得 :昔から持っていた裏山を売って得たお金
  8. 譲渡所得 :株式の売却益
  9. 一時所得 :クイズの賞金競馬の儲け
  10. 雑所得  :年金など、上記に当てはまらないもの

あひるくん
…ふーん。ちょっとだけイメージできたかな。とにかく、世の中には10種類の所得があるのね。

とらたぬ
その通りです。10種類ならんでいるだけではわかりにくいので、「発生する原因」や「タイミング別」に整理してみましょう!

 

発生原因ごとに分類するとこうなる

とらたぬ
まずは、「何から発生する所得か」による分類です。

 

勤労から発生するもの

自分で働いて稼ぐ所得には、以下のようなものがあります。

  • 給与所得
  • 退職所得

あひるくん
まぁサラリーマン的には、コレが普通だよね。

 

資産から発生するもの

資産を運用したり、処分したりすることによって得られる所得には、以下のようなものがあります。

  • 利子所得
  • 配当所得
  • 譲渡所得

あひるくん
働かなくても手に入るってことでしょー?これはいいねー。

 

勤労と資産から発生するもの

①と②が混ざりあっている所得には、以下のようなものがあります。

  • 不動産所得
  • 事業所得
  • 山林所得

例えば、大家さんは「不動産」という資産を利用して収入を得ていますが、一方で入退去者の管理や物件の清掃など、勤労も発生していますね。

あひるくん
自分が働いた分と資産が稼いでくれる分と、いろんな割合で混ざってるんだね。

 

※一時所得と雑所得には様々なものが含まれ、分類が困難なので、ここでは省略しました。

 

発生タイミングで分類するとこうなる

とらたぬ
次は、「どんなタイミングで発生する所得か」による分類です。

 

①繰り返し発生する経常的な所得

毎年、繰り返して発生する所得には、以下のようなものがあります。

  • 給与所得
  • 事業所得
  • 不動産所得
  • 利子所得
  • 配当所得

あひるくん
しょっちゅう手に入るってことだよねー。大事大事。こういうのが安定的な生活を支えるんだ

 

②一時的に発生する臨時的な所得

単発で発生する所得には、以下のようなものがあります。

  • 退職所得
  • 山林所得
  • 譲渡所得

あひるくん
臨時収入はうれしいよねっ!ま、超大金でもない限り、これだけで一生暮らすっていうのは難しいよな~

 

※一時所得と雑所得には様々なものが含まれ、分類が困難なので、ここでは省略しました。

(参考:国税庁 税務大学講本「所得税法」)

自由になりたいなら、増やすべき所得は4種類

10種類もの所得がありますが、自由を目指すなら増やすべき所得はこの4種類で決まりです。

  1. 利子所得
  2. 配当所得
  3. 不動産所得
  4. 事業所得

これらの所得に共通するポイントは2つ。

  1. 繰り返し発生するということ
  2. 資産」または「資産&勤労」から発生するということ

 

繰り返して発生する収入でなければ、安定的な生活を送ることはできません。

臨時的に発生する稼ぎをアテにして暮らし続けるのは難しいものです。だから、自由になりたいのなら「経常的に発生する収入」を育てなくてはいけません。

 

給与所得は、安定収入の代表的なものですが、「自分の時間を捧げなければならない」という大きな弱点があります。勤労には限界があるのです。

誰にとっても身体は1つ、時間は1日24時間しかないからです。

 

自由になりたいのなら、ゼッタイに「資産」のパワーをからめた収入を育てる必要があります。

  • 利子&配当所得・・・資産から発生する収入
  • 不動産&事業所得・・・資産&勤労から発生する収入

お金のなる木を手に入れるということですね。

 

結局、①安定して収入が発生する、②資産の力を借りることができる、この2つの条件を満たせる所得はこの4つしかありません。

  1. 利子所得
  2. 配当所得
  3. 不動産所得
  4. 事業所得

そして、これらをバランスよく組み合わせることで、嵐にも負けない強固な財政基盤を作ることができます。何種類もの所得があれば、どれかがなくなっても大丈夫ですからね。

あひるくん
自由になるためにはこの4種類の所得が重要ってことか!これ以外の6つの所得については、いったん忘れちゃおうっと!

 

というわけで、ここからはもう少し踏み込んで、どうやったらこの4つの所得を得られるか、みていきたいと思います。

 

利子所得

代表的な利子は次の2つです。

  1. 公社債の利子(例:国債、地方債、社債の利子)
  2. 預貯金の利子(例:銀行、信用金庫、農業協同組合等の預貯金の利子)

現在の日本では、国債の利息預貯金の利息もスズメの涙ほどしか得られません。利率が0.01%とかですからね。こんなものを頼りにしていては、100年経っても自由にはなれません。

 

一方で、米国の債券などは3%近い利回りを得られます。為替リスクや値動きの変動リスクがありますが、「BND」とか「AGG」といった優良ETF()は非常に魅力的です。

BNDやAGGは、リーマンショックの時でさえ5%ほどしか値下がりしませんでした。ある程度元本を守りながら安定的に利子を得たいのなら、検討の余地があります。

あひるくん
ふーん。銀行預金のショボいイメージしかなかったけど、利子ってやつも意外とスゴイんだねぇ。

 

※ETFとは何か?BNDやAGGどこでどうやって買えるのか?こういったことは、本記事の最後に関連記事をご紹介します。ひとまず読み進めて下さいね

 

配当所得

株式を所有すると、「配当金」というかたちで企業の儲けを分配してもらえることがあります。

東京電力のような有名企業でさえ、一寸先は闇の世界です。こわくて株なんて買えないよ!という意見もあると思いますが、優良企業を集めたパック商品のようなものも簡単に買える時代です。

例えば、「VYM」という米国ETFは、マイクロソフトやP&Gといった日本人でも知っている米国の優良企業400社超にまとめて投資することができます。

現在では年2.5%~3.0%ほどの配当金が期待できます。

こういった商品は、1社だけの株式を買う場合と比較して、リスクがおさえられています。コツコツと買い進めることで、値上がり益も狙いながら配当金を増やしていくことが可能です。

あひるくん
優良企業の詰め合わせって、なんだかロマンを感じるね

 

不動産所得

不動産を貸してお金を得るというと、資産家の特権のように感じてしまうかもしれません。

しかし、サラリーマンにだって不動産所得を得ることはできます。たとえば

  1. 2,000万円のマンションを住宅ローンで買う
  2. 年収300万円の妻に8年共働きしてもらう(全額貯金する)
  3. 8年後にローンを全額完済、賃貸に出して家賃収入を得る

といった方法が考えられます。

 

そもそも、サラリーマンの住宅ローンは優遇されています。

  1. 融資を受けやすい
  2. 金利が非常に低い
  3. 住宅ローン控除を使えばおさめすぎた税金が返ってくる
  4. 自宅を売買して利益が出ても、一定の金額まで税金がかからない

月10万円で貸せる住宅を1軒持っているだけで、生活には相当な余裕が生まれます。

 

もちろん、もっと規模の大きな王道の不動産投資もありますが、このような小さな不動産投資だって可能だということです。

  • 自由に貸せる1軒」を持っているサラリーマン
  • 高い家賃を払い続けているサラリーマン

どちらがゆとりある生活を送れるかは、計算するまでもないですね。

あひるくん
ボクも大家さんになれる可能性があるってこと?ちょっと考えてみようかな...

 

事業所得

  • 「債券」を買えば利息が得られます
  • 「株式」を買えば配当金が得られます
  • 「不動産」を買えば家賃収入が得られます

つまり、「買うべきもの」さえ分かれば、基本的にはプロでも素人でも同じ結果が得られるということです。

しかし、事業所得はそう簡単にはいきません。一口に「事業」といっても、この世には星の数ほどビジネスモデルがあり、どのような事業を作るかはその人次第だからです。また、

  • 副業としてやるか?
  • 独立して個人事業としてやるか?
  • 会社を起こすか?

こういった様々な選択肢もあります。この話題については、今後広げていきたいと思います。

 

収入源を増やし、徐々に勤労から抜け出す!

  1. あらゆる所得は10種類に分類される
  2. 自由になるために、ねらうべき所得はズバリ4種類

てっとり早く得られるのは利子所得配当所得。優良資産を買うためにも、まずは余計な支出を減らしましょう。保険など、大きな金額がかかるところは特に気をつける必要があります。

 

 

支出を減らすのと同時に、証券口座を開設して投資を始めましょう。これが、所得の種類を増やすための超重要な第1歩です。


>>楽天証券で口座開設

 

リベラルアーツ大学のメンバーも、着々と資産形成の準備が整っています。

 

とらたぬ
「安定収入」を「資産」にからめて発生させよ!4つの所得に意識を向けることが大切です

あひるくん
給与所得しかなかった僕だけど、利子・配当も狙っていくぞ!不動産や事業にも興味が出てきたぞ~!

 

日本は法治国家。すべての所得は10種類に分類され、税金の申告もこの通りにやることになっています。ルールをしっかりと理解して、「自由への有効な戦略」をとっていきましょう!

おすすめの記事