【知らないと恥ずかしい】SDGsのキホンと、SDGsを取り入れて生活を豊かにするコツ2つ

こんにちは、こぱんです!

皆さんは、SDGs(エスディージーズ)という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

アメリカの大統領が、環境問題に熱心なバイデン氏に決まり、最近ますます注目されるようになっている言葉です。

こぱん
「知らないと恥ずかしい!」と言えるレベルの言葉だけど、あひるくんは知ってる?

あひるくん
え、何それ…聞いたこともないよ!教えて〜!!

自分たちの生活にはもちろん、資産運用にも関係する2021年のスペシャル・キーワードです。

そこで今回の記事では、以下を解説していきます。

今回の記事でわかること
  • SDGsとは
  • SDGsを取り入れて生活を豊かにするコツ2つ
  • リベ大の取り組みとSDGsの関係

今回の記事を読めば、SDGsの概要について理解できます。

また、「こんな会社員生活イヤだ!」「もっと豊かな暮らしをしたい!」という思いを持った方にも、今後の指針になるのでオススメです。

SDGsを知り、自分の生活を豊かにするために役立てましょう。

こぱん
ぜひ、最後までご覧ください^^
スポンサーリンク

解説動画:【知らないと恥ずかしい】SDGsのキホンと、SDGsを取り入れて生活を豊かにするコツ2つ

このブログの内容は下記の動画でも解説しています!

SDGsとは

SDGsの概要

SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。

SDGsとは
  • 国連加盟国193カ国が達成を目指す「2016年から2030年までの国際目標」
  • 2015年9月に、ニューヨークの国連本部で行われた国連サミットで採択

皆さんも新しい年を迎えると、下記のように今年の目標を立てることでしょう。

「転職して年収50万円増やすぜ!」

「貯金を100万アップさせるぞ!」

「家族と2回海外旅行に行く!」

皆さんの目標は基本的に1年ごとに変わっていきますが、SDGsは2030年までの国際目標です。

目標を立てたのが2015年のことなので、なんと15年間にも及ぶ長期計画でもあります。

人間に例えると、赤ちゃんが高校生になるくらいの時間です。

こぱん
サラリーマンや公務員の方なら、3回ぐらい役職名が変わってそうですね。

この15年という長い歳月をかけて、国連加盟国193カ国が達成したい目標は全部で17個あります。

SDGs17の目標
  • 目標1【貧困をなくそう】
  • 目標2【飢餓をゼロに】
  • 目標3【すべての人に健康と福祉を】
  • 目標4【質の高い教育をみんなに】
  • 目標5【ジェンダー平等を実現しよう】
  • 目標6【安全な水とトイレを世界中に】
  • 目標7【エネルギーをみんなに そしてクリーンに】
  • 目標8【働きがいも経済成長も】
  • 目標9【産業と技術革新の基盤をつくろう】
  • 目標10【人や国の不平等をなくそう】
  • 目標11【住み続けられるまちづくりを】
  • 目標12【つくる責任つかう責任】
  • 目標13【気候変動に、具体的な対策を】
  • 目標14【海の豊かさを守ろう】
  • 目標15【陸の豊かさも守ろう】
  • 目標16【平和と公正をすべての人に】
  • 目標17【パートナーシップで目標を達成しよう】

これら17の目標をすべて達成することで、地球を破壊せず、次の世代にツケを残すことなく、今生きている人達も幸せに経済成長を享受できるというわけです。

今、必死に働いている人達のなかにも「こんな働き方、いつまでも続かないよ」と思っている人は多いでしょう。

誰かを犠牲にしたり、環境を犠牲にしたりして実現される経済成長は、もう限界だということです。

こぱん
それでは17の目標について、それぞれ簡単に見ていきましょう^^

目標1〜4(貧困・飢餓・保健・教育)

目標1【貧困をなくそう】

1番目の目標は、「貧困」です。

1日1ドル90セント(約200円)の貧困ライン未満で暮らす人は今、世界に7億8,300万人もいるそうです。

これを地球全体で考えると、10人に1人は貧困ライン未満で暮らしています。

「日本ではそんなの関係ないでしょ」と思う人もいるかもしれません。

ですが相対的貧困(大多数の人より貧しい状態の人)という観点で見ると、日本でも1人親世帯を中心に、7人に1人は貧困の定義に当てはまるとのことです。

あひるくん
日本でも全く他人事ってわけじゃないんだな。
目標2【飢餓をゼロに】

2番目の目標は、「飢餓」です。

栄養不良で苦しんでいる人の数は、8億1,500万人で、これは世界人口の9人に1人に値します。

「必要とされる食料」と、「日本で捨てられている食料」を比較すると、ショッキングな事実が見えてきます。

必要な食料と捨てられる食料
  • 栄養不足に苦しむ人たちが必要な食料:320万トン
  • 日本で「食べられるのに捨てている食料」:646万トン

あひるくん
え?捨てずにあげれば、飢餓問題解決するの!?

また、世界では120億人分の食料が生産されているのに、10億人近くの人が飢えに苦しんでいるというデータもあります。

世界の食料問題については、ドキュメンタリー映画の「ありあまるごちそう」が分かりやすいので、おすすめです。

食について色々と考えるきっかけになるでしょう。

紀伊國屋書店
¥1,470 (2021/06/22 02:58:12時点 Amazon調べ-詳細)
目標3【すべての人に健康と福祉を】

3番目の目標は、「保健」です。

「健康のために、週に1回ジムに通おう!」、「スナック菓子を食べすぎない!」などといったレベルの話ではありません。

日本では実感しにくいかもしれませんが、世界では十分な医療を受けられない人は多いのです。

世界の医療の現状
  • 5歳未満の子供が5秒に1人死んでいる
  • 2人に1人は基礎的な医療を受けられない

上記のような悲惨な現状を変えるための目標です。

例えば日本の労働環境でも、健康と福祉の面から見直さなければいけないコトは、まだまだあるでしょう。

こぱん
過労死や過労自殺など、課題はたくさんあります。
目標4【質の高い教育をみんなに】

4番目の目標は、「教育」です。

リベ大でもいつも伝えている通り、知識は武器にも防具にもなります。

国連事務総長が立ち上げたGEFIという組織が、教育に関して以下のような調査結果を公表しています。

教育で世界はこう変わる
  • 全ての学生が基礎的な読解力を身につければ、1億7,100万人が貧困から抜け出せる
  • 全ての女性が初等教育を受ければ、出産による死亡は66%減少する
  • 全ての母親が中等教育を受ければ、子どもの死亡は49%減少する

こぱん
「知ってさえいれば助かること」が、そこら中にあるのです。

目標5〜9(ジェンダー、水・衛生、エネルギー、経済成長と雇用)

目標5【ジェンダー平等を実現しよう】

5番目の目標は、「ジェンダー」です。

「性別に関係なく、自分らしく生きられる社会」を目標にしています。

課題は多岐に渡っており、以下のようなものがあります。

ジェンダーの課題
  • 18歳未満で強制結婚させられた人:7億5,000万人
  • 娘と息子の相続権が平等でない国:39ヵ国
  • 女性を家庭内暴力から守る法律がない国:49ヵ国
  • セクハラ
  • 家事・育児負担の偏り
  • 政治家・経営者・研究者といった職種の性別格差
目標6【安全な水とトイレを世界中に】

6番目の目標は、「水・衛生」です。

日本にいると忘れがちですが、世界ではまだまだ「水と安全はタダ」ではありません。

世界の水・トイレ問題の一例
  • 排泄物で汚れた水を飲まなければいけない人:18億人
  • 不衛生な水などによる病気で死亡する子ども:約1,000人 / 日

蛇口をひねれば安全な水が出てくるのは、かなり恵まれたことなのです。

あひるくん
海外旅行とか行くと、水は基本「買って飲む」よね。
目標7【エネルギーをみんなに そしてクリーンに】

7番目の目標は、「エネルギー」です。

ざっくりいうと、以下のような目標です。

  • クリーンエネルギーの導入をすすめることで地球温暖化を防ぐ

  • 電力エネルギーにみんながアクセスできるようにする

クリーンエネルギーは最近日本でも話題になっていますが、以下のような現実を知らない方も多いかもしれません。

世界のエネルギー問題の一例
  • 世界人口のうち現代的な電力を使えていない人:13%
  • 有毒な燃料を屋内で使ったために死んでしまう人:年間400万人

    日本にいると実感しにくいことですが、安全に、好きなように電気を使えるのは、世界では当たり前ではありません。

    目標8【働きがいも経済成長も】

    8番目の目標は「経済成長と雇用」です。

    あひるくん
    なんだか急に身近な話題になったぞ!

    日本で暮らしている皆さんにとっても、身近に感じられる問題かもしれません。

    経済成長・雇用の課題
    • ワーキングプア
    • 長時間労働
    • 女性や障がい者への差別

    経済成長や雇用の問題が解決し、誰もが働きやすく、やりがいを感じられる仕事ができる世界になれば、皆さんにとっても嬉しいことでしょう。

    リベ大でも働きやすい環境づくりなど、できるところから皆さんと一緒に行動していきたいと思います。

    こぱん
    この件については、後述しますね。

    目標9〜12(インフラ・産業化・イノベーション、不平等、持続可能な都市、持続可能な消費と生産)

    目標9【産業と技術革新の基盤をつくろう】

    9番目の目標は「インフラ・産業化・イノベーション」です。

    道路・電気・水道・インターネットなどインフラに関する目標です。

    災害の多い日本にとって、「自然災害があっても、すぐに復旧できるカタチをつくる」はかなり重要な話題でしょう。

    目標10【人や国の不平等をなくそう】

    10番目の目標は「不平等」です。

    世界の不平等問題
    • 世界のお金持ち上位8人の資産は、世界の貧しい人36億人分の資産とほぼ同じ。
    • 貧しい家の子どもは、お金持ちの家の子どもの3倍も死亡率が高い。
    • 農村部の女性は、都市部の女性の3倍も出産時死亡率が高い。

    上記のような不平等を解決できることを目標にしています。

    特に、米国大統領選挙やコロナの問題による分断・格差が大きな話題です。

    目標11【住み続けられるまちづくりを】

    11番目の目標は「持続可能な都市」です。

    目標11が目指す持続可能な街の例
    • 災害が起きてもすぐに復旧する街
    • 弱い立場の人(子ども、障がい者、高齢者など)に配慮のある街
    • スラム化しない街

    リベ大のオンラインコミュニティ「リベシティ」も持続可能な場所になるよう、鋭意建設中です。

    こぱん
    こちらについては、後述します^^
    目標12【つくる責任つかう責任】

    12番目の目標は「持続可能な消費と生産」です。

    世界中の人が今の日本のような暮らしをするには、地球2.8個分の自然資源が必要だそうです。

    あひるくん
    僕たち、めちゃくちゃ贅沢してるってこと?

    世界の人口は現在74億人ですが、2050年には96億人に達する見込みです。

    持続可能な消費と生産に求められる工夫
    • 資源の無駄遣いを減らす
    • 食品ロスを減らす
    • ゴミを減らす
    • 大気汚染を止める

    こぱん
    「資源には限りがある」ってよく聞くけれど、確かにこのままじゃまずいですよね。

    目標13〜17(気候変動、海洋資源、陸上資源、平和と公正、パートナーシップ)

    13〜17は目標だけ紹介します。

    目標13【気候変動に、具体的な対策を】
    目標14【海の豊かさを守ろう】
    目標15【陸の豊かさも守ろう】
    目標16【平和と公正をすべての人に】
    目標17【パートナーシップで目標を達成しよう】

    それぞれが目標に掲げられた背景には、先ほどから紹介してきたような「衝撃の数字」があります。

    興味のある人は、ぜひ調べてみてください。

    あひるくん
    17個も単調なテンポで紹介してたら、僕は途中で眠くなっちゃうからね!

    こぱん
    次は、SDGsが私達の生活にどう関わるのかを見ていきましょう^^

    SDGsが自分たちの生活にどう関わるのか

    SDGs

    こぱん
    少し難しい話が続いたので、次は「実践的な話」に移りたいと思います。

    「子供の社会科の授業じゃないんだから、もっと実生活に役立つような話をしてよ〜」

    と思っている方も多いかもしれません。

    「SDGsって、私の人生にどんな関係があるの?」という点について、リベ大目線でコメントしていきます。

    SDGsが自分たちの生活にどう関わるのか
    1. より良い人生を考えるうえで指針になる
    2. 資産運用に役立つ

    より良い人生を考えるうえで指針になる

    1つ目は「より良い人生を考えるうえで指針になる」ということです。

    皆さん、デスノートという作品をご存知ですか?

    死神が落とした「ノートに名前を書かれた人は死ぬ」ノートを拾った主人公が、そのノートを使って、犯罪者の名前を書いて「世直し(自称)」していくお話です。

    あひるくん
    以降ネタバレ含むので、中身を知りたくない人はスクロールして飛ばしてね!
     デスノートでの一幕

    映画「デスノート the Last name」の最終局面では、主人公と主人公のお父さん(デスノートを使って殺人を繰り返す息子を追い詰める警察官)の間で、以下のような会話があります。

    主人公「善人が、悪人の犠牲になってる。無価値な人間、抹殺したほうがいい人間は、山のようにいる!もう法律では救えない世界になってるんだよ!」

    お父さん「確かに法律は完全じゃない。法律を作った人間が完全じゃないから完全であるはずはない。だが、正しくあろうとした人類の努力の積み重ねが法律だ。お前は独りよがりだ。独りよがりで 人の命を奪うことなど、絶対に許されない」

    金子修介監督「デスノート the Last name」より

    この2人のやりとりには、深い学びがあると思います。

    SDGsとは、193カ国の代表者・関係者たちが議論に議論を重ねて作り上げた「これからの地球・人間社会」を考えるうえでの1つの結論です。

    独りよがりではない、人類の知恵の結晶と言っても良いでしょう。

    17の目標には「人の幸せ」「自分の幸せ」を考える時に、重要なことがたくさん含まれています。

    SDGsの目標を噛み砕いた一例
    • 貧困は敵(お金がないと生活は成り立たない)
    • 飢餓は敵(食べることは生きることで、幸せなこと)
    • 健康は大切
    • 教育は大切
    • ジェンダー平等
    • 国家間の平等
    • 公正と平和

    今の生活に、何かしら不満を抱えている人もいると思います。

    そんなときは、SDGsに関連した、以下のような行動を起こすのもおすすめです。

    今の生活を変えたいあなたにオススメの行動
    • 生活を改善してみる
    • 仕事の方向性を変える
    • ビジネスのアイデアを模索してみる

    ちなみに、リベ大が今やっていること・考えていることが、SDGsとどう関係しているかは、後ほど解説します。

    こぱん
    「あ~、そんな感じでリンクさせられるのね」という感じで読んでもらえたらと思います^^

    資産運用に役立つ

    資産運用

    2つ目は「資産運用に役立つ」ということです。

    資産運用業界のトレンドは「社会にやさしい会社に投資しよう」となっています。

    社会にやさしい会社とは、まさに説明してきた「SDGs」に熱心に取り組んでいる会社のことです。

    SDGsに熱心な企業の特徴一例
    • フードロスを解決するサービスを考えている
    • 女性を積極的に幹部登用している
    • 工場でクリーンエネルギーを活用している
    • エコな新製品を開発している

    こうした環境(Environmental)、社会(Sotial)、ガバナンス(Governance)に配慮した企業への投資をESG投資と呼びます。

    ESG投資の金額は、年々増え続けています。

    私たちの年金を運用しているGPIFも、SDGsに取り組む企業に投資してリターンを得ることを目指し、下記のような図を公開しているほどです。

    GPIFを筆頭に、日本の機関投資家(プロの投資家)のESG投資の運用額は、今や310兆円にもなります。

    ESG投資(前略)温室効果ガス削減の国際的枠組み「パリ協定」や、15年に国連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」が普及を後押しし、日本の機関投資家の運用残高は20年時点で310兆円に上っている。

    機関投資家が積極的に買う銘柄は激しく値上がりし、機関投資家が積極的に売る銘柄は激しく値下がりします。

    少し前にブーム化していた、米国の「タバコ株」や「石油株」への逆張り投資が、現状失敗に終わっています。

    その理由はSGDs、ESG投資の流れに真っ向から逆らう企業の株を、機関投資家が「投資対象からガンガン外していった」からです。

    こぱん
    タバコや石油は、不健康・環境破壊の源泉ですからね。

    あひるくん
    メガトレンドに逆らって勝つのは難しいってコトだね。

    機関投資家は、一度売ると決めれば「徹底的に」売ります。

    今後の資産運用を考えるうえで、SDGsは1つの大きなキーワードです。

    皆さんが保有しているファンドや銘柄が、メガトレンドに逆らうものになっていないか、ぜひチェックしてみてください。

    しかし、投資については注意が必要です。

    「SDGs厳選ファンド」「ESG厳選ファンド」といった、テーマ型のアクティブファンドも、今後ますますたくさん出てくるでしょう。

    そういったファンドに投資したい人は、くれぐれも「法外な手数料」でぼったくられないように気をつけてください。

    テーマが良くても、ファンドも良いかは別問題です。

    こぱん
    「ESG投資だ!」ってよく確認せずに飛びつかないように、気をつけようね!

    リベ大の取り組みとSDGsの関係

    最後に、リベ大が今やっていること・考えていることと、SDGsの関係について解説していきます。

    リベ大の活動の根幹

    まずは、①「貧困をなくそう」④「質の高い教育をみんなに」についてです。

    これは、まさにリベ大の活動の根幹です。

    確かに、日本では途上国のような貧困に苦しむ人の数は少ないですが、事実として以下のようなこともあります。

    経済成長・雇用の課題
    • ひとり親世帯を中心に7人に、1人は貧困。
    • 若者は収入・資産が少なく、20代の6割が貯金ゼロというデータもある。
    • 少子高齢化の影響もあり、年金不安を抱えている人も多い。

    そのなかで「無料で最高の金融教育」をテーマに掲げて発信しているのがリベ大です。

    皆さんが今よりも一歩自由になってほしいという思いから、365日、情報発信を続けています。

    こぱん
    貧困をなくすどころか、皆が「小金持ちレベル」になれるまで付き合います^^

    あひるくん
    だの゛も゛じいよおおお。

    これだけ多くの人に応援してもらえるようになったのも、「社会のニーズ=トレンド」に乗っていることが大きいと言えるでしょう。

    リベ大ジム

    次は、③「すべての人に健康と福祉を」についてです。

    幸せなお金持ちと、不幸なお金持ちを分ける要因の1つとして「健康」は絶対に外せません。

    あひるくん
    元気に長生きするために必要なのは、「筋肉」と「歯」が大事なんだよね!

    オンラインコミュニティであるリベシティの会員には、以下のようなことも提供したいと考えています。

    リベ大が健康のためにしたいこと
    • リベ大ジムが自由に使える
    • 歯の定期健診サービスを提供する

    まだ構想を練っている段階ではありますが、今後リベシティの+αの価値として、進めていきたいことの一つです。

    関連動画

    【新年】2021年に学長が『超・やりたいこと』14連発

    チーム作り・組織化

    続いては、⑤「ジェンダー平等を実現しよう」、⑧「働きがいも経済成長も」についてです。

    これらは「チーム作り・組織化」に関連する部分で、実際リベ大が運営している会社においては、たくさんの女性が活躍しています。

    リベ大で活躍する女性陣の一例
    • リベシティ内の運営サポーター
    • リベ大YouTubeのアニメーター
    • 書籍を作る際に活躍したスタッフ

    あひるくん
    それは両学長が女性好きだからじゃ…うわなにをするくぁwせdrftgyふじこlp

    こぱん
    …。

    仕事を委託されている人は、以下のバランスをうまく取りながら働いているようです。

    リベ大に関わる仕事をしている人たちに聞く声
    「働きがいがある!」

    「柔軟性があって、働きやすい!(時間帯自由、フルリモート)」

    「報酬面のバランスが良い!」

    「人に喜ばれる仕事をやりながら、しっかりと成長の果実を受け取れる!」と、目を輝かせて働いている仲間が多いなと感じています。

    こぱん
    学長が「従来の価値観」に固執していたら、どんな仕事もうまくいってなかったでしょうね。

    リベシティ・新プラットフォーム

    最後は、⑨「産業と技術革新の基盤をつくろう」、⑪「住み続けられるまちづくりを」についてです。

    これらは、リベ大が運営しているオンラインサロン「リベシティ」における、会員専用に開発された新プラットフォームが関連しています。

    リベ大は、以下のような理由から、独自のプラットフォームが必要だと考えていました。

    リベシティの新プラットフォームを作った理由

    会員同士のコミュニケーションが、更に取りやすくなる

    会員同士が繋がって、新たなビジネスも生まれる

    会員の収入・資産を増やすための、あらゆる取り組みができる

    そこでリベ大目線で、イノベーションを起こすためのインフラ整備をしたわけです。

    また、以前は「ゆるコミュ」という無料コミュニティを運営していましたが、運営側の負担が重くなりすぎて、持続できなくなりました。

    一方で、リベシティは「誰かが犠牲になって、誰かに貢献しているワケではない」ので、かなり持続可能性の高い仕組みになっています。

    リベシティは「リアルな街」ではないですが、少しずつリアルにも進出していく予定です。

    拡がるリベシティの構想
    • リベ大ジム
    • リベ大農場
    • リベ大オフィス(コワーキングスペース)

    バーチャルな場所としての「リベシティ」と、会員同士がリアルに集う場所としての「施設」をつなげて、住み続けられる街づくりを目指しています。

    リベ大は、常にSDGsを意識して取り組みの方向性を考えてきたワケではありません。

    しかし、リベ大の理念に沿って発信してきたことが、SDGsにも沿ったものであり、結果的に「波」に乗れたというのが今のリベ大です。

    SDGsのプランは、「人類の幸せはどこにあるのか?」ということを考え抜いた人達の知恵が結集したものです。

    人生に迷った時の、1つの「羅針盤」になることでしょう。

    こぱん
    ぜひ、頭の片隅にとどめておいてください^^

    まとめ:幸せに経済成長を享受できる世の中を、みんなで目指そう

    今回の記事では、以下の3つについて解説しました。

    本記事で解説したこと
    1. SDGsとは
    2. SDGsを取り入れて生活を豊かにするコツ2つ
    3. リベ大の取り組みとSDGsの関係

    SDGsについて確認する中で、
世界中で起こっている事実を、改めて知った方も多いのではないでしょうか?

    こぱん
    簡単におさらいをしていきますね!

    SDGsというのは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称で、国連に加盟するつ193カ国が達成を目指す「2016年から2030年までの国際目標」です。

    17の大きな目標で構成されています。

    経済成長・雇用の課題
    • 目標1【貧困をなくそう】
    • 目標2【飢餓をゼロに】
    • 目標3【すべての人に健康と福祉を】
    • 目標4【質の高い教育をみんなに】
    • 目標5【ジェンダー平等を実現しよう】
    • 目標6【安全な水とトイレを世界中に】
    • 目標7【エネルギーをみんなに そしてクリーンに】
    • 目標8【働きがいも経済成長も】
    • 目標9【産業と技術革新の基盤をつくろう】
    • 目標10【人や国の不平等をなくそう】
    • 目標11【住み続けられるまちづくりを】
    • 目標12【つくる責任つかう責任】
    • 目標13【気候変動に、具体的な対策を】
    • 目標14【海の豊かさを守ろう】
    • 目標15【陸の豊かさも守ろう】
    • 目標16【平和と公正をすべての人に】
    • 目標17【パートナーシップで目標を達成しよう】

    「SDGsが自分たちの生活にどう関わるの?」という疑問に対する答えは、以下2つです。

    1より良い人生を考えるうえで指針になる

    SDGsは、193カ国の代表者・関係者たちが考え抜いた「人類が幸せに生きるため」の羅針盤です。

    あひるくん
    学べることはいっぱいありそう!
    でも、どうやって活かしたらいいかな?

    最近ブログを始めた人は、ブログテーマを、SDGsの17の目標の切り口から考えるのもアリでしょう。

    大きくてホットなテーマなだけに、ネタには困らないはずです。

    リベ大の今の活動・今後の方向性を見てみてください。

    SDGsの考え方は「自分の生活に活かそうと思えばいくらでも活かせる」ということが分かります。

    こぱん
    学んだことを実践するかどうかは、皆さん次第です^^
    2資産運用に役立つ
    資産運用
    見逃せないESG投資の注目度
    • ここ数年、ESG投資は大きなトレンドで、ますます規模を拡大している。
    • 日本の機関投資家のESG投資残高は約310兆円。

    このマネーの流れを無視すると、痛い目を見るかもしれないません。

    持続可能な開発によって、以下のような世の中になっていくよう願っています。

    地球を破壊せず、次の世代にツケを残さない。

    今生きている人達も、幸せに経済成長を享受できる。

    ちなみに、17の大目標には、「169のターゲット(小目標)」が設定されています。

    小目標も見てみると、SDGsの目指すものがより具体的に見えると思うので、興味のある人は、ぜひ見てみてください。

    こぱん
    ひとりひとり、自分にできることをやっていきましょう^^

    あひるくん
    僕も自分の人生を価値観マップで考えてみようっと!

    以上、こぱんでした!

    「お金にまつわる5つの力」を磨くための実践の場として、オンラインコミュニティ「リベラルアーツシティ」をご活用ください♪

    同じ志を持った仲間と一緒に成長していきましょう!

    みんなでつくるリベ大コミュニティリベシティ

    「リベラルアーツ大学」が待望の書籍になりました!

    自由へと一歩近付くための「お金にまつわる5つの力」の基本をまとめた一冊です!

    こぱん
    【貯める・稼ぐ・増やす・守る・使う】力を一緒に学びませんか?^^
    ¥1,540
    (2021/06/23 02:32:31時点 Amazon調べ-詳細)

    ▼「豊かな人生について考えたい!」という人に読んで欲しい記事がこちら!

    スポンサーリンク

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事