メンバー自己紹介「パスコ」

自立を目指す 元・就職難民 パスコ

就職氷河期の就活で受け取った大量の"お祈りメール"。
その悔しさから「いつか時代の流れに左右されない人材になってやる!」と、なんとか入社できた小さな会社でwebデザインの技術をがむしゃらに学ぶ。現在はフリーランスとして日々自立するための知恵と力を模索中です。

最近結婚し、仕事以外の豊かさにも目を向けながら、互いに依存しない夫婦関係を目指している。

30代 / webデザイナー / 女性

こんなキャラです。

ごあいさつ

はじめましてパスコです。
かっこつけて今はWebデザイナーを名乗っていますが、元々は普通の大学の文学部で、国語教師になる勉強をしていました。

大学3回生の秋、教員志望から一般企業への就活へと方向転換。
就職活動をするも、世はリーマンショックの影響を受けて就職氷河期真っ只中。笑
70社〜100社近くエントリーシート出したと思います。それに比例して"お祈りメール"もたくさん届きました。笑
自分が世の中から一方的に取捨選択されている立場なのだという感覚でした。
自分が世の中に必要のない人間と言われているようで悔しかったです。

そんな中、たまたま入社することができたのは創業間もない小さなWebの会社。
就活で感じた悔しさをバネに、この会社でWebデザイナーとしての技術をしっかり身に着けなければという思いでWebデザインを学びました。
そしてその会社の社長こそが、両学長でした。
入社から数年後、学長から教わったさまざまな知恵を活かすべく、今はフリーランスのWebデザイナーをしています。

目指している生き方

まずはきちんと自分の足で世の中を生きていけるように自立することです。
それは自分ひとりで生きていくという意味ではなく、自立した者同士が支え合って、お互いの長所でお互いの短所を補いあえるような人間関係を、周りと築いていけたらなと思っています。
そのためには、スキル的にも、一人の人間としても、まずは自分が周囲から求められるような存在にならないといけないと思っています。

仕事・スキル

基礎的なWebデザインスキル(HTML・CSS・jQuery・Adobe Illustrator・Photoshop・XD・Sketchなど)

好きなこと・物

絵を描く / 漫画を読む / アニメを見る / カラオケ / お酒 / 最近は海外旅行も好きかも

子供の頃から絵を描くのが好きで、就活するまでは漫画家を目指していました。

来歴 〜リベラルアーツ大学で活動して何がどう変わったの?〜

【過去】リベラルアーツ大学に入る前

何をして、どんな暮らしをしていましたか?
漫画家を目指して活動しつつ、漫画家を反対する両親への体裁を保つために国語の先生になる勉強をしつつ、スーパーのレジ打ちのアルバイトをしているただの大学生でした。
何を目標に生きていましたか?
好きな絵を描くことで何か仕事をしたいと思っていましたので、実際に漫画を投稿したり、単発で挿絵のアルバイトをしたり、夢を叶えるために色々やっていました。
でもそれ以上に、父が厳しかったので、実家を出て家族に頼らない生活をしたかったです。
今とは少しベクトルは違うものの、とにかく自立したかった気がします。
ちなみに今では家族それなりに仲良くやってますよ。笑

【現在】リベラルアーツ大学に入ってから今まで

今は何をして、どんな暮らしをしていますか?
フリーランスのWebデザイナーとして仕事を受託しつつ、事業をしています。
この2つが今はメインですが、他にも自立した豊かな人生を歩むため、試行錯誤しています。リベラルアーツ大学に入るまではややワーカホリックな私でしたが、結婚してからは仕事以外の"人生の豊かさ"にも目を向けるようになりました。
現在は仕事の質は落とさずに、なおかつ自分の趣味と夫との時間をうまく確保するための工夫を色々試しています。

今目標にしていることはなんですか?
仕事もまだまだたくさんの方に支えていただいていると思うので、もっと自信を持ってやっていけるようになりたいです。
あとは、将来的に子どもができても余裕のある人生を送れるように、仕事と家庭の仕組みをもう少し整えておきたいです。心配性なので、来るべき未来に向けて頑張れる内に頑張っておきたいなと。笑
とりあえず最近は「子どもがいない今だからこそできること」に目を向けて、友達、家族、自分自身のために豊かな時間を過ごせるように意識しています。

【未来】リベラルアーツ大学で学び続けた先で…

何をして、どんな風に暮らしたいですか?
もっと趣味の「イラスト描く」時間を作りたいです。
あと自分ひとりが経済的・時間的に豊かになっても、一緒に過ごしたいと思う人が自由でなければ、同じ目線で楽しむことができないので、私が学長にそうしてもらったように、私も小さなことからでいいので、身近な人を豊かにできるように…と思っています。
そしてもし子どもがいたら、絶対に子どもにもリベラルアーツ大学の精神を教えたいです。
どんな状況でも生き残れる人になってほしいと思っています