はじめに

これから投資をはじめたいあなた!この講座を読むと「投資のルール」を知ることができます。

投資の重要性については過去の回でご説明していますので、「そもそもなぜ投資をするの?」という方はさかのぼってみてください。

おかだ
わたしのような素人が何も知らずにいきなり投資をはじめても、損をしちゃう(負ける)んですよね!?

両@学長
スポーツと同じです。ルールも知らないのに試合にでても、負けるにきまってますよね。この講座で、基本中の基本を学んでいきましょう!

この講座は起業家兼投資家で、リベラルアーツ大学・学長の両さん(@freelife_blog)とのインタビューを元に、ご本人監修で構成・執筆しています。

投資商品はどんなものか知ろう

まずは世の中に、どんな投資商品があるのかを知りましょう。それぞれの商品のメリット・デメリットをわかりやすくご紹介します。

そもそも、世の中の投資商品は、大きくいうと4つにわけられます。

  • 「株」
  • 「債券」
  • 「不動産」
  • 「商品・現物」

小難しい表現をすることもありますが、あとの金融商品はすべてこれらの派生です。

※外国為替取引であるFXは第8回講座では割愛しています

株式投資

 

 

 

 

 

両@学長
株式投資は、かんたんにいうと、会社へ投資することです。

 

「株を買う」とはどういうことかというと、まず会社が株券を発行して、会社のオーナーの権利を分割します。

そしてその分割された権利=株券を購入することで、あなたはその会社に投資ができます。

おかだ
でも株って、一日中パソコンの画面に貼り付いたりして大変なんじゃないですか!?

 

株に投資するというと、こむずかしいグラフチャートを眺めているイメージがあるかもしれませんが、それはすこし偏っているイメージです。

たとえばトヨタの株を買って、あとは何もせずもっているだけでも会社に投資していることになります。

株のメリット

両@学長
正直、メリットやデメリットは言い出したらキリがないので、わかりやすい点にしぼって紹介します

 

 

①株は流動性が高いので、簡単に売ったり買ったりできる

おかだ
ぽちっとスマホで簡単に売り買いできるんですよね!

②株は買ったら、売る以外は何もしなくていいので楽

おかだ
たしかに、トヨタの株を買ったから…といってその日からトヨタのために働くわけでもないし…楽ちんだ!

③株は値段が大きく変わることがある

おかだ
アベノミクスとかトランプミクスで、価格が大きく変わったって聞いたことある!
株のメリット
◯株は流動性が高いので、簡単に売ったり買ったりできる
◯株は買ったら、売る以外は何もしなくていいので楽
◯株は値段が大きく変わることがある

株のデメリット

①株は流動性が高いので、日々の値動きが気になる

おかだ
簡単に売り買いできるなら、わたし毎時間値段をチェックしちゃうかも…

②株は自分の力ではコントロールできない

おかだ
そっか!株のメリットの「何もしなくていいから楽」ってことはつまり、「何も出来ない」の裏返しなんだ!

③株は値段が大きく下がることもある

おかだ
リーマンショックですごい価格が落ちたって聞いたことある…!投資なんだし、リスクはもちろんあるよね。
株のデメリット
◯株は流動性が高いので、日々の値動きが気になる
◯株は自分の力ではコントロールできない
◯株は値段が大きく下がることもある

「個別株」と「投資信託(ファンド)」

両@学長
一概に株といっても、その買い方にはいろいろあります。

 

たとえばトヨタやソフトバンクなどの企業の株をそれぞれ購入することを「個別株」を買うといいます。

一方で、Apple、Google、FacebookなどのアメリカのIT企業ばっかりをあつめた株のパック売りや、日本の不動産ばかりをあつめた株のパック売りなど、たくさんのパック売りも存在します。

こういった、パックで株を購入するやりかたを「投資信託」といいます。投資信託は、ファンドという言い方もできます。

両@学長
この投資信託(ファンド)は、99%のひとがぼったくられてしまうポイントなので、次回で詳しくご紹介します。

おかだ
ええ、99%も!?ぼったくられるのは困ります!次回も必見ですね…!
株のポイント
◯個別株と投資信託(ファンド)という買い方がある
◯投資信託(ファンド)は99%の人がぼったくられてしまう

債券

両@学長
聞いたことはあっても「債券って何?」と聞かれると答えられない人も多いと思います。

 

債券とは、かんたんに言うと「借用書のようなもの」です。債券の種類として「国債」や「社債」があります。

社債

「社債」とは「会社が発行する借用書」です。

例えば、「あなたから100万円借りたら、年間金利1%を払うので、1年後に101万円にして返します。」という約束の借用書のようなものを、会社が発行します。

会社の債券なので、社債です。

おかだ
会社にお金を貸すってなんだかヘンな感じですね〜!

国債

「国債」とは「国が発行する借用書」です。社債とおなじような内容の借用書を国が発行します。

国の債券なので、国債です。

おかだ
国にお金を貸すなんて、もっとヘンな感じがしますね!

両@学長
ちなみに社債や国債だけでなく、個人が発行する借用書もあります。

債券のメリット

両@学長
債券のメリットとデメリットを見ていきましょう。

①債券は満期保有すれば額面全額を受け取れる

おかだ
元本保証だから、投資した金額よりも損をせず、全額受け取れるんだよね!

②債券は何もしなくていいので楽

おかだ
これは株と同じだね!債券は価値があがったりさがったりしないから、何もしなくても大丈夫なんだって。
債券のメリット
◯債券は満期保有すれば額面全額を受け取れる
◯債券は何もしなくていいので楽

債券のデメリット

両@学長
一見、メリットだらけに見える債券にもデメリットがあります

①債券のリターンは決まっている

おかだ
そっか、株みたいに一気に大きく価値があがって大きな利益!ってことはないのか〜

②債券の発行元が潰れたらお金はかえってこない

おかだ
たしかに、たとえば個人でも、お金を貸したのに逃げられちゃったらどうしようもないもんね…

③債券は自分の力でコントロールできない

おかだ
最初に決めた約束にのっとってリターンがもらえるんだから、コントロールも何もないよね!
債券のデメリット
◯債券のリターンは決まってる
◯債券の発行元が潰れたらお金はかえってこない
◯債券は自分の力でコントロールできない

債券の特徴

昔から「債券は株と反対の動きをする」と言われていました。しかし、最近はそうとも言えなくなってきていますので、ここはざっくり覚えておいてもらえば大丈夫です。

※債券には大きく分けると、個人取引の生債券と、市場で売買できる公共債券などがありますが、今回の講座では割愛します。

債券のポイント
◯債券は借用書のようなもの
◯会社が発行する借用書は社債と呼ぶ
◯国が発行する借用書は国債と呼ぶ

不動産

おかだ
あ、不動産ならわたしでもなんとなくイメージつく!

不動産とはつまり「人に貸す家」のことです。家だけじゃなくて「駐車場」を貸したり、「倉庫」を貸したり、「オフィス」を貸したりすることも不動産に当てはまります。

皆さんも、一度は不動産を借りたことがあるかと思いますが、貸してくれるオーナーさんがいますよね。

両@学長
ちなみに、マイホームは不動産投資には入りません。マイホームについては第二回も参考にどうぞ。

不動産のメリット

盗難や紛失のリスクがない

おかだ
たしかに、わたしどんなにお金に困っても駐車場は盗まないかも!

毎月家賃が入る

おかだ
そっか、株は値段が2倍・3倍になっても売るまでは現金にならないもんね!

③家賃や内装などを自分の力でアップグレードできる

おかだ
なるほど!家賃や条件とか、内装は自分でコントロールできる!自分の工夫しだいで入居者を集めやすくなるね!
銀行の融資を受けて購入できる

おかだ
融資を受けることができれば、自分のお金にあわせて、銀行のお金もつかって不動産が持てる。これをレバレッジっていうんだって!
※レバレッジについては今後解説していきます
不動産のメリット
◯盗難や紛失のリスクがない
◯毎月家賃がはいる
◯家賃や内装などを自分の力でアップグレードできる
◯銀行の融資を受けて購入できる

不動産のデメリット

換金性が悪い

おかだ
盗難されにくいってメリットの裏返しで、株はスマホひとつで売れるけど、不動産は売りたいときにすこし手間があるよね!

②リフォームや借り主とのやりとりなどに手間がかかる

おかだ
自分でコントロールできるってことはつまり、そのぶん手間があることの裏返しだね。

③売る時まで損か得かわかりづらい

おかだ
株とかと比べると、固定資産税や修繕費の計算も必要だからわかりづらいんだよね!

価格は下がり続ける不動産が多い

おかだ
確かこれは日本と韓国にかぎるんですよね!人口も減っていってるし、仕方ないことなのかもね…

いい物件に出会うのが大変

おかだ

価値があがる物件や、すぐ人が住んでくれる物件は1000件に3件しかないって言われてるらしいです。

⑥たくさんの資本金が必要

 

 

 

 

 

おかだ
たしかに、リフォーム代だったり家具を揃えたり、とにかくいろんなことにお金がかかるね!
不動産のデメリット
換金性が悪い
リフォームや借り主とのやりとりなどに手間がかかる
◯売る時まで損か得かわかりづらい
価格は下がり続ける不動産が多い
いい物件に出会うのが大変
◯たくさんの資本金が必要

商品・現物

両@学長
ゴールドは目にしたこともある人は多いのではないでしょうか?

 

現物投資とはつまり、

  • プラチナ
  • 原油

などなどを所有することです。なかでも代表的な「金」に着目します。

金のメリット

金は世界恐慌などの有事の際に価格があがる性質がある

おかだ
金は、あのリーマンショックのときも価格は上昇していたんだよね!

金のデメリット

①金は盗難や紛失リスクがある

おかだ
盗まれたら元も子もないや!金庫も揃えなきゃ、セキュリティも…いろいろとお金がかかるなぁ〜…
②金は不動産のように家賃を産まないし、株のように成長しない

おかだ
金の価格が上下することはあっても、金そのものが何かを生み出して成長はしないからだね!
現物・商品のポイント
金は世界恐慌などの有事の際に価格があがる性質がある
◯金は不動産のように家賃を産まないし、株のように成長しない
◯盗難や紛失のリスクがある
◯金だけでなく、プラチナや原油なども該当する

投資商品のまとめ

おかだ
ここまでいろいろと見てみましたが…正直いってどれを買っていいかわからなくなりました!

両@学長
これが絶対確実に正解!というものはありませんが、まずは株や不動産から勉強してみるのがいいですね。

おかだ
なるほど!でもそういえば、株の投資信託(ファンド)って99%のひとがぼったくられちゃうって言ってませんでしたか!?それは怖すぎます!

両@学長
それでは、次回で株と投資信託(ファンド)について「なぜぼったくられてしまうのか」を解説しますね。ちゃんと勉強すれば、怖くないですよ。

株のまとめ

株のメリット
◯株は流動性が高いので、簡単に売ったり買ったりできる
◯株は買ったら、売る以外は何もしなくていいので楽
◯株は値段が大きく変わることがある
株のデメリット
◯株は流動性が高いので、日々の値動きが気になる
◯株は自分の力ではコントロールできない
◯株は値段が大きく下がることもある
株のポイント
◯個別株と投資信託(ファンド)という買い方がある
◯投資信託(ファンド)は99%の人がぼったくられてしまう

債券のまとめ

債券のメリット
◯債券は満期保有すれば額面全額を受け取れる
◯何もしなくていいので楽
債券のデメリット
◯債券のリターンは決まってる
◯債券の発行元が潰れたらお金はかえってこない
◯債券は自分の力でコントロールできない
債券のポイント
◯債券は借用書のようなもの
◯会社が発行する借用書は社債と呼ぶ
◯国が発行する借用書は国債と呼ぶ

不動産のまとめ

不動産のメリット
◯盗難や紛失のリスクがない
◯毎月家賃がはいる
◯家賃や内装などを自分の力でアップグレードできる
◯銀行の融資を受けて購入できる
不動産のデメリット
換金性が悪い
リフォームや借り主とのやりとりなどに手間がかかる
◯売る時まで損か得かわかりづらい
価格は下がり続ける不動産が多い
いい物件に出会うのが大変
◯たくさんの資本金が必要
不動産のポイント
◯家・アパートだけでなく、駐車場やオフィス、倉庫を貸すことも不動産に含まれる

商品・現物のまとめ

商品・現物のメリット
◯金は世界恐慌などの有事の際に価格があがる性質がある
商品・現物のデメリット
◯金は盗難や紛失リスクがある
◯金は不動産のように家賃を産まないし、株のように成長しない
現物・商品のポイント
◯金だけでなく、プラチナや原油なども該当する

おかだ
ここまで読んでいただきありがとうございました!はじめて見てくださったかたはぜひ、過去の回もチェックしてください!
おすすめの記事