はじめに

~本日のテーマ:サクッと格安SIMに乗り換えて、毎月のスマホ使用料金をめっちゃ安くしようの巻~

これは「格安SIMを使うとスマホ代めっちゃ安くなるらしいけど、やり方分からんし、めんどくさい」というやる気がない人向けの記事です。

この記事を書いてる人間も「スマホのプラン説明とか契約書を読むと眠くなる」レベルで機械に弱いので
同レベルの人にちょうどいいガイドとなっております_(:3」∠)_

この記事のゴールは格安SIMに乗り換えること。
ないやる気をどうにか引き出してゴールを目指しましょう。
2-3時間頑張れば月々のスマホ利用料金が5,000円くらい安くなります。

正直、私もこの記事を書くために格安SIMについて調べ直すのもめんどくさいですが、
友達に格安SIMを勧めたいので気合いで頑張ります。
めんどくさがりのそこのあなた!一緒に頑張りましょう ٩( ᐛ )و

まずは格安SIMのざっくり説明をします〜

格安SIMとは?(つまり月々のスマホ利用料が安くなる仕組み)

まず「格安SIM」って言葉が意味わからなくて難しそうなんですけど
要は「auとかの大手携帯会社から、もっと月額利用料の安い携帯会社に乗り換えよう」っていうだけの話です! 以上!!

格安SIMとは?(もうちょっとちゃんと説明しろよという人向け)

「流石に上の説明だと得体が知れなさすぎて乗り換える気にならんわ」という人向けにもう少し詳しく説明します。めんどくさい人は飛ばしてください。

格安SIMの”SIM”とは?

SIMとはSIMカードのこと。
そしてSIMカードとは、スマホの中に入っている小さなチップのことです。

SIMカード

このカードをスマホに挿さないと、インターネットや電話を使うことができません。
携帯キャリア(携帯電話会社)と契約することで、このネットや通話ができるカードがもらえます。
「いや、スマホ契約した時にそんなカードもらわなかったけど」って人は、スマホにSIMカードが入った状態で受け取ったから見たことないんだと思います。

で、結局格安SIMって何かと言うと
格安でスマホが使える携帯会社のSIMカード」略して「格安SIM」です。

ものすごく大雑把にまとめると、
「格安SIMに乗り換える」と言うのは「契約してる携帯会社を月額料金の安い会社に変える」ってことです。

*上記説明は分かりやすさ優先でまとめたので厳密に言うと違う所もありますが、おおむねこれだけ理解できていれば乗り換えできます。

格安SIMを使うとどれくらい安くなるの?

今あなたが月にどれだけスマホ利用料金を払っているかにもよりますが、
だいたい月額4,000円〜5,000円くらい安くなります。

あなたは月額いくら払ってますか?
私はauから格安SIMに乗り換えて3年ほど経つためau時代の利用料金はうろ覚えですが、大体6,000円〜7,000円ほど支払っていた記憶があります。

そして今、私が使っている格安SIMの毎月の請求料金は2,000円くらいです。

格安SIMの月額請求料金のキャプチャ

ほらね、めっちゃお得でしょ?(ドヤ顔)

あとこれ、通話料金が420円分含まれてる(図の青枠の部分)ので、
ネットしか使わなかったらさらにお安く月々1,620円になります。

逆にたくさん通話する人は料金がもっと高くなるので要注意なのですが
それについては次の「格安SIMのデメリット」のコーナーで説明しますね。

格安SIMのデメリット

ちまたで言われている大きなデメリットは↓の三つかなと思います。

●通話定額プランが少ない
auなどの大手携帯会社には国内通話が定額になるかけ放題プランがありますが、格安SIMには完全定額かけ放題プランがないものもあります。なので、よく音声通話をする人は逆に利用料金が高くなってしまう場合があります。
対応策:LINE通話を使ってください。タダで使えます。
●携帯メールが使えない
携帯メール(@docomo.ne.jpや@ezweb.ne.jp、@softbank.ne.jpなど)が使えなくなります。
対応策:Gmailなどのフリーメールを使ってください。タダで使えます。
●LINEのID検索ができない
LINEのID検索機能を利用する場合は、大手携帯会社が提供する年齢確認サービスによって18歳以上であることを証明しないといけません。格安SIMではそれができないので、LINEのID検索機能が使えなくなります。
対応策:どうしてもID検索機能が使いたいよ!って人は、LINEによる格安SIM「LINEモバイル」を使えばID検索機能が使えます。

その他細かなデメリットを確認したい場合は下記の記事を確認してみてください。
より詳細な内容と対応策をまとめてくださってます。

参考記事:
【格安SIM】3つのメリットと12のデメリットをざっくり解説

…とまあ、格安SIMにも色々デメリットはあるわけですが、
個人的には格安SIMに乗り換えてから3年スマホ使っていて、特に困ったことはなかったです。

大手キャリアの窓口で格安SIMへの乗り換えを相談するとデメリットとして
「ネットに繋がりにくくなる」
「電話中に電波途切れる」
「スマホの中のデータが吹っ飛ぶかも」
とか色々言われることがあるらしいですが、それはアレです…
乗り換えして欲しくないからちょっと格安SIMの悪口言ってみてるだけだ。

通信速度が落ちてネットがしづらいとも言われているらしいですが、
自分はyoutubeなどの動画サイトもサクサク見れてますし、
各種アプリやスマホゲームで通信が途切れたりすることもなく快適に使えてます。

だからオススメだよ、格安SIM。

格安SIMの基本説明は以上だ!

ね、簡単でしょ?

この勢いで次は乗り換えの手順を説明しますね!
…と言いたい所ですが、長くなってきたので一旦ここで切りたいと思います。
記事まとめるの疲れた。

次回、

【超簡単】格安SIMへの乗り換え方法(乗り換えめんどくさい人向け)〜実践編〜
(*まだ書きかけなので非公開)

の記事で、具体的にどの格安SIMに乗り換えたらいいのかとその手順をご紹介しますね。

それではまた次回の記事で〜(・∀・)ノシ

 

*追記 2018/5/15

近々実践編の記事で具体的な乗り換え手順を書く予定だったのですが、本業が忙しくなりしばらく保留することにしました。(すみません;)
なので結論として、どの携帯会社と契約したらいいかだけ載せておきます。

結論:DMMモバイルの通話対応SIMプラン がオススメです。

▼DMMモバイル 通話対応SIMプラン 3GB
https://mvno.dmm.com/fee/index.html

理由は私が3年間使ってきて何の不満もないからです。
料金はこの記事内でお伝えした通り、月額2000円ほどで利用できます。

*乗り換えには、契約手数料3000円、SIMカード準備料349円、他社へのMNP転出(電話番号の引き継ぎ)料金3000円 の計6500円ほどがかかります。
(2018/5/15 現在)

また、格安SIMに乗り換えるには、SIMフリーのスマホ(SIMカードを自由に入れ替えできるスマホ)を使う必要があります。
「SIMフリーのスマホって何?」というアナタは下記の参考サイトをご覧ください。
SIMフリーの意味と、アナタが使っているスマホをSIMフリーにする方法がまとめられています。

参考サイト:iPhoneをSIMロック解除(SIMフリー化)する手順とメリット・デメリット
https://xn--sim-fo4b4due.jp/simfree_device.html

乗り換えのタイミングはいつがいいの?

現在契約しているスマホの「更新月」まで4ヶ月以上ある場合は、今すぐ乗り換えましょう!

もし今の携帯会社から乗り換えることで、違約金が2万円発生するとしても
乗り換えることで利用料金が月額5000円安くなりますから、4ヶ月で元が取れます。
違約金のかからない「更新月」まで4ヶ月以上ある場合は、サッサと乗り換えてしまった方がお得ということです!

 

…というわけで、尻切れトンボになってしまってすみません(´ω`;)
また落ち着いたらちゃんと記事をまとめたいと思います!

おすすめの記事