はじめに

こんにちは、あやちん(@mile_tabiiku)です。

突然ですが、みなさんはどこから電力を購入していますか?

もしかしたら「電力を購入している」という意識もなく、これまでどおり各地域の電力会社を利用している方が多いのではないでしょうか。

 

でも、ちょっと待ってください。

 

「オンライン上で完結するたった数分程度の【新電力への切り替え手続き】で、電気代が年間約1万円安くなる」と聞いたら、少しは興味が持てませんか?

 

1万円あったら、何しましょう?

ちょっと美味しい食事をいただいてもいいですし、貯蓄に回してもいいかもしれませんね。

 

そこで今回は、電力の自由化について一緒に学んでいきましょう。

電力の自由化ってなんだろう?

 

2016年4月。

「電力の自由化」という制度が始まり、どの会社から電気を買うのか、消費者である私たち自らが選べるようになりました。

みなさんはこの制度を正しく理解し、活用できているでしょうか?

 

実はこれまで、家庭用、そして商店向けの電気は、各地域の電力会社(東京電力、関西電力、九州電力等)だけが販売しており、どの電力会社から買うのか私たちが選ぶことはできませんでした。

 

今から思えば、自分たちが使うものが住んでいる場所によって勝手に割り振られていたというのも変な話です。

 

各社料金プランが異なるため、「ちょっと調べてみたら〇〇電気の方が安くなってたのに!」なんて可能性もありましたが、当時そこまで気にしていた方はほとんどいないと思われます。

だって、気にしても仕方がないことですし。

 

ただし、今もその感覚でいるのだとしたら少し危険です。

 

電力の自由化によって、私たちは「好きな電力会社」から電力を買う権利を得ました。

 

私たちの生活は、

 

  • 夫婦共働きで昼間はほとんど家にいない
  • フリーランスで仕事をしているせいもあって、生活は夜型だ
  • そもそも電気をあまり使わない

 

などなど、多様化しているのが現実です。

各世帯によって相応しいプランが異なるのは当然ですね。

 

そして、自分たちのライフスタイルに相応しいプランが選べるようになったのが「電力の自由化」なんです。

新電力へ切り替えるメリットとデメリット

このように、私たちの生活スタイルに合わせて電力を選ぶことができる「電力の自由化」。

そのメリットとデメリットを見てみましょう。

 

電力自由化のメリット

  1. 生活サイクルに合わせてプランを選択することによって、電気代が削減できる
  2. 価値観に合わせて発電方法を選ぶことができる
  3. セット割引やポイントサービスなど、プラスの特典を受けることができる

 

 

まずは何と言っても、自分たちが納得して「選べる」というのが大きなメリットです。

その結果、固定費削減につながるにこしたことはありませんね。

一般的に、新電力の価格は従来の電力会社の中でも最も一般的とされる料金プラン「従量電灯」に合わせた料金プランをベースに設計されており、電気の利用分の料金単価を「従量電灯」の1〜5%程度低く設定しているところがほとんどです。

 

そのため、新電力への切り替えで電気代が削減できる世帯が多いだろうと言われています。

 

電力自由化のデメリット

  1. 契約期間の縛りや解約違約金などがある場合もある
  2. オール電化の家庭では電気代が安くならない場合もある

 

一見メリットしかないように思われる「電力自由化」ですが、デメリットもあります。

それは、選ぶ電力会社によっては契約期間に縛りがあったり、解約時に違約金を支払わなければならない会社が存在するからです。

そして、オール電化家庭の場合は、既存の専用プランのほうが安いことも多く、事前に入念な料金シミュレーションが必要です。

 

まとめ

電力の自由化についてお話しましたが、少しは興味を持っていただけましたか?

まずは、新電力にはどんな会社があるのかを知り、料金をシミュレーションするところから始めましょう。

 

新電力料金比較サイト
21社129のプランから料金を比較し、最適なプランを知ることができます。

 

ちなみに、私自身は2017年7月に東京電力からLooopでんきに切り替えました。

Looopでんきには「電気代節約額チェッカー」というものがあり、従来の電力会社を使っていた場合と、Looopでんきに切り替えてからを比較し、どの程度節約できたのかが一目でわかるシステムになっています。

 

 

我が家の場合は、1カ月あたり約600~700円程度節約できているようなので、年間で約1万円節約に繋がりそうです。

 

また電気代が削減できるだけでなく、電気代に応じてポイントやクーポンがもらえる「まちエネ」(三菱商事とローソンが提供)、ドライバーズプラン契約でガソリンが10円/L安くなる電力会社「昭和シェルの選べる電気」(昭和シェル提供)などなど、各社の特徴を見ているだけでもなかなか楽しめますので、時間があるときにチェックしてみてくださいね。

おすすめの記事