【裏では改悪だらけ】楽天モバイルの新プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」と、「楽天経済圏の改悪7選」について解説

こんにちは、こぱんです!

リベ大では、正しい節約と節税で、支出のバランスをコントロールする力、「貯める力」に関する情報も発信しています。

▼図解:「貯める力」

 

これまで、貯める力をアップさせるための方法として、格安SIMへの変更や楽天経済圏への移行をおすすめしてきました。

関連動画

スマホを格安SIMに移行して200万円分の資産所得を得る方法【家族なら800万円】

そんな中、2021年1月29日に楽天モバイルの新プランが発表されました。

その名も「Rakuten UN-LIMIT VI(ラクテン アンリミット シックス)」です。

あひるくん
いつの間にⅥになったんだ??

こぱん
それはおいといて…。このプラン、かなりの破壊力です。

「格安スマホ業界がつぶれちゃうんじゃない?」とユーザーが心配するようなプラン内容です。

また、Engadget 日本版では「楽天モバイルの新料金 UN-LIMIT VI が「全国民に最適」な理由」という記事まで公開されています。

実際、新プランの発表後は申し込みが殺到して、以下の問題も起きたそうです。

楽天モバイルの新プラン発表後に起きた問題
  • 申し込み用サイトに接続障害が発生
  • SIMカードの配送遅延が発生

ドコモの新プランahamoが発表された時も話題になりましたが、当時の衝撃を超えるプランです。

 

新プランに驚く一方で、リベ大は「楽天が利益の回収モードに入っている」と感じています。

というのも、楽天サービスに関する改悪が次々と行われているからです。

楽天サービスを日常生活で多く活用する、いわゆる楽天経済圏をリベ大では何度も取り上げてきました。

今までは、楽天経済圏を少し活用するだけで、かなりお得でしたが、今後はもう少し気をつけてお付き合いをする必要がありそうです。

そこで今回は、楽天経済圏の光と闇と題して、以下の2つについて解説していきます。

今回の記事で分かること

 楽天経済圏の光:楽天モバイルの新プラン

楽天経済圏の闇:楽天経済圏の7つの改悪

ただ、楽天経済圏が全く使えなくなったとは考えていません。

実際に、以下のような恩恵を今でも受けられるのは事実だからです。

楽天経済圏の恩恵
「家計支出を〇〇万円削減!」

「ポイントを年間〇〇万円貯められる!」

資産5,000万円オーバーの小金持ちを目指すために、もっとも重要な「貯める力」を楽天経済圏でぐんぐん伸ばせます。

ただの電話会社の新プランの話ではなく、学校では教えてくれない金融教育に匹敵する内容なので、ぜひ最後まで読んでください。

こぱん
記事の最後に「楽天経済圏との付き合い方」も解説します^^
スポンサーリンク

解説動画:【裏では改悪だらけ】楽天モバイルの新プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」と、「楽天経済圏の改悪7選」について解説

このブログの内容は下記の動画でも解説しています!

楽天経済圏の光:楽天モバイルの新プラン

まずは、楽天モバイルの新プラン(Rakuten UN-LIMIT VI)について、以下の順番で解説していきます。

Rakuten UN-LIMIT VIに関して
  1. 新プランの概要
  2. 他社プランとの比較
  3. 楽天モバイルのデメリット

新プラン(Rakuten UN-LIMIT VI)の概要

Rakuten UN-LIMIT VIの概要

データ使用料:0円(月間1GBまで)

Rakuten Linkを使用した国内通話:0円かけ放題)

契約事務手数料:0円

契約解除料:0円

なんと、Rakuten UN-LIMIT VIを活用すれば毎月のデータ使用量が1GBまでなら、通話し放題の0円スマホが手に入るのです。

日本のスマホ利用者の大半は、「データ使用量が月1GB未満」のため、多くの人が恩恵を受けられるでしょう。

GB使用量

(出典:OCNモバイル

あひるくん
でっでも、YouTubeとかSNS、ゲームもあるし…1GBじゃ全然足りないよ!

こぱん
安心して。新プランは、あひるくんみたいなヘビーユーザーにも対応してるんだ。

Rakuten UN-LIMIT VIでは、データ使用量に応じて、下記のように請求される料金が変わります。

データ使用量に応じた料金

1GB~3GB:1,078円 / 月

3GB~20GB:2,178円 / 月

20GB〜:3,278円 / 月

後述しますが、いずれの価格帯も、競合他社のプランと比べて「最安クラス」です。

あまり通信量を使わないライトユーザーから、月間100GB以上を使用するような超・ヘビーユーザーまで、まさに全員にとって「ベストなワンプラン」になっているというワケです。

あひるくん
プランはひとつで、使った量によって毎月の値段が決まるんだね!

現在、携帯電話サービスはざっくり以下の2種類に分かれています。

携帯電話サービスの種類

キャリア

  • ドコモ、au、ソフトバンク

MVNO

  • mineo(マイネオ)、UQ mobileなど
  • いわゆる格安SIM、格安スマホの提供会社

Rakuten UN-LIMIT VIは、上記の携帯電話サービス会社の新プランと比較しても、最安クラスです。

そのため、2021年2月時点ではスマホプランの最適解と言えるでしょう。

もし、資金力のないMVNOが同様のプランを出したら、会社が潰れかねません。

大企業の楽天だからこそできる、市場破壊プランとも言えるわけです。

こぱん
楽天のプランがいかに衝撃的だったのか、ニュースを見ても分かります。

携帯電話業界の監督者でもあるのが、総務省のトップ、総務大臣です。

2021年2月2日、記者会見の中で武田総務大臣に対して、記者から以下の質疑がありました。

「楽天モバイルの新プランは1GB以下で0円という設定だが、それでいいのか。法的側面での問題はないのか」と問われた際には「(そのプラン設定が)いいのかは楽天モバイルに聞いてほしい。法的には問題ないと承知している」とコメントした。

つまり、「儲からないとは思うけれど、楽天モバイルが良いなら法的には問題はない」ということです。

そんなやりとりが生まれるほど「かつてないプラン」だと言えるでしょう。

「でもなぁ~、楽天ってあんまり良いイメージないけど、本当かな?」

一方、こんな風に疑っている人も実際には少なくありません。

そこで、他社のプランと比較してみましょう。

他社プランとの比較

3大キャリアとの比較

まず、他の3大キャリアの新プランとRakuten UN-LIMIT VIを比較してみましょう。

大手3キャリアのプラン名
  • NTTドコモ:ahamo(アハモ)
  • au:povo(ポヴォ
  • ソフトバンク:SoftBank on LINE

この3社は、「なぜか」プランの内容がほぼすべて一緒です。

あひるくん
まったく談合しているワケでもないのにな…なんでだろう…。
おや、誰か来たようだ。

そんな3大キャリアの新プランと、Rakuten UN-LIMIT VIの違いを分かりやすく表にまとめました。

結果として、数字だけ比較しても楽天の大勝利と言えるでしょう。

3大キャリア Rakuten UN-LIMIT VI
20GBまで 3,278円 / 月
※povoは1回5分かけ放題
オプションを追加した場合
0円~2,178円 / 月
20GB超過時の料金 +550円 / GB
※高速通信を使う場合
3,278円 / 月
20GB超過時の通信速度 最大1Mbps 高速通信を維持
※ただし、楽天回線エリアのみ
国内通話 1回5分かけ放題 Rakuten Link利用でかけ放題
メールアドレスの提供 なし なし
申し込み方法 オンラインのみ オンライン・店舗

MVNO(格安SIM)との比較

それでは、MVNO(格安SIM)の料金プランと比べるとどうでしょうか?

今回は、シェアの高い人気格安SIMの2つ(mineoとUQ mobile)と比較してみました。

1mineo(マイネオ)

mineoの魅力はデータ通信の安さで、Rakuten UN-LIMIT VIに匹敵しています。

国内通話の情報も含めて、2社の違いを表にまとめました。

mineo
(音声通話+データSIM)
Rakuten UN-LIMIT VI
1GBまで 1,298円 / 月 0円
5GBまで 1,518円 / 月 3GBまでは1,078円 / 月
3GB~20GBは2,178円 / 月
10GBまで 1,958円 / 月 2,178円 / 月
20GBまで 2,178円 / 月 2,178円 / 月
国内通話 mineoでんわを利用で
30秒あたり10円
Rakuten Link利用でかけ放題
申し込み方法 オンライン・店舗 オンライン・店舗

利用量が月3GB~20GBの間なら、mineoも選択肢としてはアリでしょう。

ただ国内通話においては、Rakuten UN-LIMIT VIが「かけ放題」なのに対して、mineoは10分かけ放題でも月+935円が必要です。

こぱん
通話まで考えると、楽天の圧勝と言えるかな^^

ちなみに、Rakuten UN-LIMIT VImineoを組み合わせることで、高コスパのプランでスマートフォンが持てます。

詳しくは以下の記事で解説しているので、参考にしてください。

 

2UQ mobile

UQ mobileは2021年2月から、余ったデータを翌月に繰り越せる「くりこしプラン」を展開しています。

月によってデータ使用量にムラがある人には、嬉しい内容かもしれません。

こぱん
UQ mobileと、Rakuten UN-LIMIT VIを比較してみた表は以下の通りです。
UQ moblie Rakuten UN-LIMIT VI
3GBまで 1,628円 1,078円
15GBまで 2,728円 2,178円
25GBまで 3,828円 3,278円
国内通話 30秒あたり22円 Rakuten Link利用でかけ放題
申し込み方法 オンライン・店舗 オンライン・店舗

データ容量に対する価格を比べても、Rakuten UN-LIMIT VIの方が安いことは一目瞭然です。

また先程のmineo同様で、国内通話のかけ放題に関しては、追加オプションが必要になり価格差は広がるばかりです。

UQ moblieの国内通話かけ放題
  • 10分かけ放題:月+770円
  • 無制限のかけ放題:月+1,870円

 

人気の格安SIM(mineo・UQ moblie)の会社でさえ、楽天モバイルと勝負するのはかなり難しそうです。

実際に、3大キャリアや格安SIMも新プランを比較してみても、楽天モバイルに軍配が上がると言えるでしょう。

あひるくん
でもさ〜、安いと使いにくいとかあるんじゃないの?

こぱん
楽天モバイルにも、デメリットはあるから説明していくね。

楽天モバイルのデメリット

楽天モバイルの新プランは他社と比較して、価格面で圧倒的な競争力があることが分かりました。

しかし、4つのデメリットがあることを忘れてはいけません。

楽天モバイルの4つのデメリット

 対象エリアが狭い

 屋内で繋がりにくい

 通話品質が良くない

 アプリが使いづらい

デメリット①:対象エリアが狭い

楽天モバイルの通信が「容量無制限で高速」で使えるのは、赤く表示された楽天回線エリアだけです。

今後どんどんエリア拡大していくとのことですが、楽天モバイルに興味のある人は必ず、「自分の生活エリアが対象になっているか」公式サイトで確認してください。

デメリット②:屋内で繋がりにくい

障害物に遮られずに、屋内でも繋がりやすい周波数を「プラチナバンド」と呼びます。

他の3大キャリアに与えられているプラチナバンドが、楽天モバイルにはほとんどありません。

実際、楽天モバイルは国に対して「ウチにもプラチナバンドをくれ!」と訴えています。

(出典:Engadget 日本版 「携帯3社のプラチナバンド再配分は22年秋に開始を──楽天モバイルが主張」)

デメリット③:通話品質が良くない

楽天モバイルの通話品質は高いとは言えず、以下のようなことも起こります。

音声にラグがある

雑音が混じる

「全然使えない!通話できない!」とまではいきませんが、気になる人もいるかもしれません。

あひるくん
僕はお母さんの声を臨場感ある美しい音で聞きたいから、ちょっと悩んじゃう…。

こぱん
…。

デメリット④:アプリが使いにくい

通信量を確認したり、高速通信のON / OFFをするためには、専用のアプリを使う必要があります。

アプリ「my 楽天モバイル」は、動作が遅く、非常に使いにくいものとなっています。

実際に、「高速通信のON / OFFをしたいだけなのに、アプリに繋がらず切り替えができない」という不満も出ているようです。

旅行などで楽天回線エリアの外に出なければ、滅多に使うことはありませんが、デメリットの1つではあります。

こぱん
さて、4つのデメリットを見てきた上で、実際おすすめなのでしょうか?

楽天モバイルはおすすめできるサービスか?

実際、リベ大でも多くの人が利用していますが、以下のような感想を抱いているそうです。

楽天モバイルに対する感想

通信速度は速い

通話は時々するぐらいで、多少音質が悪くても気にならない

高層ビル(屋内)で繋がりにくいなど、ちょっとした不満はある

リベ大としても、トータルで考えて「価格<価値」となっている、家族や友人にもおすすめできるサービスです。

300万回線までの契約であれば、1年間無料で使えることも、大きな魅力の1つでしょう。
※楽天アンリミットの1年間無料のキャンペーンは2021年4月7日に終了しました。

さらに契約手数料や解約手数料も無料なので、金銭的にノーリスクというのも重要です。

あひるくん
確かに、とりあえず使ってみて考えれば良いもんね!

仮に、1年間無料が終わった場合でも、先程比較してきたように、3大キャリアやMVNOの新プランよりRakuten UN-LIMIT VIは安いです。

サービスの伸びしろを考えても、消費者にとって素晴らしいサービスで、今のところ使って損はしないでしょう。

ただ一方で、これだけ素晴らしいサービスを、「ただおトクに使えるだけ」なワケがありません。

楽天アンリミットの裏側、楽天経済圏の闇ともいえる、楽天サービスに関する7つの改悪を見ていきましょう。

こぱん
楽天サービスを利用している人も、気づいているかな?

楽天経済圏の闇:楽天経済圏の7つの改悪

注意

ここで皆さんに質問です。

なぜ、楽天モバイルは前代未聞の激安プランを発表できたのでしょうか?

あひるくん
言われてみれば、全然稼げなさそうなプランだもんね。

その理由は、楽天モバイルで稼げなくても、楽天経済圏にユーザを取り込むことで稼げるという算段があるからです。

楽天グループには、楽天モバイルの他にもさまざまなサービスがあります。

楽天グループのサービス一例
  • 楽天市場
  • 楽天証券
  • 楽天銀行

日常生活で利用するサービスにおいて、できるだけ多く楽天のサービスを活用することを、楽天経済圏で生活すると表現します。

リベ大でも解説したように、楽天経済圏は「貯める力」を伸ばすのに非常に有効です。

関連動画

楽天経済圏に移行して400万円分の資産所得を得る方法(アニメ動画)

 

楽天経済圏で生活をすれば、楽天ポイントを驚くほど簡単に、そして大量に貯めることができます。

楽天は、この楽天経済圏で生活をする人達、つまり楽天のサービスを利用する人達を増やせばいいと考えているわけです。

携帯業界という「局地戦」で儲けられなかったとしてもOK

他のサービスを抱き合わせで使ってもらって「トータルで儲かればいい」

こぱん
ちなみに、楽天モバイルを黒字化するには700万回線の契約が必要だそうです。
楽天モバイル黒字化までの道のり
  • 2021年2月現在の契約数は250万回線と、黒字までは程遠い
  • 黒字化ラインの700万回線に達しても、そこに至るまでの赤字は巨額

楽天は楽天モバイルの赤字を補填するためにも、Rakuten UN-LIMIT VIを集客の「エサ」にして、新規顧客の獲得を目指しています。

そして同時に、楽天経済圏を改悪することで、楽天グループに残る利益を少しでも増やしていきたいと考えているのです。

あひるくん
楽天モバイルは撒き餌みたいなものなのか!!

こぱん
そうだね。だから最近、楽天経済圏のサービスは怒涛の改悪ラッシュなんだよ^^;

ここ最近の行われた7つの改悪を、順不同でザっと並べてみましょう。

細かい改悪はまだまだあるのですが、キリがなさそうなので、今回は一部にとどめておきます。

楽天経済圏の7つの改悪
  • ① 楽天ゴールドカードのSPU率引き下げ
  • ② 楽天TVがSPU対象外に
  • ③ 楽天カード超かんたん保険月払い廃止
  • ④ 楽天ペイのポイント付与率引き下げ
  • ⑤ 楽天マガジン利用料への楽天ポイント付与終了
  • ⑥ ラクマ販売手数料値上げ
  • ⑦ 楽天銀行法人ビジネス口座の手数料引き上げ

改悪事項①:楽天ゴールドカードのSPU率引き下げ

まずは、楽天経済圏の根幹でもあるSPU(スーパーポイントアッププログラム)の改悪です。

今回解説した楽天モバイルも、利用するとSPUが+1倍となるのです。

SPUとは
  • ポイント還元率が上がるプログラム
  • 一定の条件を達成することで適用される
  • その月の楽天市場での買い物に適用される

こぱん
そして今回、ゴールドカードのSPU率引き下げが大きな話題となりました。
楽天カード

(出典:楽天カード

楽天ゴールドカードのSPU率引き下げ
  • 今まで:4%ポイント還元(SPU+4倍)
  • 2021年4月1日から: 2%ポイント還元(SPU+2倍)

楽天市場における買い物で、ゴールドカードで決済した時のポイント還元率が2%も減ってしまったのです。 

この改