【格安SIM】楽天モバイル+mineoのコスパ最強おすすめプランの実現方法

こんにちは、こぱんです!

リベ大では、正しい節約と節税で支出のバランスをコントロールする「貯める力」に関する情報も発信しています。

▼図解:貯める力

 

経済的自由を達成するためには、固定費を見直して貯める力を伸ばすことが必要不可欠です。

固定費の中でも、通信費は簡単に見直し可能で、月数千円程度は固定費を削減できるとリベ大でも解説しています。

また、2020年12月3日には、大手キャリアのNTTドコモも新料金プラン「ahamo」を発表するなど、通信業界では通信料金の見直しが活発になっています。

 

ahamoの発表から半年以上が経過し、3大キャリアや多くの格安SIM会社が、料金プランの改訂を終えたと想定されます。

そこで各社の料金プランを見ると、現時点での最適解の1つと言えるものが見えてきました。

それは、楽天モバイルmineo(マイネオ)併用プランです。

楽天モバイルとmineoの併用プラン
  • 月額料金は税込1,265円
  • 何分でも通話し放題(通話料無料)
  • 高速通信2GB
  • 中速1.5Mbpsで月間約100GBの通信が可能

今回の記事を読めば、2021年7月時点での通信費の相場と比較して、おすすめ併用プランがいかにおトクで便利か分かるでしょう。

もちろん、おすすめする併用プランの良いところも悪いところも、包み隠さず解説します。

今回の記事でわかること

通信費事情(3大キャリア・格安SIM料金プランの相場)

楽天モバイル + mineoの併用プランの詳細

あひるくん
僕もスマホをおトクに使いこなしたいな!

こぱん
スマホプランの最前線を紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください^^

なお、今回の記事は2021年7月時点の情報に基づいて解説しており、料金の表記は全て税込みです。

今回紹介する内容に関する注意事項

eSIMが搭載されているiPhone端末にてeSIMを併用して複数のSIMカードをご利用の場合、モバイルデータ通信に「データ専用SIM回線」を設定すると、緊急機関(110/118/119)に発信できない事象が確認されています。

詳細は、マイネオ公式サイト「eSIMが搭載されているiPhone端末の緊急機関への発信不可事象について」をご確認下さい。

スポンサーリンク

解説動画:【最強コンビ?】楽天モバイル + mineoでコスパ最強を実現する方法

このブログの内容は下記の動画でも解説しています!

通信費の相場を知ろう

gazo-dentakutoie

今回紹介するプランが本当にコスパ最強なのかを判断するため、まずは2021年7月時点の通信費相場を3大キャリア、格安SIMの順番で見て行きましょう。

3大キャリアの新料金プラン

3大キャリアが発表した新料金プランは、下記の通りです。

大手キャリアの格安プラン比較表

3大キャリアの新料金プランの特徴
  • 月額料金:2,728円 or 2,970円
  • 高速通信のデータ通信量:月間20GB
  • データ通信量超過後の通信速度:最大1Mbps
  • 通話料:30秒あたり22円

なお通話料については、ahamoはプランに含まれていて、povoとLINEMOは月額550円のオプション加入で5分以内の通話がかけ放題となります。

あひるくん
3社ともよく似ているプランだね。

つまり、高速通信20GBで月額約3,000円が、3大キャリアの新しい相場と言えるでしょう。

以前の3大キャリアの料金プランでは、月額約6,000円~8,000円が中心だったので、ユーザーから好意的な反響があったのも納得です。

しかし、Yahoo!やGoogleでの検索、YouTubeで動画をたまに見る程度なら、高速通信回線で月間20GBのデータ通信量はオーバースペックとも言えます。

人気格安SIMの料金プラン

次に、価格.comの格安SIMカード比較のランキング上位である、人気格安SIMのプランの一部を見てみましょう。

人気格安SIMのプラン(例)
  • ①nuroモバイル
  • ②BIGLOBEモバイル
  • ③UQ mobile

人気格安SIM①:nuroモバイル

nuroモバイルの基本料金は、音声通話 + データ通信(3GB)の場合、月額792円と格安です。

一方で、通話料は30秒あたり22円と大手キャリアのプランと同じ水準のため、決して安くはありません。

例えば月に10分電話するだけでも、月額料金は1,232円(通信料792円 + 電話料44円/分 × 10分)になってしまいます。

なお、月額880円のかけ放題オプションを使えば、通話が10分以内かけ放題になります。

また、通信量が3GBを超過すると、通信速度が0.2Mbpsと低速になるので注意が必要です。

あひるくん
通信速度0.2Mbpsって、どのくらい遅いの?

こぱん
画像一枚表示するのにも時間がかかるよ^^;

ただ基本料金がとても安いので、月のデータ通信量が3GB以下で、電話は基本的に受けるだけの人にはおすすめです。

人気格安SIM②:BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルの基本料金は、音声通話 + データ通信(3GB)の場合、最初の1年間が月額770円、その後は月額1,320円です。

また、ビッグローブ光に加入または家族割の適用で、最初の1年間が月額550円、その後は月額1,100円と安くなります。

通話料は30秒あたり22円ですが、専用の通話アプリ「BIGLOBEでんわ」を使うと半額以下で通話可能です。

なお、月額913円で10分以内の通話がかけ放題になるオプションもあります。

BIGLOBEモバイルはリーズナブルなうえ、通信・通話品質が安定しているため、格安SIMの中では優秀だと言えるでしょう。

しかしnuroモバイルと同様、通信量が制限を超えると、0.2Mbpsまで低速になる点は注意が必要です。

人気格安SIM③:UQ mobile

UQ mobileの基本料金は、音声通話 + データ通信(3GB)の場合、月額1,628円です。

UQでんき・auでんきを契約して、でんきセット割を使うと、月額990円まで値段を下げられます。

通話料は音声通話オプションによって異なり、基本は30秒あたり22円、10分以内の通話かけ放題だと月額770円です。

通信量が制限を超えると、0.3Mbpsまで速度が落ちます。

「UQでんきやauでんきを使っていて、データ通信量3GBまでしか使わず、電話は基本的に受けるだけ」という人におすすめできる格安SIMです。

人気格安SIMのまとめ

人気ランキング上位の格安SIMを見ると、以下のような相場が見えてきます。

人気ランキング上位の格安SIM の相場
月額料金:高速通信3GBで1,000円前後。
→ 各種割引の適用が必要。
通話料:基本30秒あたり税込22円。
→ 追加オプションに入らない場合、10分越えたら数百円。
通信制限時:速度は0.2~0.3Mbpsと快適に使えない。
→ 画像一枚表示にも時間がかかるレベル。

ちなみに、価格.comの人気ランキングの上位にはないですが、日本通信SIMは、人気格安SIMの相場と比較するとコスパが高いのでおすすめです。

日本通信SIM
  • 通信料金:高速通信6GBで月額1,390円
  • 通信回線:ドコモ回線
  • 通話料金:月70分まで無料

 

以上を踏まえて、3大キャリアと格安SIMの相場をまとめました。

大手キャリアと格安SIMの比較表

こぱん
相場を理解したところで、コスパ最強の併用プランを見てみましょう^^

楽天モバイル + mineoの併用プランを徹底解説

gazo musimegane

今回おすすめする、楽天モバイル + mineoの併用プランの内容は以下の通りです。

楽天モバイル + mineoの併用プラン
  • 通信料金:月額1,265円
  • 通話料金:無料で通話し放題
  • 高速通信:月間2GB
  • 中速通信:1.5Mbpsでデータ通信量月間約100Gまで

あひるくん
相場と比較しても、突き抜けて優秀なプランだね!

こぱん
ひと昔前では考えられなかったコスパの高さだと思うよ^^

楽天モバイル + mineoの併用プランの内容について、以下の順番で解説していきます。

楽天モバイル + mineoの併用プランの解説内容
  1. 併用プランの仕組み
  2. 併用プランのメリット・デメリット
  3. 併用プランを実際に使ってみた感想
  4. おすすめできる人・できない人
  5. デュアルSIMを利用する際の注意点

併用プランの仕組み

コスパ最強プランは、楽天モバイル + mineoの併用により実現します。

まず、楽天モバイルの料金プランは以下の通りです。

楽天モバイルの通信料金

データ使用量に応じて段階的に上昇

  • 1GBまで:0円(併用プランで利用)
  • 3GBまで:1,078円
  • 20GBまで:2,178円
  • 20GB以上:3,278円

ちなみに、データ使用量はいずれの場合も、楽天回線エリアであれば高速通信になります。

また、専用のRakuten Linkアプリを使うことで、国内通話が無料でかけ放題です。

以上をまとめると、楽天モバイルは、データ通信量を1GBまでにできれば、0円でスマホを持てるのです。

あひるくん
でも、通信量が月1GBだと、YouTubeやSNS、ネット閲覧するのに全然足りないんじゃない?

こぱん
そこでポイントになるのが、mineoのデータSIMプランの併用なんだよ^^
mineoのデータ通信のみのプラン内容は以下の通りです。
mineoデータ通信のみの通信料金
  • 1GB:880円(併用プランで利用)
  • 5GB:1,265円
  • 10GB:1,705円
  • 20GB:1,925円

上図はいずれも高速通信のデータ使用料で、通信容量を超えると速度は0.2Mbpsまで低下します。

そこで、高速通信1GB(税込880円)のプランに、2021年6月1日から提供開始となったパケット放題Plusという優秀なオプションを足すのが今回の最重要ポイントなのです。

月額385円のパケット放題Plusに加入すると、最大1.5Mbpsでネットや動画が使い放題になります。

「3日間で10GBという事実上の利用制限」はありますが、10GBのデータ容量があれば、以下のようなことが可能です。

データ容量10GBの目安
  • Webサイト閲覧:約30,000ページ
  • 音楽ストリーミング:約115時間
  • 動画再生(標準画質):約20時間

スマホでネットや動画を楽しむくらいの人なら、3日でこれだけ使うことはないでしょう。

3日で10GBの利用制限を意識しても、月間約100GBは使えます。

あひるくん
ちなみに、1.5Mbpsの通信速度って、どんな感じなんだろう?

そこで、mineoが行ったユーザーアンケートを見てみましょう。

全体の96%が「日常使いには十分」だと感じていることが分かります。

利用サービスごとに細かく見ると、以下の通りです。

皆さんがよく利用するWebサイトの閲覧やSNS、地図アプリ、YouTubeなどの動画視聴では「利用に支障があった・利用できなかった」と判断した人は数%しかいません。

ちなみに、楽天モバイルの旧プランでは、低速モードの通信速度が1.0Mbpsでした。

楽天モバイルの旧プランが人気となった理由の一つは、他社の低速モード(0.2~0.3Mbps)と比べると、1.0Mbpsが十分実用的だったことです。

あひるくん
1.0Mbpsで実用的なら、1.5Mbpsあれば十分そうだね!

こぱん
mineoの企業努力によって、快適に使える速度を設定したと言えるよ^^

これまでの内容をまとめると、以下の併用プランが完成します。

楽天モバイル + mineoの併用プランの内訳
楽天モバイル:0円
→ 1GBの高速通信と通話無料かけ放題
mineo:1,265円(1GB 880円 + パケット放題Plus385円)
→ 1GBの高速通信と1.5Mbps使い放題

また、3大キャリアや格安SIMとの通信相場と、併用プランとの比較表は下記の通りです。

大手キャリアと格安SIMと併用プランの比較表

併用プランのメリット・デメリット

指

あひるくん
併用プランってすごく良さそうだけど、デメリットはないのかな?

併用プランのメリット・デメリットを整理します。

繰り返しになる部分もありますが、主なメリットは以下の通りです。

併用プランのメリット
1.5Mbpsという中速度で、実質無制限に通信可能
→ 3日間で10GBを超えない限り、日常使いには十分な速度。
テザリングも可能
→ スマホが対応していれば、パソコンやタブレットでも通信可能。
高速通信2GBもついている
→ 楽天モバイル1GBとmineo1GBの範囲内で高速通信可能。
無制限に通話可能
→ Rakuten Linkアプリを使う限り、何度でも、何分でも国内通話が無料。
安定した通信が可能
→ mineoは、三大キャリアの優秀な通信網を借りている。
楽天のSPUが+1倍になる
→ 楽天モバイルの支払い0円でも、楽天市場のポイントが1%アップ。
月額料金が安い
→ たくさんのメリットがありながら月額1,265円。

こぱん
ちなみに、楽天経済圏は蓄財にかなり役立つので、楽天モバイルによる「SPU+1%アップ」は大きなメリットと言えます^^

 

通信業界は変化が激しいため、1年~2年先がどうなるかはわかりませんが、多くの人にとって2021年7月時点では最適解になりうるメリットでしょう

一方で、デメリットは以下の通りです。

併用プランのデメリット
契約が面倒
大容量アップデートは時間がかかる
通話品質は今一つ
デュアルSIM利用が可能な端末を用意して、適切に設定する必要がある
1契約が面倒

楽天とmineoの2つを契約する必要があるので、単純に手間が2倍となります。

しかし、ネットで契約が完結するので、人によっては昔ほど手間はかからないでしょう。

2大容量アップデートは時間がかかる

最大1.5Mbpsという中速度では、iOSやWindows、ゲームなどのアップデートに、数時間~半日程度かかるケースもあり得ます。

しかし、仕事中や寝ている間など端末を使用していない隙間時間を活用すれば、大きなデメリットにはならないでしょう。

3通話品質は今一歩

Rakuten Linkアプリでの通話は、時々途切れたり、音声が乱れたりすることがあります。

繋がりにくさにストレスを感じるかもしれませんが、他社の通信プランを見て分かる通り、通話は本来タダではありません。

あひるくん
利用料0円だから、我慢するかLINEで通話するのも1つだね!
4デュアルSIM利用が可能な端末を用意して、適切に設定する必要がある

楽天とmineoの2つを、1つの端末で利用するためにはデュアルSIMの設定が必要です。

ただし注意点もあるので、後ほど「利用上の注意点」として解説します。

併用プランを実際に使ってみた感想

格安SIMに関するよくある質問

リベ大両学長の知人が併用プランを実際に利用しているので、その感想を紹介します。

結論として「100点満点ではないが、期待した通りのレベルで満足」とのことです。

併用プランの感想
Webサイト閲覧
→ 文字がベースのサイトはさくさく閲覧できる。画像が多いサイトは表示まで時間がかかるが、ストレスがかかるほど遅くはない。
動画視聴
→ 30分以上の長時間動画になると、たまに読み込みで止まることがあるが、それより短い動画は問題なく視聴できる。
メッセージやメールのやりとり
→ たまに遅れるが、問題なし。
SNSの利用
→ 画像表示が遅れることがあるが、問題なし。
QRコード決済
→ 問題なし。

全体として「基本は十分、用途によってはやや遅い」くらいの体感であり、mineoが実施したユーザーアンケートに近い結果です。

こぱん
過度な期待をしなければ、裏切られることはなさそうです^^

おすすめできる人・おすすめできない人

以上を踏まえて、併用プランをおすすめできる人、おすすめできない人を解説します。

併用プランをおすすめできる人

以下のような人は、併用プランをおすすめします。

併用プランをおすすめできる人
  1. スマホは毎日必ず使うけど、ヘビーユーザーではない。
  2. 楽天回線がなかなか入らない。
  3. 通話量や通信量を気にしたくない。
  4. コスパにこだわった選択をしたい。
1スマホは毎日必ず使うけど、ヘビーユーザーではない

ヘビーユーザーとは、以下のような人です。

スマホヘビーユーザーの例
  • 対人を中心とした最新オンラインゲームをする
  • ビジネスでビデオ会議をたくさん利用する
  • 重いデータを大量に扱う仕事をしている

Webサイトや動画の閲覧、SNS、音楽再生などを毎日使うレベルのユーザーなら、1.5Mbpsの通信速度で十分使えるでしょう。

2楽天回線がなかなか入らない

生活圏の中で楽天回線エリアから外れる場所がある人です。

楽天回線の通信が不安定な場合でも、3大キャリアの通信回線を利用しているmineoを併用すれば、楽天回線のエリア外もカバーできます。

そのため、楽天の通信可能エリアに物足りなさを感じている人におすすめです。

3通話量や通信量を気にしたくない

通話量や通信量を気にしたくない人です。

併用プランは、実質的に定額無制限の使い方ができます。

あひるくん
「あと何分通話できて、どれぐらい通信できるんだ?」って気にするのは、意外とストレスだもんね。

こぱん
通話時間や通信量を気にしなくていいのは快適だよ^^
4コスパにこだわった選択をしたい

金銭的にベストな選択を常にしたい人です。

これまで解説してきた通り、併用プランは圧倒的にコスパが良いです。

そのため、倹約に強い関心があり、家計を賢く管理したい人にはピッタリのプランでしょう。

併用プランをおすすめできない人

一方で、以下のような人には、併用プランをおすすめできません。

併用プランをおすすめできない人
  1. ヘビーユーザー
  2. コスパより、とにかく品質重視
  3. ほとんどスマホを使わない
  4. 手間をかけたくない
  5. デュアルSIM対応のスマホを持っていない、または電子機器の苦手意識が強い
1ヘビーユーザー

スマホをたくさん利用する、ヘビーユーザーです。

オンラインゲームで大容量の高速通信が必要だったり、3日で10GBの容量では足りなかったりする人にとっては、使いづらさを感じるでしょう。

2コスパより、とにかく品質重視

通信費と通話料が自分にとって豊かな浪費と考える人です。

このように考える人は、三大キャリアのプランで問題ありません。

なぜなら、値段が高い分、通信・通話の品質も当然高いからです。

あひるくん
通信・通話の品質をどれだけ重視するかは、自分次第だもんね。
3ほとんどスマホを使わない

スマホは電話番号があってLINEとメールができれば十分と考える人です。

スマホをメールやLINEなど最低限の連絡にしか使わないのであれば、3GBで1,000円のような格安SIMプランで十分でしょう。

4手間をかけたくない

2社契約する手間をかけたくない人です。

今回紹介したプランは、契約や解約の手間が2倍になります。

手続きが複雑なワケではありませんが、なるべく手間をかけたくない人は、1社のみと契約した方が無難と言えるでしょう。

5デュアルSIM対応のスマホを持っていない、または電子機器の苦手意識が強い

デュアルSIM対応のスマホを持っていない、または電子機器の苦手意識が強い人です。

デュアルSIMとは、1つのスマホで2つのSIMカードを挿入して利用できる機能です。

最近のスマホの多くはデュアルSIM対応ですが、古いスマホの場合は対応していない可能性があります。

併用プランを利用するためにスマホを買い直して、支出が大きくなりトータルで損をしては本末転倒です。

あひるくん
スマホにかかる費用を減らすことが本来の目的だもんね。

ちなみに、SIMスロット(SIMカードを挿入・装着するための差し込み口)が1つしかなくても、デュアルSIMとして使える場合があります。

例えば楽天モバイルは、端末によってはeSIM(= 物理的なSIMカードなし)が利用できるため、以下のような対応ができます。

楽天モバイルの端末をeSIMにする例
  • 楽天回線は、eSIMにする。
  • スマホのスロットには、mineoの物理SIMカードを挿入する。

こぱん
eSIMへの切り替えは簡単にできますが、難しそうでやりたくないと思う人には、併用プランはおすすめできないかもしれません^^;

デュアルSIMを利用する際の注意点

注意

最後に、併用プランの注意点として、デュアルSIMについて解説します。

併用プランでは、楽天モバイルとmineoの2つのSIMを利用します。

このとき、通話用スマホ(楽天モバイル)と通信用スマホ(mineo)の2台持ちでも利用できますが、持ち物が増えて面倒だと思う人もいるでしょう。

そこで、2つのSIMを1つのスマホで利用できる仕組み、デュアルSIMを活用するのです。

楽天モバイルの公式HPには、iPhoneを利用したデュアルSIMについての解説ページがあります。

あひるくん
「楽天モバイル + 他社の格安SIM」という組み合わせは、楽天としても想定済なんだね。

実際、「楽天モバイル + IIJmio(格安SIM)」を紹介した記事「月額400円で電話かけ放題のiPhoneを使えるってマジ?」にもある通り、問題なく使えます。

またAndroidユーザーでも、Pixel4aという機種で「ドコモ + 楽天モバイル(eSIM)」を問題なくデュアルSIMにできたという事例もあります。

(参考:usedoor「【最強じゃね?】楽天モバイルUN-LIMITのeSIMと他キャリアの物理SIMでDSDSを設定する方法 – Android(Pixel 4)で通話、SMS発信/受信が両方ともできた」より)

ちなみに、参考記事のタイトルにあるDSDSとは、デュアルSIMデュアルスタンバイの略です。

DSDSに対応しているスマホなら、mineoで無制限の中速通信をしつつ、楽天モバイルで無料通話ができます。

なお、DSDSでなくとも、DSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)、DSDA(デュアルSIMデュアルアクティブ)に対応していれば大丈夫です。

こぱん
まとめると以下の通りです^^
デュアルSIMのまとめ
  • 楽天モバイルは、デュアルSIMでの利用も想定済。
  • iPhone・Androidどちらでも、DSDSやDSDV、DSDAに対応していれば利用可能。

もし、今回の併用プランに興味を持った人で、スマホ2台持ちではなくスマホ1台で完結したい人は、以下の2点をチェックしてください。

スマホ1台で併用プランを利用する際の注意点
  • SIMスロットは2つあるか?または、eSIMに対応しているか?
  • (DSDSやDSDV、DSDAの機能がある)デュアルSIM対応の端末か?

なお不具合については、使用しているスマホや設定状況、通話の相手が使っている端末などの環境にも左右されます。

デュアルSIM対応端末なのに、RakutenLinkの通話アプリがうまく機能しないという不具合もありえるのです。

不具合の例
  • 設定を調整しなおしても、電話をかけるとすぐに切れてしまう。
  • 着信がうまくできず、LINE通話でも代用できない。

「この条件を満たせば絶対に不具合が起きない」と示せないのは申し訳ないですが、幸い、多くの格安SIMには「2年縛りで違約金1万円」といった条件がないので、不具合が起きても解約できます。

こぱん
トラブルが起きる可能性については認識しておきましょう。

今回紹介する内容に関する注意事項

eSIMが搭載されているiPhone端末にてeSIMを併用して複数のSIMカードをご利用の場合、モバイルデータ通信に「データ専用SIM回線」を設定すると、緊急機関(110/118/119)に発信できない事象が確認されています。

詳細は、マイネオ公式サイト「eSIMが搭載されているiPhone端末の緊急機関への発信不可事象について」をご確認下さい。

まとめ:「通信費の新時代」コスパ最強の併用プランで固定費を抑えよう

格安SIMに乗り換えて固定費を削減しよう

今回の記事では、2021年7月時点での最適解の1つと言える、楽天モバイルmineo(マイネオ)を併用するコスパ最強プランを紹介しました。

楽天モバイルとmineoの併用プラン
  • 月額料金は税込1,265円
  • 何分でも通話し放題(通話料無料)
  • 高速通信2GB
  • 中速1.5Mbpsで月間約100GBの通信が可能

3大キャリアや格安SIMの通信費の相場と、併用プランの比較表は下記の通りです。

大手キャリアと格安SIMと併用プランの比較表

上記を見ても、併用プランの競争力の高さは一目瞭然と言えるでしょう。

特に通話時間・通信容量を気にしたくない人にとっては、コスパが高く快適です。

具体的には、「スマホは毎日使うけど、Webサイトや動画の閲覧、SNSなどが快適に使えれば十分。通話は使いたい時に、使いたいだけやりたい。」と考える人には、併用プランがピッタリです。

こぱん
少し前の携帯料金プランを考えると、時代の進歩を感じる低価格プランと言えます^^

3大キャリアも、過去の料金プランである月額6,000円~8,000円と比べれば、現在の月額3,000円前後のプランも安く見えるでしょう。

しかし、併用プランの月額1,265円の場合、月額3,000円と比べると年間約2万円もの節約になるので、蓄財には有利です。

あひるくん
5年で10万円も節約できるんだから、バカにならないね!

ちなみに、mineoはお得なパケット放題Plus(1.5Mbps)最大2カ月無料キャンペーンを実施中です。(申込期間は2021年9月1日~2021年11月30日)

「お試し200MBコース」を組み合わせると、最大2カ月間(利用開始日~翌月末まで)、月額330円で併用プランを試せます。

楽天モバイルもmineoも契約解除料が無料、プラン変更も簡単なので、ほぼノーリスクでお試し可能です。

ただし、mineoでは「お試し200MBコース」契約時に契約事務手数料550円とSIMカード発行料440円、計990円の手数料がかかります(楽天はどちらも無料)。

(その他のコースでは、契約事務手数料が3,300円となるためご注意ください。)

楽天モバイルとmineoの申し込みは、以下のボタンから可能ですので、「自分に合いそう!」と思った人は、ぜひ利用してみてください。

 

 

今回紹介した併用プランでは、スマホが今より快適に使え、支出を下げられる人もたくさんいるでしょう。

通信費の見直しで節約できた数千円を投資に回すことによって、一見小さく見えるお金が、未来の数万~数十万円に化けていきます。

資産5,000万円超の小金持ちは、このような積み重ねを大切にしているのです。

こぱん
今回の記事が、皆さんの資産形成に貢献してくれたら嬉しいです^^

以上、こぱんでした!

「お金にまつわる5つの力」を磨くための実践の場として、オンラインコミュニティ「リベラルアーツシティ」をご活用ください♪

同じ志を持った仲間と一緒に成長していきましょう!

みんなでつくるリベ大コミュニティリベシティ

「リベラルアーツ大学」が待望の書籍になりました!

自由へと一歩近付くための「お金にまつわる5つの力」の基本をまとめた一冊です!

こぱん
【貯める・稼ぐ・増やす・守る・使う】力を一緒に学びませんか?^^
¥1,540
(2021/09/20 02:56:42時点 Amazon調べ-詳細)

▼「固定費を削減したい!」という人に読んで欲しい記事がこちら!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事