はじめに

こんにちは、もやし太郎です。

みなさんご存知だと思いますが1日は24時間なんです。

1日が36時間だったらもっと遊べるのに〜」
「精神と時の部屋みたいに時間がゆっくり進めばいいのに~」
って思ったことありませんか?

自分は何度もあります。

でもきっとそんな夢見たいな未来は来ない。
だから、上手に24時間を使うしかないですよね。

エッセンシャル思考的に考えると、「無駄な時間を削りやりたいことをする時間を増やす」です。

ということで、無駄な時間を過ごしてしまっていないか見直して見ましょう♫

1日の中でどう時間を割り振っているのかを把握する

まず、自分の生活の1日のうちどこに何時間使っているのかを把握するのが大事!!

では少し前の自分を例にしてみましょう。

07:00 ~ 07:50 起床・身支度
07:50 ~  08:40 出勤時間
08:40 ~  9:00 始業までの時間
09:00 ~ 18:00 仕事
18:00 ~  18:30 定時後のなんだかんだタイム
18:30 ~  19:30 帰宅時間
19:30 ~  25:00 ご飯・お風呂・家事・自分の時間
(帰宅してから寝るまでの時間)

と、ざっくりこんな感じでした。

サラリーマンである以上、仕事の時間を削るのはなかなか難しい。

となると削ることが出来るのは

  • 出勤時間
  • 帰宅時間
  • 帰宅してから寝るまでの時間
  • 睡眠時間

4つ。

しかし一人暮らしの方であれば、「帰宅してから寝るまでの時間」が夕飯の支度、洗濯などの家事をすることに時間を奪われて自分の時間というものはさらに短くなるのではないでしょうか?

 

リベラルアーツ大学のメンバーは、この「家事」をする時間に目をつけて家事代行サービスを利用し、家事の時間を削って自分の時間を増やしている人もいます。(きっとまた記事書いてくれると思います。)

一般的に睡眠時間を削りがちではありますが、全てのパフォーマンスが下がってしまうのであまりオススメはしません。

自分は個人事業主になったことで出勤時間を削る方法を取りました。
おかげで、朝の出勤していた時間をジムの時間に当てて、空いている時間帯にジムに行くことが出来、体が温まった状態で仕事に取り組むことが出来ています。

「個人事業主になったから減らせたんでしょう~」ともなりますが、極端に0に削らずとも会社の近くに住むことで少しでも時間を削ることも出来ます。
仮に通勤に1時間かかっている人なら、通勤時間を30分にすることで往復1日1時間の余裕が出来ます。
1週間にすると5時間(週休二日の場合)。

1日が短い~」「足りない~」と思っている方は、一度あなたの1日の時間を見つめ直して見ませんか?

おすすめの記事